口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングスクールの「返金保証」の落とし穴!公的給付金利用で最大70%オフになるスクールとは?


プログラミングスクールのなかには「返金保証」を強みとして、展開されているスクールもあります。
でも「本当に料金は返金されるの?」と不安になる人も少なくないはず。

「返金保証」にも、さまざまな条件があります。
そのため、はじめてプログラミングスクールに通う人は「返金保証」の条件や期限などの注意点はあらかじめチェックしておくようにしたいですね。

この記事では、プログラミングスクールにおける「返金保証」の注意点についてわかりやすく解説します。おトクにプログラミングスクールに通うポイントについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【給付金が受けられる】おすすめプログラミングスクール!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • ヒューマンアカデミー 初心者・文系出身者でもOK、人材育成のヒューマンアカデミーだから安心

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず就業・副業にもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

プログラミングスクールの「返金保証」の内容を知ろう!

おしゃれなコワーキングスペースがあることで人気が高いDMM WEBCAMPでは「3ヶ月で転職が決まらなければ受講料を全額返金」してもらえます。
プログラミングスクールに通って目指す先は、プログラマーとして自立することですよね。
そのため、転職を力強く後押ししてくれる「返金保証」は、ユーザーにとって頼りになる制度だともいえるでしょう。

そのほかにも、プログラミングスクールの返金保証にはさまざまな種類があります。
  • 内容に満足できなかったとき
  • 転職・就職できなかったとき
  • 転職・就職に成功したとき
スクールによっては期限付きで「無条件」で返金保証してくれるところもあります。
新型コロナウイルスの流行によって、返金保証期間が延長しているスクールもあるので、必ず確認しておくようにしたいですね。また、前述したDMM WEBCAMPを含めて「転職・就職」を他のサービスを利用して行ったときには「返金保証」は受けられないようです。
参考:STUDY CODE

知っておくべき「返金保証」の注意点

「返金保証」を受ける際に知っておきたいポイントは「期限」と「条件」です。
多くのスクールでは「返金保証」を受けるためには、〇〇日以内に申請することなどの期限が定められています。
「申請し忘れて返金保証が受けられなかった」なんて失敗のないように、入会する際にはしっかりチェックしましょう。

さらに「年齢制限」などの条件付きの「返金保証」もあります。通常のスクールならば「返金保証」の条件については、入会する前に説明されることが大半です。

最も注意するべきなのは「転職先・雇用形態が選べない」ことが定められている「返金保証」です。
スクールに入会するときに転職先にこだわりがなかったとしても、学びを深めていくなかで「ここで働きたい!」という企業が見つかることも。自分が納得した転職先が選べるような制度になっている「返金保証」を利用したいですね。

全額返金保証のあるプログラミングスクールで返金手続きをする際に気をつけるポイント

全額返金保証のあるプログラミングスクールは、スクールによって返金の条件が異なります。

たとえば、スクールによっては「転職・就職できなかった場合は受講料を全額返金」というスクールもありますが、他のスクールでは返金条件にならないというケースも少なくありません。返金の条件をよく確認せずに返金手続きをしても、スクールによっては受理されないこともあるため、手続きをする際には注意しましょう。

全額返金の条件は、公式サイトに詳しく記載されているケースが多いので、申し込む前、または返金手続きをする前に必ず確認しておきましょう。ただし、スクールによっては見つけにくいページに「返金保証条件」が記載されているケースもあるので、もし確認できなかった場合は直接お問い合わせから確認しておくと安心です。

教育訓練給付金を利用すれば70%オフになるサービスも!

「少しでも費用を抑えてプログラミングスクールに通いたい!」という人は、教育訓練給付金を利用してみましょう。教育訓練給付金を受けるためには、認定されているスクールや講座を選ぶ必要があるため注意が必要です。

それでは、教育訓練給付金の種類をみていきましょう。
  • 一般教育訓練給付金
  • 特定一般教育訓練給付金
  • 専門実践教育訓練給付金+教育訓練支援給付金
なお、プログラミングスクールを受講する際には、最も助成額の大きい専門実践教育訓練給付金があてはまります。具体的には第四次産業革命スキル習得講座に該当し「高度なIT分野等の将来の成長が強く見込まれる社会人向けの専門的・実践的な教育訓練講座(ITスキル標準レベル4相当以上)として経済産業大臣が認定した講座や教育課程」を指します。
  • 雇用保険の加入期間を一定以上満たしていること
  • 厚生労働大臣が認定した教育訓練を受講すること
上記のような条件が教育訓練給付金にはあるので、詳しくは厚生労働省の公式ホームページをチェックしてみましょう。

(コエテコでは教育訓練給付金について、わかりやすくご説明しています!)

専門実践教育訓練給付金を利用するとどれくらいオトク?

それでは、専門実践教育訓練の気になる割引率も確認していきましょう。
受講中には50%受講料が割引になり、最大40万円が受け取れます。専門実践教育訓練の修了後には、70%受講料が割引になり最大56万円が受け取れます。ただし、修了後の翌日から1年以内に雇用された場合に限りますので、注意しましょう。

なお、現在失業している場合には教育訓練支援給付金もプラスして受け取れます。

訓練を受けている間は毎月一定の金額が支払われる支援制度ですが「手続きが煩雑で難しい!」と感じる利用者も多いとのこと。そんなときには、最寄のハローワークに相談することをおすすめします。

教育訓練給付金を受けられるスクール5選

ここでは、教育訓練給付金を受けられるスクールを厳選して5つご紹介します!

DMM WEBCAMP


注目度No. 1の大人向けプログラミングスクールであるDMM WEBCAMPは、手厚いサポートと安心の運営体制が魅力。DMMグループならではの非公開求人も多数抱えており、「とりあえずここ」とおすすめできるスクールとなっています。
転職成功率98%&離職率2.3%という実績を持ち、全額返金保証制度や給付金制度といったサポートも充実しているスクールです。
DMM WEBCAMPはこちら

ヒューマンアカデミー


ヒューマンアカデミーは、創立30周年を迎えるヒューマングループのプログラミングスクールです。

年間1万9000人が何らかの資格取得を目指して通っているスクールだから、どんな人にもぴったりのサポートが受けられるはず。蓄積された長年のノウハウが魅力といえるでしょう。
ヒューマンアカデミーはこちら

DIVE INTO CODE


DIVE INTO CODEは、プロのエンジニアに必要な問題解決力を養うプログラミングスクールです。同期とのペアプロやディスカッションを通して切磋琢磨できるから、短期間で実践レベルに達したい方におすすめ。卒業生は、実務歴2-3年が必要とされる求人票で内定を得ています。

「過去の経験や年齢、学歴、性別は、一切関係ありません」と断言し、全力を尽くしてくれる転職サポートが魅力のスクールと言えるでしょう。
DIVE INTO CODEはこちら

Aidemy

AIや機械学習などの最先端技術を習得し、業務課題を解決できる人材を育てるアイデミーは、3ヶ月間の短期集中で「AIプログラミング」を習得するオンラインコーチングサービスです。
AIdemyが実施した調査では60%以上の経営者が、データサイエンティスト/データアナリストを「未経験であっても採用したい」と回答しており、 
約半数が他の未経験職種よりも「好待遇」を提示、という結果も出ています。
引用:「データ活用人材の採用」に関する意識調査

AIと聞くと難しそうなイメージがありますが、プログラミング初心者から研究者にまで幅広く対応したコンテンツを提供しているとのこと。ぜひ気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

テックアカデミー

認知度No. 1のプログラミングスクールであるテックアカデミーは、豊富なコースとサポート体制はもちろん、「ブートキャンプウケ放題」などユニークな制度があることも魅力です。

最近では「厚切りジェイソン」氏がCPRO("スクールの顔"のような存在)に就任。多くの在籍性を抱える大手スクールと言えるでしょう。
テックアカデミーはこちら

上記の4スクールでは教育訓練給付金を受けられることを強みにもしているため、入会時にしっかりと説明を聞いておくようにしたいですね。受講後に転職できずスクールの「返金保証」が受けられなかったとしても、教育訓練給付金は確実に受け取れることがメリットです。

なお、教育訓練給付金を受けられる多くは、就職支援などが手厚いオフラインのスクールです。オンラインのみのテックアカデミーを受講する人は、スクールに通うことが難しい人や隙間時間を上手に利用したい人などが多いようです。
参考:フリーランスWebディレクターの仕事術

返金保証や公的給付金などを上手に活用してみよう

プログラミングスクールは、受講料が50万~80万円ほどの料金がかかることが一般的です。
将来のためとはいえ、決して安くはない受講料。
スクールの「返金保証」や公的給付金など、利用できるものは上手に利用しながら経費を抑えていきたいですね。

【給付金が受けられる】おすすめプログラミングスクール!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • ヒューマンアカデミー 初心者・文系出身者でもOK、人材育成のヒューマンアカデミーだから安心

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず就業・副業にもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら