口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

LP制作の案件相場って?ランサーズ・クラウドワークスで調べてみた

LP制作に携わりたい人のなかには、LPの特徴や案件相場が気になる人もいるでしょう。クラウドソーシングのなかでも有名なランサーズやクラウドワークスでは、さまざまな種類のLP制作の案件があります。LPの制作時間の目安や案件相場を理解したうえで、案件を受注したいですね。

この記事では、ランサーズやクラウドワークスにおけるLP制作の案件相場についてわかりやすく紹介します。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

LPって何のこと?

LPとは、Landing Page(ランディングページ)の略称です。検索エンジンやWeb広告などから、訪問者が初めに着地するページを意味します。具体的には、サービスや商品などの紹介を1ページでまとめたWebページを指し、申し込みや問い合わせなどを誘導することを目的として作られています。

LPには、主に以下のような特長があります。
  • 縦長のデザイン
  • 目を引くデザイン
  • イメージ画像を多用する
  • リンクが限定的
  • ボタンのサイズが大きめ
企業にとって、LPは顧客を集客するためのページです。そのため、丁寧に作りこまれており、多くの人の目を引くデザインであることが特長です。

さらに、LPは、コンバージョン(CV)を獲得することを目的としています。コンバージョンとは、企業にとっての潜在顧客を「見込み顧客」や「顧客」に転換させることを意味します。

LPの制作時間目安は?

LPを制作する期間は、一般的に1カ月弱程度といわれています。1ページを制作するのに1カ月もの期間を要するのは、制作する過程が数多くあることが要因となっています。
具体的には、LP制作は以下のような流れになっています。
  • 目的整理(企画)
  • 構成作成
  • 素材作成
  • デザイン作成
  • コーディング
  • テスト・修正
  • 公開
目的整理ではターゲット層を設定したうえで、具体的な目標とする数字を明確にする必要があります。ターゲットの目を引くキャッチーなデザイン作成やコーディングなど、LPを制作するためには高度なスキルが求められることが特長。

製作時間の目安を知ることで、時給がいくら程度かを考慮することが重要です。

クラウドワークスの案件相場

ここでは、クラウドワークスのLP制作における案件相場を説明します。なお、「予算はワーカーと相談」と提示されている案件も多くあるため、気になる場合にはメッセージなどで問い合わせてみましょう。

住宅LPの制作

出典:クラウドワークス
某住宅メーカーのLP制作の案件は、報酬が50,000~100,000円となっています。Reactの使用経験がある人が条件となっており、デザインやコーディングなどのスキルが求められます。クライアントから提供される素材は、ワイヤーやラフ案、サーバーやドメインなどです。

なお、求人の掲載日が3月28日で4月3日を納期の希望とされています。そのため、案件によっては1週間程度を納期としているケースがあることを抑えておきましょう。

本の比較に関するLP制作

出典:クラウドワークス
3種類の本を比較するLP制作の案件では、報酬が50,000~100,000円となっています。案件に依頼するための条件として、LPに絞り込み機能やグローバルナビを搭載する点や他社とのソース被りは50%未満とする点などが挙げられます。

クライアントがサーバーアップを行うため、ファイル納品までを行う必要があります。なお、納期は1週間程度とされており、一般的なLP制作期間よりもタイトな納期が設定されているといえるでしょう。

健康グッズのLP制作

出典:クラウドワークス
健康グッズのLP制作は、報酬が10,000~50,000円となっています。内容は、足のこむら返りや足のむくみなどに悩んでいる人向けの健康グッズを紹介するLPです。提供される素材はラフ案や商品画像、文章などで、納期は2週間程度に設定されています。

依頼工程はデザインやコーディング、レスポンシブ対応となっているため、幅広いWeb制作に関する知識が必要となります。

ランサーズの案件相場

ここでは、ランサーズのLP制作における案件相場を説明します。

STUDIOを使用したLP制作

出典:ランサーズ
STUDIOを使用したLP制作は、報酬が50,000~100,000円となっています。なお、案件に申し込むためにはレギュラーランク以上の方のみとなっているため、注意しましょう。コーディング作業では、htmlやcss、JavaScriptなどの知識が必要です。

なお、より良いWebデザインを制作するためにクライアントへアイディアを提示する力も求められます。そのため、経験を積んだエンジニアに向いているLP制作の案件だといえるでしょう。

WebサイトのメインビジュアルにおけるLP制作

出典:ランサーズ
コーポレートサイトのメインビジュアルにおけるLP制作では、報酬が300,000~500,000円となっています。「小さな立体が舞いながら指定した形に変わる表現」が求められており、動的なページを制作可能な人が応募条件となっています。

なお、レスポンシブまで対応できるスキルが必要となり、納期は3週間弱となっています。トップページデザインや下層ページ、企業ロゴや各種画像などが共有素材として渡されます。

新規事業フランチャイズのLP制作

出典:ランサーズ
キッチンカーフランチャイズ本部のLP制作は、報酬が300,000~500,000円となっています。ページ数は1~5ページほどとなっており、レスポンシブWebデザインの制作が求められます。業務の範囲は、企画・デザイン構成からイラスト作成、コーディングなども含まれます。

ランサーズのなかでも優良価格の案件であるため、多くの利用者がクライアントへ提案していることが特長です。なお、納期は3週間ほどとなっています。

コエテコおすすめ!フリーランスクリエイター向け案件サイト

LP制作スキルで案件相場の高い仕事を狙っていきたいという人は、以下のようなフリーランスクリエイター向け案件サイトの利用もおすすめです。

出典:レバテッククリエイター

レバテッククリエイターはWeb・ゲーム業界に特化したフリーランスエージェントサービスで、個人では探すのが難しい希少案件のなかから希望に合った案件をマッチングすることができます。企業との商談調整や単価交渉、税務サポートといったフリーランスに必要な業務をサポートしてもらうことができるので、今後フリーランスとして幅広く活躍していきたい人にピッタリのサービスです。

登録後はレバテッククリエイターの市場分析ツールを使ってLP制作分野の最新動向や案件相場を知ることもできます。レバテッククリエイター登録者の動きや自分の市場価値もわかるので、どのような戦略で仕事を進めていくか考えるきっかけにもなるでしょう。

さらに人間ドックやスポーツジムを特別価格で利用できる福利厚生や食事が割引になる参加者特典も魅力の一つ。これからフリーランスを目指す人は無料相談から始めるのもおすすめです。

※経験者の方のみ案件紹介可能
レバテッククリエイターはこちら

まとめ

クラウドワークスにおけるLP制作の案件相場は50,000~100,000円が一般的で、ランサーズでは50,000~500,000円ほどが相場となっています。ただし、優良価格の案件では、高いスキルと豊富な経験が求められる傾向があります。

そのため、自身のスキルや経験に見合った案件を選ぶことが大切です。そうすることで、案件を取得しやすくなり、継続案件にもつながるでしょう。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ