口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

バナー制作の案件相場って?ランサーズ・クラウドワークスで調べてみた

バナーの役割は、商品やサービスのイメージを消費者に伝わりやすくすることです。そのため、消費者の目を引き付けられるよう、魅力的なデザインのバナーを制作したいですね。これからバナー制作に携わりたいなら、制作にかかる時間や案件相場を理解しておくことがポイントです。

この記事では、バナー制作の特徴や案件相場などをわかりやすく紹介します。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

バナーって?

バナーとは、Webサイトなどで広告やメニューボタンとして利用されていることが特徴です。縦長のものや正方形のものなど、目的に合わせてさまざまな大きさと形があります。多くのバナーがリンク付きとなっており、消費者をサイトや商品に誘導することを目的として設置されます。

Webサイトのイメージに合わせて、カラフルなものやシンプルなものなど、幅広いデザインのバナーが制作されています。そのため、バナーを制作する前に、クライアントが持つイメージを汲み取ることが重要です。

バナーの種類とサイズ

バナーには、主に以下の種類とサイズがあります。
  • Google広告バナー(250×250px/300×600px)
  • Yahoo!広告バナー(600×500px/1200×628px)
  • Instagram広告バナー(アスペクト比が9:16)
  • LINE広告バナー(アスペクト比が1.91:1)
  • Twitter広告バナー(アスペクト比が1.91:1)
上記のサイズのほかにも、幅広いサイズが存在します。

目を引くバナーの特徴とは?

消費者の目を引き付けるバナーには、以下のような特長があります。
  • 情報を詰め込みすぎない
  • キャッチコピーは単純明快に
  • 訴求力がある写真やイラストを使用する
  • テキストの可読性が良い
  • フォントと配色で印象をアップする
バナーを制作する際には、消費者目線に立って制作することが大切。魅力的な写真やイラストを用意できたら、キャッチコピーが伝わりやすいようフォントの色やサイズなども工夫したいですね。

バナーの制作時間目安は?

サイズにもよりますが、バナーを制作する時間は30分~1時間が一般的といわれています。文字の読みやすさやデザインなどに凝りたい場合には、それ以上の時間がかかるケースもあるでしょう。

バナー制作のスピードを上げるためには?

バナー制作のスピードを上げるためには、以下のポイントを抑えておく必要があります。
  • デザインのストックをためておく
  • 必要な情報を洗い出す
  • 始めにレイアウトを決めておく
  • ショートカットキーを活用する
手早くバナーを制作するためには、デザインのストックをためておくことが大切なポイントです。幅広いバナーのデザインに触れることで、アイディアも広がりやすくなるでしょう。

製作時間の目安やスピードを上げる方法を知ることで、時給がいくらくらいになるのかをイメージしやすくなります。

オススメの無料バナー制作ツール

バナー制作は、無料のアプリやツール利用によって、魅力的なバナーを数分で作成することができます。本項目では、バナー制作におすすめの無料作成ツールを紹介します。

Canva

Canvaは、無料で画像を加工できる便利なツールです。Canvaはパソコンからも利用できますが、携帯アプリからも作成可能なので、パソコンを所持していない方でも使用可能です。バナー制作に便利なデザインを無料で利用できるので、簡単かつオシャレなバナーを作成したい方におすすめです。

関連サイト:Canva

pixlreditor

pixlreditorは、画像編集ができる無料画像編集ツールです。画像の回転・反転、トリミング、リサイズ、色調・明るさ補正などの機能を利用することで、簡単にバナーを作成できます。ソフトのインストールなしで利用できるので、気軽に利用したい方にもおすすめです。

関連サイト:pixlreditor

クラウドワークスのバナー制作案件相場

ここでは、バナー制作のクラウドワークスの案件相場について説明します。

SNS広告用バナー制作

出典:クラウドワークス
SNS広告用バナー制作は、報酬が5,000~10,000円となっています。業務内容は、脱毛に関するInstagram向けバナー3種類を制作します。応募条件として、Illustratorとチャットワークを使用できることが挙げられます。

ネットショップ商品バナー制作

出典:クラウドワークス
ネットショップ商品バナー制作は、報酬が1点あたり40円となっています。「未経験者可」の案件となっており、Photoshopが扱えれば簡単に制作できることが特徴です。そのため、バナー制作の案件に初めて携わりたいと考える人に向いている案件だといえるでしょう。

バナー作成・サイトデザイン・コーディング

出典:クラウドワークス
バナー制作・サイトデザイン・コーディングは、報酬が2,500円となっています。制作するバナーのサイズは1080×1080pxで、30~40代女性がターゲットとなっています。ただし、コンペ形式となっているため、バナーを制作しても選ばれない可能性もあるため注意しましょう。

ランサーズのバナー制作案件相場

ここでは、バナー制作におけるランサーズの案件相場を説明します。

GDN、YDN用の画像バナー制作

出典:ランサーズ
GDN・YDNの画像バナー制作は、報酬が11,000円です。コンペ形式となっており、父の日ギフトである馬刺しに関するバナー作成を行います。なお、1200×628px、960×400px、300×300pxの3サイズ作成する必要があります。

納品時のファイルサイズは150KB以下と定められているため、ファイルサイズを念頭に置き、制作することが重要です。

海外部品メーカー紹介サイト用のヘッダー・メニュー用のバナー制作

出典:ランサーズ
海外部品メーカー紹介サイトのヘッダーとメニュー用バナー4点の制作は、報酬が25,000円です。ヘッダーにはコネクション数を記載し、メニュー用バナーには、会社概要や取り扱いメーカー、ニュースや問い合わせなどの内容を盛り込む必要があります。

なお、バナーのサイズについては、「制作者側から最適なサイズを提案してほしい」との要望もあります。

キャンペーンバナー制作

出典:ランサーズ
キャンペーン系のバナー制作2点は、報酬が5,000~10,000円です。バナーは、文字を中心としたポップなデザインを制作する必要があります。サイズは、PC用サイズの1920×350pxとSP用サイズの840×350pxです。

ただし、4K解像度でも画像が鮮明になるよう、上記の2倍のサイズで納品することが条件とされています。

コエテコおすすめ!フリーランスクリエイター向け案件サイト

バナー制作や画像編集のスキルを活かしてフリーランスを目指したい人は、フリーランスクリエイター向け案件サイトへの登録も検討してみましょう。コエテコ編集部がおすすめするのは業界随一の案件保有数を誇るレバテッククリエイターです。

出典:レバテッククリエイター
レバテッククリエイターでは個人では獲得しにくい案件や業界の動向に合った最新の案件を紹介しています。「案件相場が高い分野を見つけたい」「自分からは言い出しにくい単価交渉を任せたい」など、フリーランスならではのあらゆる悩みや不安を専門コーディネーターに相談することも可能です。

バナー制作にまつわる求人としてはソーシャルゲームやWeb広告媒体、SNS運用などさまざまな分野での案件が随時提示されています。比較的案件相場が高いWebデザイナーやイラストレーター、グラフィックデザイナーといったカテゴリから求人を探すこともできるので、幅広いフリーランス業務を知るきっかけにもなるでしょう。

デザイン業界の動向やバナー制作スキルの需要などを分析することができる「レバテックプラットフォーム」を利用できるので、自分の市場価値を知りたいという人にもおすすめです。
※経験者の方のみ案件紹介可能
レバテッククリエイターはこちら

まとめ

クラウドソーシングの案件相場を把握したうえで、バナー制作の案件を受注したいですね。案件によっては、複数のバナーを納品する必要があることも。そのため、バナーの点数と報酬のバランスを考慮することが大切です。

バナー制作の作業に慣れてくると、短時間で多くのバナーを納品できるようになるでしょう。バナーの制作スピードを上げるポイントを理解したうえで、バナー制作に慣れていきたいですね。本格的にバナー制作を学びたい場合には、プログラミングスクールなどを利用して正しい知識を学ぶこともおすすめです。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 未経験からでもWebデザインのスキルは身につけられますか?

    答え Webデザインスクール受講生のほとんどが未経験からキャリアアップを目指しています。近年Webデザインの需要が高まっている背景を受けて、初心者向けのコースを設置しているスクールも多いようです。カリキュラムについていけるか不安という方は、定期的な講師やメンターとの面談やチャットでの質疑応答といったサポートが充実しているコースを選ぶのがおすすめです。まずは目標を達成するまで学習を続けていくのが大切でしょう。

  • 質問 スクール入会前に考えておくべきことはありますか?

    答え 入会前にスクールの受講目的を明確にしておきましょう。講義開始前に学習内容を決めるヒアリングを行うスクールもあるので、自分が将来Webデザイナーとしてどのような活動をしていきたいかを伝えられるように準備しておくことが大切です。自分の方向性を決めておくことで効率的な学習計画を立て、無理のないペースでスキルを身に着けられます。どのスクールが良いかわからないという方も、自分の目的を決めておくことで最適な学習方法を見つけられます。

  • 質問 スクール卒業後のキャリアには、どのような選択肢がありますか?

    答え スクール卒業後のキャリアは人によってさまざまです。Webデザイナーは多くの業界で需要が高い分野なので、個人ごとに活躍できる場所が異なります。たとえば就職や転職はもちろん、副業で在宅ワークをはじめたり個人で独立を目指したりとさまざまな選択肢があるでしょう。キャリアについて経験豊富なスタッフと相談しながら決めたいという人は、就職・転職サポートが手厚いスクールを選びましょう。スクール入会前の無料相談会で、受講生の就職状況を聞いておくのもおすすめです。

  • 質問 未経験からでもフリーランスとして独立できますか?

    答え 未経験者の場合、まずは副業などで実績を積んでからフリーランスに転身するのがおすすめです。スクールを受講することで現場で即戦力となるスキルを身に着けることができますが、実務経験が無いクリエイターは高単価の受注に苦戦することもあります。実案件を受注できるコースであれば受講中に実績を積むことができますが、現場で通用する高いスキルも求められます。まずは仕事を受注したいという方は、クラウドソーシングサイトで仕事を受注しながらポートフォリオを充実させていくのが良いでしょう。