口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webサイト制作とは?副業にする場合の相場は?依頼が探せるサイトまとめ

この記事では、Web制作とは?から、副業で稼げるのか、相場はいくらくらいなのか、依頼を受けられるサイトは、などをわかりやすく解説します。

次にあてはまる人は必見です!
  • Web制作に興味あるけどよくわからない
  • 副業でWeb制作をしたいけど収入の目安を知りたい
  • 今は何のスキルもないけどWeb制作をやってみたい

Webサイト制作とは

Webサイト制作とは、今見ているようなホームページやサイトを制作する仕事です。ホームページの更新やリニューアルに伴う制作も含まれます。
小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理など、分業して制作を行う。また、写真家、コピーライター、プログラマーなど他の職種と分業を行うことも多い。
引用:職業情報提供サイト/厚生労働省
個人的なサイトや小規模なサイトでは、ひとりですべての作業を請け負うこともあります。一般的にはプロジェクトとして、ある程度分業して作業が進みます。分業が多くなっているからこそ、単発の案件も多いのが特徴でWebサイト制作は在宅の副業としては始めやすいフィールドです。

Webサイト制作の職種

Webディレクター
Webプロデューサー
  • 企画
  • 制作・進行管理
  • クライアント対応など
Webデザイナー
  • デザイン
  • レイアウト
  • ロゴやバナー制作
  • 画像やアニメーション制作
  • コーディング
エンジニア
  • システムの設計・開発
  • システムの運用・保守
Webライター
  • コンテンツ執筆

大きく分けると上記のようになります。

大切なのは、どの工程においても、職種においても「プログラミングの基礎知識」が重要だという点です。

もちろん、エンジニアはプログラミングに関する一定以上のスキルがなくてはできませんが、たとえばWebデザイナーも今はHTML/CSSといったマークアップ言語ができる、少なくとも理解していることが必要とされています。

プログラミングのスキルがあるならWeb制作を副業として仕事にすることに活かせる、とも言えますね。

Webサイト制作を副業にして稼げるの?

副業 webサイト

結論から言えば「Webサイト制作を副業にして」稼げます。とはいえ、どの程度稼げるかは、はっきり言えばスキルと実績次第です。ここでは、クラウドソーシングでも受注しやすい次の2つについて詳しく解説します。
  • Webサイトの制作
  • Webデザイン
副業では、クラウドソーシングで仕事を見つける人が多いですね。簡単にクラウドソーシングについても解説します。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとはインターネット上で企業(発注側)が不特定多数に向けて「こんな仕事をしてほしい、報酬はこれくらい、誰かいませんか」と募集し、アウトソーシングする業務形態です。1回ごとに発注・受注の案件から継続的なプロジェクトの発注、あるいはコンペのような形で依頼をすることもあります。

副業では、自分の裁量で手軽に仕事を見つけやすいクラウドソーシングを利用しているケースがとても多く見受けられます。この記事では後半に、クラウドソーシングサイトを紹介していますので、参考にしてくださいね。

Webサイト制作の副業で多い案件

① 小規模な新規サイトをまるごと作る
個人の商店や小規模な会社があまりお金をかけずにサイトを作りたいためにフリーランスへ依頼をかける。

② 既存サイトの一部リニューアル
すでにサイトはあるがトップを動的にしたい、一部のデザインを変えたい、レスポンシブ対応(スマホ等にフィットする)にしたい。

③ WordPressの導入やカスタマイズ
サイトができれば新着情報など更新しやすいCMS(コンテンツ・マネジメント・システム:WordPressのように、最初にきちんとサイトを構築すれば、一部のテキストを更新したり変更するのは特別なスキルがなくても簡単にできる)の導入やカスタマイズ。

④ 制作会社のアウトソーシング
いわゆる外注。Web制作会社が一部の作業を業務委託で外注する。

⑤ LP制作
1ページでスクロールすると全ての情報が見られるサイトの制作。

Webサイト制作を副業にした場合の相場は?

相場は本当に幅広いので一概には言えないのですが、副業を前提にするとクラウドワークスが出している「仕事を受注するときに参考にする相場」がとてもわかりやすいので引用させて頂きます。


報酬相場 納期の目安 内容例
Webサイト制作 200,000円〜 1ヶ月前後 デザインからコーディング
TOP含む2ページ
コーディング 30,000円〜/ページ 1週間前後 HTML/CSS
レスポンシブなし
Webデザイン 50,000円〜/ページ 2週間前後 トップページのデザイン
出典:クラウドワークスの相場一覧表

Webサイト制作の相場

もうちょっと具体的にクラウドソーシング系のサイトで、web制作の相場を見ていきましょう。

ココナラはスキルを自分から売るサイトなので、値段を設定できます。ざっくり検索すると、以下のようにでてきます。

サイト制作 ココナラ 相場
* 引用:スキルマーケットココナラ

さらにクラウドワークスで見てみましょう。WordPressの編集や、簡単なコーディングなど初心者向けから、まとまった金額になるサイト制作まで、さまざまな案件が掲載されています。



* 引用:クラウドワークス

相場は、依頼の内容によって大きく違います。

必要なスキル

Webサイト制作に必要とされる主なスキルです。実際にはさまざまなプログラミング言語等の習得や、SEO対策などの知識も求められるでしょう。しかし、まずは身に付けておきたいスキルです。
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • WordPressの知識

Webデザインの制作

Webサイトを見たときの印象を決めるのがデザインです。会社やお店のブランドにあったイメージが大切ですよね。サイトには、目につくトップの画像のほか、たとえばバナーであったりボタンであったり、細かいグラフィックが多くあります。

これらをクライアントの要望にあわせてデザインするのがWebデザイナーです。副業の案件で多いのは、Topページのみのデザインであるとか、バナーの制作、比較的小さなサイトのリニューアルに伴うデザインですね。ある程度の実績がつけばサイト全体のデザインを任されるような大きな案件も受注できるようになるでしょう。

現在はWebデザイナーの「仕事の領域」がとても広くなっています。レイアウトからコーディングまで行ったり、企画の提案やロゴ作成、アニメーション作成など、ただデザインするだけではない案件がほとんどです。

副業でwebデザイン制作の相場


Webデザインもココナラから見てみましょう。30万円の案件がありますが、こちらはデザインだけでなく、どちらかといえばサイト制作に近いですね。単純にトップページ等のサイトデザインとなると、10,000円〜数万円が多いです。副業と考えれば、毎週末に2万の案件を行ったとして、3本できれば6万円の収入です。

必要なスキル

Webデザインでは以下は必須のスキルです。画像作成ではPhotoshopとillustratorが使いこなせることが大前提です。絵心がある、センスがある人は多いでしょうが、デザインにもベースとなる基礎知識があります。これらを学んでおくことはとても大切です。
  • デザインの基礎知識
  • Photoshopとillustrator
  • HTML/CSS
HTML/CSSといったマークアップ言語は、多少なりとも理解できていればデザイナーとしてスタートは切れます。しかし全くプログラミングの土台がないと、なかなか難しいですね。Webデザインといっても、単純にグラフィックデザインができればよいという案件は少ないですし、Web上のデザインである以上はサイト構築の知識があったほうが良いからです。

プログラミングスクールのデザイナーコースはまとめて学べるところがメリットです。もし在宅で仕事をしたい、副業にしたいと考えているのならば、Webデザイナーとして必要最低限のデザイン・美術の知識とPhotoshopなどの操作、さらにコーディングについてまで幅広くカバーしてくれるコースや授業内容のプランを選びましょう。

Webサイト制作の依頼が受けられる大手サイトまとめ

ポテパンフリーランス

ポテパン フリーランス エンジニア
* 引用:ポテパンフリーランス
  • フリーランスエンジニア向けの案件マッチング
  • ある程度スキルがついたら挑戦したい案件が多い
  • 案件の単価が高い
ポテパンフリーランスはエンジニアに特化した業務委託等のマッチングサイトです。

常駐勤務も多いですが、昨今の状況からリモートワーク可の案件もかなり増えていますね。ある程度、Web制作の実績がついたらぜひチャレンジしたい領域です。ここにあるような案件を「目標」にして、まずは比較的かんたんな案件を探して実績を積み上げていきましょう。
ポテパンフリーランスはこちら 

レバテッククリエイター

*引用:レバテッククリエイター 
  • 市場分析ダッシュボードでWebサイト制作スキルの需要を把握
  • Web・ゲーム業界に特化したフリーランスエージェント
  • 案件探しや単価交渉、参画後の悩み相談まで一連の流れをサポート
企業との取引社数5,000社以上のレバテッククリエイターは、業界随一の案件保有数を誇るフリーランスエージェント。個人では難しい単価交渉や税務関連サポート、福利厚生など手厚いサポートが特徴です。

Webサイト制作関連では幅広い分野のサイト制作におけるディレクションやデザイン、コーディングといった求人を扱っています。Webサイト制作分野の分析を行うことで自分の市場価値を把握できるので、その後のフリーランスとしての活動に活かすこともできるでしょう。

※経験者の方のみ案件紹介可能
レバテッククリエイターはこちら

ココナラ

ココナラ web 制作
* 引用:スキルマーケットココナラ

  • 自分で料金を設定しスキルを売る
  • 評価があがると案件が増える
  • 自分のやりたい仕事をアピールして受注できる
ココナラは、スキルの売り込みをするサイトです。いわば「私のもってる技術でこんなことができますよ」とポートフォリオを公開し、料金を設定して営業活動できるクラウド上の市場ですね。

ココナラのポイントは、スキルを売る側、つまり自分で料金を設定し、どんな仕事ができるとアピールできる点です。Webデザイナーでまだまだそれほど実績がないのであれば、バナー制作に絞ったり、LP制作に限定したり、さらに料金を若干安めに設定すれば受注の可能性が高くなります。
 

クラウドワークス

クラウドワークス web 制作
* 引用:クラウドワークス
  • 認知度ナンバー1のクラウドソーシングサイト
  • 多くの案件がある
  • 案件が細かく検索できる
クラウドソーシングサイトとして特に有名なのがクラウドワークスです。今では多くの企業、個人がクラウドワークスで案件を発注しています。

検索もスキルなど細かく設定できるので自分にピッタリの案件が見つけやすいですね。高いものもありますが、ビギナー向けともいえる簡単な作業も多いです。案件が豊富にあるだけに、きちんと選ぶことも重要かも。
 

クラウドソーシングで副業の案件をとる時の注意点

残念ながらクラウドソーシングに発注をかける業者や個人の中には、悪質とまでは言えなくても、支払いが事前に話したときと違うとか、実際の業務内容が聞いていたより多いなど小さなトラブルが発生しやすい面があります。念のため、次のようなことに留意して受注しましょう。
  • 依頼を受ける前のやり取りで依頼先の状況を見極める
  • 依頼先の会社情報や商店の情報等を確認する
  • 依頼内容については充分に確認しメール等で依頼内容を残す
  • 契約書を交わす
クラウドソーシングで仕事を受ける際には、依頼主である企業・個人とのやり取りを行う中で対応がしっかりしているか見極めることが大切です。

たとえば会社情報を確認する、個人や小規模な商店や会社は過去の取引状況を見たり、場合によっては記載される住所で商売が行われているかをチェックすることも必要かもしれません。

また契約書を交わす、支払い方法や期日について文書やメールに残すといったことも重要です。業務内容の範囲を明確にし、それ以外の作業が起きた場合には別途料金が発生するといったことも必ず文書(メール)にし、できる限り、契約書を交わすと安心です。

副業として案件を受ける場合、たとえば中間に「web制作会社」が入れば、直接、エンドユーザーから報酬を貰うよりは低くなります。しかし、しっかりした制作会社であれば、納期をはじめとした相手との交渉や万が一のトラブル時も対応してもらえるので安心という面もあります。

ゼロからめざすWebサイト制作

Webサイト制作を副業にしたいと考えているのなら、まずはプログラミングの基礎スキルを身に付けましょう。好条件の案件を受注するには「実績」が何よりポイントになります。しかし、誰でも最初は未経験者です。

実績を積み上げるために、ごく簡単な仕事を受けてみましょう。納期を守り、的確な作業を行えば、次第に評価もあがります。また地道に積み上げた経験から「信頼できる」と判断され、クラウドソーシングには出てこない仕事を依頼されたり、他の会社を紹介されたりすることもあります。

まずはWeb制作に必要なスキルを身に付けることです。プログラミングスキルは多岐にわたりますから、あなたがしたいと思っている仕事に必要なものを厳選し、短期間で効率良く学んで仕事につなげていきたいですね。

Webサイト制作を副業にするためにはスキルを学ぼう

Webサイト制作にはさまざまなスキルが必要です。スキルは以下の方法で学ぶことができます。
  • 書籍などを利用し独学で学ぶ
  • スクールに通う
  • オンラインスクールで学ぶ
独学で学ぶのが一番安上がりですが、コンピュータの扱いはどこかでわからなくなると、いつまでも解決策が見つからず挫折しがちなのがネックです。コツコツ学べるタイプならいいのですが、やはりもっとも効率が良いのはスクールを利用する方法です。特にオンラインスクールは都合の良い時間に家で学べるので、働いている人も巣ごもり中の人にも向いています。


でも「Web制作やプログラミングのスクールって高そう」ですよね。確かにきちんと学べて仕事を受けるサポートまでついているようなスクールは安いとは言えません。しかしそれだけのメリットがあります。そして実はこのスクールを「安く」利用する方法もあります。

助成金を利用しプログラミングスクールを賢く利用しよう

プログラミングスクールによっては、国の助成金を利用できるところがあります。教育訓練給付金を使えば、該当するコースや授業に支払った金額の多くが戻ってきます。諸条件がありますが、少しの手間で最大70%が給付されるのでぜひ利用したいですね。こちらは給付金ですから、返済の必要がありません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

コエテコが選ぶ!Webサイト制作が学べるおすすめスクール

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジハリ ウェブデザイン

特徴
  • 未経験でも6ヶ月でWebクリエイターに
  • 数多くのデザインアワードを受賞してきたWeb制作会社LIGが運営
  • 現役のWebデザイナーやLIGの社員から学べる
こんな人に向いています!
  • オンライン+教室の両方で学びたい
    →上野・池袋・大宮に教室を開講しています。
  • たくさんの作品を制作し就転職で採用される人材になりたい
    →卒業制作を行い、さらにLIGの社内コンペにも参加できます。Webデザイナー・クリエイターとして、就転職で採用のポイントとなるポートフォリオも充実した内容に!
  • WEB制作会社をリアルに知りたい
    →LIGの社員などが受講者向けに実践的なセミナーを開催しています。
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGでは、未経験でも6ヶ月でWeb制作のクリエイターをめざせます。まず前半の3ヶ月でしっかりデザインソフトの使い方やコーディングについて学びます。これがインプットの期間。そして後半の3ヶ月はアウトプット期間で、学んだスキルを活かして卒業制作を行います。

卒業制作では企画から行い、実際に仕事に就いたときと同じような流れを経験できます。さらに就転職に必要とされるポートフォリオに載せる作品を充実させ、カリキュラム修了後には即戦力として走り出せるようになっています。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはこちら

DMM WEBCAMP SKILLS

DMM WEB プログラミングスクール
特徴
  • 短期間で必要なスキルを学ぶ
  • 未経験者向けでライフコーチがマンツーマンで学習サポート
  • 97%以上の受講生がプログラミング未経験ながら挫折する人が少ない
こんな人に向いています
  • オンラインだけでなく教室があるほうがいい
    →渋谷・新宿・難波に教室があります。
  • 未経験だけど挫折せずに続けたい
    →ライフコーチが週に1度のカウンセリングで二人三脚でサポートしてくれます。オンラインではチャットで質問し放題、わからないためにそこでストップしない、続けられる学習環境が整っています。
  • とにかくまず必要なスキルを短期間で身に付けたい
    →受講期間は1ヶ月から、自分のペースや実力にあわせて期間を延長することもでき、ステップアップ用のカリキュラムもあります。
DMM WEBCAMP SKILLSはこちら

nests


特徴
  • 在学中から制作会社や関連企業へのインターンシップに参加可能
  • 制作会社がプロデュースするクリエイティブアカデミー
  • WEB系・XR系・ART系・英語系の4つの分野とレベル別コースの中から自身にマッチするものを選択
こんな人に向いています!
  • 仕事や学校で忙しくて勉強時間の確保が難しい
    →通学またはオンラインから選択可能、授業は週1回の受講スタイルで無理なく続けられます。
  • 自分の目的やレベルに合わせてコースを選びたい
    →プロが学ぶ高レベルなコースから、未経験でも基礎から学べるコースまで幅広く対応しています。
  • 受講中に実績を作って就職・転職に役立てたい
    →受講中のハッカソンや修了作品発表等で制作会社や企業からのオーディションも実施。優秀者には審査企業や制作会社からのオファーなどのチャンスもあります。
nestsはこちら

まとめ

今やスマホやタブレットで、多くの人が毎日、何かしらのサイトを見ています。サイトは常に更新され、新しいサイトも次々と制作されています。そのためWebサイト制作の人材は常に求められています。

とはいえ、学生時代に自分でちょっとサイトを作ったことがある、デザインしたことがあるといった程度では、制作現場では通用しません。Webデザイナーもプログラミングの基本知識を持ち、デザイン以外にもコーディングができたり、企画から立ち上げることができたり、さまざまなことが求められています。

上記で紹介したようなスクールで、まずは実践的なスキルを身に付けましょう。その後は、あなた次第です。クラウドソーシングで少しずつ実績をつけるのもあり、転職をしてキャリアをさらに磨きながらステップアップするのもあり、副業として「もうひとつの、自分のセンスや力を発揮できる仕事」として、やり甲斐をもって頑張るのもあり!ですよ。
虫メガネのアイコン 実際に学べるスクールをチェック!!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 コーディングができなくてもWebサイト制作で稼げますか?

    答え 絶対に必要ではないが、フリーランスで稼ぐならコーディングはできた方が◎。コーディングはなしでトップページのデザインのみ受注、ノーコードでWebサイト制作をする方法もあります。ただし、「稼ぐ」となるとデザインからコーディングまで全て受注した方が報酬も上がります。

  • 質問 デザインのセンスがなくてもWebサイト制作はできますか?

    答え センスは知識の集約!正しい方法を学べば自ずとセンスはついてくるものです。デザイナーの仕事はクライアントの課題解決で、Webサイト制作は手段の1つです。「よいデザイン」には法則があるため、それらを学べば一定のレベルで求められるWebサイト制作はできるでしょう。

  • 質問 仕事ではなく自分の趣味で作ったWebサイトも実績になりますか?

    答え 実務経験にはカウントされませんが、自己PRとして活用できます。スクール生や未経験者は課題や趣味で作ったWebサイトをポートフォリオにすることが多いです。即戦力として通用できることをアピールできれば◎。デザインとコーディングで工夫した点をポートフォリオに記載しましょう。

  • 質問 Webデザイナーに必要な資格はありますか?

    答え 資格は必要なし!誰でもWebデザイナーを名乗れます。就・転職活動では資格よりもスキルレベルが分かる制作物が重要です。資格を取得すならウェブデザイン技能検定やHTML5プロフェッショナル認定資格、アドビ認定エキスパート(ACE)など業務に直結するものがいいでしょう。