IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

話題の「IoT」とは?IoTエンジニアの仕事内容やスキル、年収などを解説!

IoT(Internet of Things)は直訳すると「物のインターネット」という意味で、家電製品やスマートフォンといった物体とネットを繋いで遠隔操作などを行うことができる技術として注目されています。IoTエンジニアは専門技術を通じてシステムの開発を行い、IoT市場をさらに進歩させていくという重要な役割を担っています。今回はIoTエンジニアの詳しい仕事内容や現場で求められるスキル、取得しておきたい資格や気になる年収などについて詳しく紹介していきます。IoTエンジニアとして働きたいと考えている方はぜひご覧ください。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

IoTエンジニアって、どんな仕事?

IoTエンジニアの概要については、以下のようになっています。

職種名 IoTエンジニア
平均年収
500万円前後
概要
IoTの技術を利用した製品について、設計やプログラミング、運用の保守など幅広い分野を担う仕事
活かせる資格
IoT検定、IoTシステム技術検定試験

IoTエンジニアの仕事とは?

IoTエンジニアはプログラミングやネットワーク構築といったソフトウェア開発業務はもちろん、企画の設計などの上流工程も担っています。ここでは詳しい仕事内容について、特徴を3つに絞ってご紹介します。

プロジェクトの設計

IoTを開発する根幹となる企画や設計といった上流工程を担当することがあります。システム開発の目的やクライアントからの要件定義によって、今後の作業の方向性を細かく設計していきます。設計書が完成した後にプログラミングの作業に進むため、プロジェクトのとても重要な役割を担っているといえます。クライアントとのヒアリングやチームでのミーティングも欠かせない工程です。

プログラミング実装・テスト

企画設計が完成した後にIoTのネットワークを適切に構築していくために必要なプログラミング実装を行います。実装後にはテスト項目表に沿ってバグや修正点を探るため、トラブルが起こるたびに臨機応変に対応するための高度な技術力も問われるでしょう。製品としてリリースできる状態に仕上げるためにはIoTエンジニアの丁寧に作業を行う姿勢や、状況を網羅的に把握するスキルが必要です。

システム運用・保守

製品を市場に売り出した後に、システムのメンテナンスアップデートを行って適切な運用を行います。安定してサービスを提供し続けられるためには製品の保守作業が重要です。またセキュリティー対策を強化したり現場でのバグに柔軟に対応するという点も利用者やクライアントとの信頼関係構築に大きく影響します。製品のリリース後の適正な対応によってIoT市場をさらに確固たるものにしていきます。

IoTエンジニアと組み込み系エンジニアの違い

組み込み系エンジニアとはどう違う?

IoTエンジニアと組み込みエンジニアは高度なプログラミングを用いるため混同されがちな職業でもあります。どちらも製品の企画やシステム開発を行う職種ですが、IoTエンジニアはIoT技術の利用に特化した製品を担当します。

IoTエンジニアの役割と業務フロー

IoTエンジニアは物とインターネットを繋げることで遠隔操作をしたり物の状態を察知するきっかけを作ったりと、現代の生活に求められているIoT製品を企画・開発しています。具体的な業務フローとしてはクライアントの要件定義を行ったりプログラミングによって製品への実装を行ったりするのはもちろん、プロジェクトの企画参加から各現場での製品運用サポートまでさまざまな作業を担当することがあります。チームで開発を行うため、メンバーや他職種とのやり取りやクライアントの担当者との細かな意思疎通が可能となるコミュニケーションスキルも求められるでしょう。また比較的新たな市場であるため、さらに技術を発展させるための発想やセンスを問われる職業でもあります。

組み込み系エンジニアの役割と業務フロー

組み込み系エンジニアは制御系エンジニアが作成したプログラミングをデバイスに組み込んでいくという役割を担っています。冷蔵庫や電子レンジ、お風呂やスマートフォン、工場で使用される機械など自動化される機器を動かすために重要な仕事で、プログラミングを適切に組み込むことで製品を完成に近づけます。企業によっては組み込み系エンジニアがシステムの開発を行うこともあり、制御系システム全般を担う場合もあるようです。また、近年目覚ましい進化を遂げるIoT分野やAIへの知見も求められることがあり、複雑化していくソフトウェア開発に柔軟に対応していく姿勢も必要です。

IoTエンジニアに必要なスキル

ここでは、IoTエンジニアが現場で働く際に求められるスキルについて3つのポイントをご紹介します。

IoTにまつわる知識

組み込み系システムや無線系ネットワークなどIoTにまつわる知識を習得しておくことが必須です。プログラミング言語はもちろん、ビッグデータの取り扱いやセキュリティシステムについての理解など幅広い知見が求められるでしょう。またIoTスマートフォンアプリを利用したものが多いため、アプリの開発経験や操作の知識があることで現場で有利に働きます。 

担当分野のハードウェアやデバイスの知識

IoTの特性上ソフトウェアだけでなくハードウェアの操作や管理、接続方法などについて理解しておくことが大切です。IoT技術は医療や家電、物流などさまざまな分野で適用されるため、自分が担当する分野の幅広い知見を持っておくのが良いでしょう。ハードウェアにまつわる知識によってエラーやトラブルの発生を防いだり、ユーザーの視点に立ってプロジェクトの企画を進めていくことができるでしょう。

コミュニケーションスキル

IoTエンジニアとしての作業を進める際にはクライアントの担当者とのヒアリングや企業のエンジニアとのミーティングなどを実施するため、複数のメンバーとのやり取りを円滑に進められるコミュニケーションスキルが必要となります。要件定義の段階ではクライアントの要望を正確に把握することが重要です。また各担当者との連携によって製品の質向上や作業の効率化などに繋がるでしょう。

IoTエンジニアにおすすめの資格

IoTエンジニアとして企業に就職する際に必ず取得しておく資格は特にありませんが、資格を持っておくことによって自身のスキルをアピールすることができたり年収アップに繋がったりすることがあるでしょう。今回はIoTのスキルを証明することができる「IoT検定」「IoTシステム技術検定試験」についてご紹介します。

IoT検定

IoT検定はIoT検定制度委員会が主催するもので、IoTの企画開発やビッグデータ取り扱いの技術など幅広い理解を問うものです。IoT関連の内容はもちろんマーケティングやサービスの提供方法などについても触れられており、IoT技術を利用していきたいと考えているビジネスパーソン向けの検定でもあります。

IoTシステム技術検定試験

IoTシステム技術検定は上級・中級・初級の3段階にわかれて認定されている試験で、IoTビジネスに関わる方を対象にIoTの企画やネットワーク構築、運用保守など基本的知識を習得することを目的としています。上級では高度なシステム開発スキルや実践力を証明することができるため、転職でも有利に働くでしょう。

IoTエンジニアの年収

IoTエンジニアの平均年収は個人のスキルや経験によって大幅に異なりますが500万円ほどといわれています。IoTエンジニアの平均年収は全国の平均年収の額よりも比較的高い傾向にあり、さらにスキルを積むことによって年収額アップが期待されます。またIoTの技術は近年さまざまな分野で利用されているため、企業やプロジェクトの規模によっても年収が大きく異なることが考えられます。IoTエンジニアとして活躍している方の中には年収1,000万円以上という方もいるようで、設計や企画といった上流工程からシステム導入に至るまでのさまざまなスキルを持ち合わせていると高額な年収を獲得できる場合があります。IoTエンジニアの需要は急激に高まっているため、コミュニケーション能力や企画力など自分の強みもアピールすることで企業にとって価値の高い人材となることができるでしょう。

未経験からIoTエンジニアに転職するのは可能?

IoTエンジニアは即戦力が求められるので、エンジニア経験・もしくは理工系の学校を卒業していない場合は、転職のハードルが高くなる傾向があります。未経験からのエンジニア転職を目指す場合は、転職活動を行う前に以下の行動を取っておくのが望ましいです。

・スクール、専門学校などでゼロから組み込み系の知識を学ぶ
・1~3年、他の業種でエンジニアの経験を積んでおく

ただ、IoTエンジニアなどのIT業界は人手不足が懸念されている上に、若手の参入もそれほど多くないことから需要が高く、未経験者でも転職できる可能性は少なからずあります。もし未経験からエンジニア転職を行うのであれば、転職サポートや企業紹介などのサービスを行う転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

IoTエンジニアのキャリアパス

高度な専門性を持ち合わせているIoTエンジニアはさまざまな転職先で活躍することができ、キャリアパスの選択肢も豊富にあると考えられます。IoTネットワークを構築する際にシステムの組み込みやアプリケーションの知識、AIやセキュリティにまつわる理解などさまざまなスキルを獲得しているため、自分が特化したいと考える分野を極めていくことが可能です。またバックグラウンドを活かして別のIT開発企業に転職したり、新たなIT製品の参入を企画するのも良いでしょう。IoT技術関連のスキルを活かしたいと考える方であれば、IoTを利用した他の業種に転向することもできます。たとえば現在では医療物流製造農業などさまざまな現場で実用化が進んでいるので自分が触れたことのない分野で刺激を受けながら知識を活かすこともできます。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ