掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

英検合格に必要な勉強時間はどれくらい?級別の難易度を解説

自身の英語力を確かめるほか、入試や就職に役立つ資格としても人気の英検は、合格するためにどれくらい勉強すればよいものなのでしょうか。英検1級~5級までのそれぞれの難易度や特徴、勉強時間の目安について詳しく紹介します。

コエテコが選ぶ!子ども~高校生におすすめのオンライン英語塾

英検とは

英検とは、公益財団法人日本英語検定協会が実施する英語技能の検定で、正式名称を「実用英語技能検定」といいます。1級から5級まで7つのレベルに分けられており、小学生から社会人まで幅広い層を対象としています。

試験では、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能が評価され、スコアによって合格か不合格かが判定されるだけでなく、英検CSEスコアによって、自分の英語力がどのレベルにあるのかを知ることもできます。

英検取得者は、中学・高校・大学の入学試験や単位認定で優遇されたり、海外留学時の語学力証明資格として活用できたりと、さまざまなメリットがあります。

英検の各級のレベル紹介

英検によると、各級の目安レベルや出題内容、出題形式は下記のようになっています。

・5級
目安レベル:中学初級程度
出題形式:筆記、リスニング、録音形式のスピーキングテスト
出題内容:英語を習い始めた人の最初の目標。家族のこと、趣味やスポーツなど身近な話題が出題されます。英語の基礎固めに最適。スピーキングテストも受験可能です。

・4級
目安レベル:中学中級程度
出題形式:筆記、リスニング、録音形式のスピーキングテスト
出題内容:出題形式や内容がより実用的になります。身近なトピックを題材とした読解問題が加わります。スピーキングテストも受験可能です。

・3級
目安レベル:中学卒業程度
出題形式:筆記、リスニング、面接
出題内容:二次試験でスピーキングテストが加わります。筆記試験の題材は、海外の文化など少し視野が広がります。中学卒業段階の英語力の達成目標(文部科学省)がこの級となります。

・準2級
目安レベル:高校中級程度
出題形式:筆記、リスニング、面接
出題内容:教育や科学などを題材とした、長文の穴埋め問題が加わります。大学の入試対策にも最適。高校卒業段階の英語力の達成目標(文部科学省)が準2級~2級となります。

・2級
目安レベル:高校卒業程度
出題形式:筆記、リスニング、面接
出題内容:医療やテクノロジーなど社会性のある英文読解も出題されます。また、試験にライティングが加わります。この級に合格すると、海外留学、国内での入試優遇・単位認定など、コミュニケーション力が高く評価され、ビジネスシーンでも採用試験の履歴書などで英語力をアピールできます。

・準1級
目安レベル:大学中級程度
出題形式:筆記、リスニング、面接
出題内容:エッセイ形式の実践的な英作文の問題が出題されます。「実際に使える英語力」の証明として高く評価されています。

・1級
目安レベル:大学上級程度
出題形式:筆記、リスニング、面接
出題内容:二次試験では2分間のスピーチと、その内容への質問がなされます。英語の知識のみでなく、相手に伝える発信力と対応力が重要です。世界で活躍できる人材の英語力の証明となります。

【級別】英検合格に必要な勉強時間はどれくらい?

英検の各級に合格するには、どれほどの勉強が必要なのでしょうか。英語学習の情報を紹介するブログ「英語学習ひろば」は、アンケート調査を元にした記事「【英検学習時間目安】英語検定学習者600名を対象に調査」で3級所持者を基準とした合格のための学習時間の目安などを紹介しています。個人の勉強頻度や理解度によっても必要な学習時間は異なるため、目安の平均値として参考にしてみましょう。

アンケート調査の結果によると、英検学習者の平均学習時間は週7.2時間だったといわれています。

英検3級所持者が1級を目指す場合は、1160時間の学習を必要としています。3級から準2級まで、準2級から2級まで、それぞれ1つスコアを上げるための学習時間は、どちらも170時間となっています。

準1級以上になると、1つスコアを上げるために必要な学習時間は、2級から準1級で340時間、準1級から1級で450時間と増え、難易度が大幅に上がっていることが分かります。

また、アンケートの内容から学習期間を割り出すと、下記のような結果が示されたとのこと。

これらをもとに各級のレベルや試験の内容を詳しく確認してみましょう。英検が公開している情報をもとに解説します。

5級のレベルや試験内容

5級は英検の中では最初の級で、「中学初級程度」のレベルとなっています。英語を習い始めたばかりの人が目標とする級のため、小学生のうちに受験する子どもも増えてきています。

過去問では「I have piano lessens on Tuesdays.」といった短い一文の穴埋めが多く出題されています。

主に中学1年生が習う基礎的な単語や文法が出題されるため、すでに英検5級の学習範囲を終えている中学生以上であれば、過去問題を解いたり、苦手な分野を復習することで合格を目指せるでしょう。まだ学習していない小学生なら、基礎的な学習や出題内容の把握など、準備が必要でしょう。

試験形式はリーディング(筆記)+リスニングと、録音形式のスピーキングテストがあり、家族、趣味、スポーツなどの日常シーンが課題となります。合格に必要な語彙数は約300~500語が目安。リーディング425点、リスニング425点の850点満点で、合格基準スコアは419点となっています。合格するには各技能で6割程度の正答率を目指したいところ。

合格率は2016年度以降については正式に公表されていませんが、2015年度の合格率が81.4%でした。

4級のレベルや試験内容

英検5級と同じく学校、買い物、スポーツなどの身近な日常シーンが課題となり、いきなり難しくなるわけではありませんが、より実践的な内容が加わり、過去・未来・比較の表現や不定詞・動名詞を用いた問題も出題されるため、しっかりと学習しておく必要があります。

レベルは「中学中級程度」。過去問では、5級よりも長い文章や、会話形式の文章の穴埋め、単語の順番を並べ替える文章の構成、掲示された長文に対する質問への回答などが出題されています。

中学2年生であれば学校で習った内容をきちんと把握し、過去問題集を解くことで対応することができるでしょう。

試験形式はリーディング(筆記)+リスニングと、録音形式のスピーキングテストで、必要な語彙数は約600~700語が目安。リーディング500点、リスニング500点の1000点満点で、合格基準スコアは622点となっているため、合格するには各技能で6割程度の正答率を目指したいところ。

2015年度の合格率は69.9%でした。

3級のレベルや試験内容

英検3級になると、一次試験にリーディングとリスニングに新たにライティングが加わるほか、二次試験で面接形式でのスピーキングテストを受ける必要があります。総合的な英語力が評価されますので、英語の4技能をバランスよく伸ばすことが重要です。

レベルは「中学卒業程度」となるため、文法はひと通り理解しておきたいところ。

過去問では、4級と比べて質問の内容や掲示される文章量が増え、個人的な意見の説明を求められる問題も出題されます。

必要な語彙数は約700~1200語が目安といわれており、英検4級に合格している人であれば、過去問を問いたり、苦手分野の補強をすることで対応することができるでしょう。

一次試験はリーディング550点、リスニング550点、ライティング550点の1650点満点で、合格基準スコアは1103点、二次試験のスピーキングは550点満点で合格基準スコアは353点となっているので、合格するには各技能で6~7割程度の正答率を目指したいところです。

2015年度の合格率は52.9%と半々でした。

準2級のレベルや試験内容

英検の準2級は「高校中級程度」のレベルとなり、教育や科学など専門的な課題が増え、長文の穴埋め問題が加わるなど、難易度が上がります。

英検によると、3級までは「使える英語の登竜門」が習得目標となっているのに対し、2級~準2級は「使える英語で世界へ」が習得目標となっており、より実践的な英語力が求められます。

過去問の内容は、より長く、複雑化し、長文の中の穴埋めを、複数語を組み合わせた短文の選択肢から選ぶなど、判断材料が多くなっています。

出題形式は一次試験がリーディング、リスニング、ライティングで二次試験が面接形式のスピーキング。

必要な語彙数は約2000~3000語が目安。一次試験はリーディング600点、リスニング600点、ライティング600点の1800点満点で、合格基準スコアは1322点、二次試験のスピーキングは600点満点で合格基準スコアは406点となっているので、合格するには各技能で7割程度の正答率を目指したいところ。

2015年度の合格率は36.7%。3級までと比べてもぐっと難しくなる印象があります。

2級のレベルや試験内容

英検2級は「高校卒業程度」のレベルです。準2級と比べても、より社会性が高い英語力が必要となり、課題も海外の文化や、歴史、教育、科学、自然・環境、医療、テクノロジー、ビジネスなど広範囲で実践的な内容となります。

過去問を見ると、意見を求められるライティングの内容もより高度になり、「ミュージアムに誰もが無料で入館できるようにするべきとの意見があるが、賛同するか?」といった質問が。

出題形式は一次試験がリーディング、リスニング、ライティングで、二次試験が面接形式のスピーキングです。

必要な語彙数は約3500~5000語が目安となり、一次試験はリーディング650点、リスニング650点、ライティング650点の1950点満点で、合格基準スコアは1520点です。二次試験のスピーキングは650点満点で、合格基準スコアは460点となっています。

3級以上のすべての級にいえることですが、ライティングは記述式の英作文1問での得点となりますので、しっかりと準備しておきたいところです。

2015年度の合格率は26.4%でした。

準1級のレベルや試験内容

英検準1級は「大学中級程度」のレベルで、エッセイ形式の実践的な英作文の問題が出題されるなど、2級に比べて難易度がぐっと上がります。

単純な穴埋め問題も、語彙力が求められ、必要な語彙数は約6000~8000語が目安となっています。社会生活一般だけでなく、科学、自然・環境、医療、テクノロジーといったアカデミックな内容も理解できるレベルが求められ、リーディングにおける長文読解では、2級に比べてかなり文字数が増え、さまざまな分野から出題されます。

意見を求められるライティングの課題には、頻繁な転職は労働者にとって有益か?との質問が。

出題形式は一次試験がリーディング、リスニング、ライティングで二次試験が面接形式のスピーキングとなっており、英検2級に合格している人であれば、過去問を問いたり、苦手分野の補強をすることで対応することができるでしょう。

一次試験はリーディング750点、リスニング750点、ライティング750点の2250点満点で、合格基準スコアは1792点、二次試験のスピーキングは750点満点で合格基準スコアは512点となっているため、合格するには各技能で7~8割程度の正答率が必要となります。

2015年度の合格率は16%と、難しい印象があります。

1級のレベルや試験内容

英検の中で最もレベルの高い1級は「大学上級程度」が受験の推奨目安となっており、社会生活で求められる英語を広く十分に理解し、使用できるレベルに到達しているかが評価されます。出題される課題も準1級より広く、深くなり、必要な語彙数の目安もぐんと増えて約1万~1万5000語となっています。

ライティングの課題では、現代社会において個人のプライバシーは守られるのか?との質問が。

出題形式は一次試験がリーディング、リスニング、ライティングで二次試験が面接形式のスピーキングとなっており、英検準1級に合格している人であれば、過去問を問いたり、苦手分野の補強をすることで対応できるでしょう。

一次試験はリーディング850点、リスニング850点、ライティング850点の2550点満点で、合格基準スコアは2028点、二次試験のスピーキングは850点満点で合格基準スコアは602点となっているため、合格するには各技能で8割程度の正答率が必要となります。

2015年度の合格率は12%、およそ1割の狭き門といえます。

英検対策におすすめの習い事教室

上記のように、英検は級ごとに特徴があり、各級に合わせてしっかりと学習する必要があります。自宅でも学習可能ですが、きちんと学習時間を確保し、より効率的に学習するなら、英語教室を利用するのも良い方法です。英検対策をサポートしてくれる、おすすめの英語教室を紹介します。

学研のオンライン英会話Kimini

英検も使える英語も学べるカリキュラムを実施している「学研のオンライン英会話Kimini」は、学問としての英語も、コミュニケーションツールとしての英語も身につけられるオリジナル教材を使用しています。

「英検®合格コース」は5級~2級までのコースがあり、英検合格に必要な語彙や文法の学習と同時に学んだ内容を実際に会話で使う「話す・聴く・書く・読む」の4技能を総合的に使って学習できます。

レッスン前にはレッスン内容に合わせた予習課題が、レッスン後には復習課題が用意されているため、レッスンも含めてインプットとアウトプットのサイクルを繰り返す学習方法が特徴です。コースの進捗はシステムが自動的に管理。さらに適切なタイミングで進捗度テストも実施してくれるので、確実に英語力を伸ばせる仕組みが作られています。
学研のオンライン英会話Kiminiはこちら

ツリーベルこども英語教室

発音と文字の関係性を学ぶ「フォニックス学習」に力を入れており、1クラス6名の少人数制できめ細やかなレッスンを行なっているツリーベルこども英語教室」。

1歳半から中学3年生まで、子どもの年齢や脳の発達にあわせて最適な英語教育を行なっており、小学生からの英検対応にも力を入れています。

小学校卒業までに英検3級に合格できるレベルの英語力を身につけることを目標にしており、10~12歳を対象とした小学生中上級クラスは、「Elementary Class」(45分)+「英検クラス」(45分)で、会話のトレーニングに加え、アカデミックな英検トレーニングで英語の理解力を大きく向上させるのが特徴

2019年度の実績では、5級で100%、4級で89%、3級でも70%と、高い合格率となっています。

シェーン英会話教室

1977年に開校し、全国に190校、首都圏に168校を展開する「シェーン英会話教室」は、CELTAやCertTESOLといった英語指導の国際資格を主に持ったネイティブ講師が、2歳から中学生を対象とした子どもレッスンを実施しており、13段階のレベル分けによる最適なレッスンを提供しています。

また、小学校1、2年生からは日本人講師による英検準備コース、小学校3、4年生からは英検対策コースも用意。模擬問題を繰り返し行なうことなどにより、英検各級の合格に必要な語彙・文法・表現などを丁寧に指導してくれます。

講師と1対1の個人レッスン、ネイティブ講師によるレッスンとセットで受講する少人数レッスン、試験の日程に合わせて短期集中で行なうレッスンなど、目標とする試験の時期に合わせて受講できるのも魅力です。

English Brains英語アカデミー

確かな英語力を身につけるためには文法や読解を学ぶことが何よりも重要だと考える「English Brains英語アカデミー」は、徹底的な文法指導とアウトプットのトレーニング、圧倒的な読書量(多読)によって、英検合格につながる「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランスよく身につけられるのが特徴です。

小学校2年生~6年生を対象とした「小学生英検コース」、中学生~高校生を対象とした「英検コース60/90」があるほか、文法・読解のインプットと、スピーキング・ライティングのアウトプットを繰り返して表現力を身につける、小学生~高校生向けの「コミュニケーション特化コース」も用意されています。

まとめ

英検は、1級から5級まで7段階のレベルに分かれており、級ごとに出題内容が変わります。受験する日程に合わせた学習を行い、合格に必要な目安とされている語彙力や課題となるテーマなど、自分が目標とする級の内容に合わせてしっかりと準備して、英検合格を目指しましょう。

コエテコが選ぶ!子ども~高校生におすすめのオンライン英語塾

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 英語を習うのは初めてですが大丈夫ですか?

    答え もちろんです。生徒さんは初めて英語を習う方が多いので、講師たちは楽しく学べるよう工夫していますのでご安心ください。継続して学習を続けることで、小学校5年生から始まる英語の授業にもスムーズに対応できるようになるでしょう。レッスン中は基本的に英語のみで講師は話しかけることが多いですが、外国人講師も日本語を理解できる方がほとんどです。また、万一の接続トラブルなどは、運営側の日本人スタッフが対応してくれるスクールもあります。

  • 質問 子どもが一人で受講することはできますか?レッスン中は親も同席する必要はありますか?

    答え コース内容や年齢にもよりますが、基本的にはオンライン受講のセッティングをしていただいた後の保護者の方の同席は必要ありません。幼児コースの場合は、20分程度のレッスン時間が多く、あっという間に終わります。講師は指導法の研修を受けたプロですので、お子さんの集中が途切れて席をたったり、うろうろしても大丈夫です。「こっち見て」「顔を見せて」と声をかけながら自然と慣れていただきますので、ご心配の必要はないかと思います。もちろん、最初のうちは保護者の方が横についてもらい、徐々に慣れた時点でお子さんお一人でレッスンを受けてもらうことも可能です。

  • 質問 オンラインレッスン中にトラブルが発生したらどうすればいいですか?

    答え オンライン画面にログインをして、接続のトラブルや時間になってもレッスンが始まらない場合は、スクールの事務局やサポート窓口等ににご連絡ください。LINE公式アカウントでの問い合わせやりとりが可能なスクールもあります。レッスンの事前確認として①ID/パスワードを入力してログインして画面に入れること②使用する機材の音声テストとWEBカメラの接続テストを各家庭でご確認ください。授業中に音声やインターネット接続の不具合が生じた場合に、原因が生徒側にあるとレッスンができないケースが発生することもあります。

  • 質問 スマートフォンやタブレット端末でもレッスンは受講できますか?

    答え はい。可能です。
    多くの方がタブレット端末やスマートフォンでレッスンを受講されています。 マイクとスピーカー機能(タブレットやスマホには実装されています)がついていれば問題ありません。普段はパソコンで受講し、時々スマートフォンで受講するなど、その都度デバイスを変えることも可能です。しかしスクールのカリキュラムによっては、パソコンでのレッスンを前提としていることがあるため、スクールの事務局にご確認ください。パソコンの場合はヘッドセットが必要な場合がありますが必須ではありません。

  • 質問 外国人の先生が言っていることを子どもが理解できないのでは?

    答え 幼児コースでは楽しく遊びながら英語に触れることから始まります。わからない部分も含めてインプットを続けることで、リスニング力や会話のスキルアップにつながるものです。徐々に自分の知っている単語やジェスチャーを使って伝えようとする姿勢を小さい頃から身に付けることが大事なステップです。外国人教師の中には、日本語が話せる講師もいますが、日本語が話せる講師であっても、なるべく英語のみでレッスンを行うスクールもあります。