IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

エンジニアの中でも上流工程を担当するシステムエンジニア(SE)の仕事内容とは?気になる年収やキャリアパスについてご紹介

システム設計や開発をするエンジニアには、さまざまな専門分野があります。なかでも上流工程を担当する職種はシステムエンジニア(SE)と呼ばれ、クライアントへのヒアリングから、仕様書・設計書の作成、プロジェクトやチームの管理、テスト、運用・保守と仕事内容は多岐にわたります。

ここでは、システムエンジニア(SE)の仕事内容や必要なスキル、おすすめの資格、年収、キャリアパスなどについてご紹介します。

システムエンジニア(SE)って、どんな仕事?概要をわかりやすく説明!

職種名:システムエンジニア
平均年収:約572万円
概要:システムエンジニア(SE)は、クライアントへのヒアリングから、仕様書・設計書の作成、プロジェクトやチームの管理、テスト、運用・保守などを行います。
活かせる資格:「ITパスポート試験(IP)」「情報セキュリティマネジメント試験」「マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA)」など

システムエンジニア(SE)の仕事とは?

主に、企画から設計までのフェーズを「上流工程」といい、エンジニアの中でもシステムエンジニア(SE)が担当するのはこの部分です。ここでは、システムエンジニア(SE)の仕事内容について説明します。

特徴1.システムの設計

システムエンジニア(SE)の仕事は、まずクライアントの要望を分析して(要件分析)、もっとも効率的なシステムを作る方法を検討することです(要件定義)。システム設計は、基本設計と詳細設計の2つに分けられます。基本設計は、クライアントやシステム利用者の視点からシステムのアウトラインを決めることが目的で、外部設計・概要設計とも呼ばれています。詳細設計は、基本設計で定義した内容をもとに技術的に実現可能なレベルに具体化して仕様書を作成します。

特徴2.システムの開発

システム設計の工程で作成した仕様書をもとに、実際にプログラマーが開発言語を使ってプログラムを組んでいきます。その後は、完成したプログラミングに不具合がないかテストを実施して、不具合がなくなるまで修正・テストを繰り返します。クライアントに納品した後も不具合や追加の要望が出る可能性もあるため、その都度、対応して運用・サポートしていきます。

特徴3.小規模な開発ではプロジェクトマネージャーやプログラマーの役割も担う

システムエンジニア(SE)の仕事は、企画から設計までのフェーズである「上流工程」を担当すると説明しましたが、小規模な開発ではプロジェクトマネージャーやプログラマーの役割を担うこともあります。求められる現場によってはプロジェクトの管理と開発、両方を担うのはまさに「何でも屋」といっても過言ではないかもしれません。

システムエンジニア(SE)の雇用形態

システムエンジニアの雇用形態には、主に以下の種類があります。
  • 正社員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト
  • フリーランス
システムエンジニアはスキルを習得するのに時間のかかる職業であることから、企業が正社員と採用し、長期計画で育てていくパターンが多く、全体的に正社員の割合が高めです。ただ、近年ではコロナ渦の影響で在宅ワークを選ぶ人も増えていることからフリーランスを選ぶ人や、派遣社員、パート・アルバイトなどの非正規雇用を選ぶシステムエンジニアも増えています。

システムエンジニア(SE)とプログラマーの違い

プログラマーとはどう違う?

システムエンジニア(SE)と混同される職種に「プログラマー」があります。一見、似ている職種ですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの役割と業務フローについて説明します。

システムエンジニア(SE)の役割と業務フロー

システムエンジニア(SE)の役割は、クライアントに「どのようなシステムを作りたいのか」をヒアリングして、要求に最適な仕様のシステム開発をするためにプロジェクト管理をすることです。業務フローは、クライアントへのヒアリングをして、仕様書・設計書の作成し、プロジェクトやチームの管理をしてシステムを開発し、テスト、運用・保守といった流れです。小規模な開発チームでは実際に手を動かしてプログラミングを組むこともあります。

プログラマーの役割と業務フロー

システムエンジニア(SE)がプロジェクト管理をするのに対して、プログラマーの仕事は、システムエンジニア(SE)が作成した仕様書をもとに言語を書いてプログラムを組み、さまざまなシステムやアプリを作ることです。ハウスメーカーで例えると、「お客様からヒアリングして家の間取りを作成する建築士と実際に家を建てる大工のような役割の違い」というとイメージすやすいでしょう。

システムエンジニア(SE)に必要なスキル

システムエンジニア(SE)は企画から設計までのフェーズを担当するにあたり、システム設計や開発の知識をはじめとしたさまざまな能力を要します。ここではシステムエンジニア(SE)に求められるスキルをご紹介します。

システム設計・開発に関わる全般的な知識

システムエンジニア(SE)は、クライアントが求めるものに対して具体的にどのような機能があればいいかを決める必要があります。その際には、実際にシステムに関わる全般的な知識がなければ、予算や人員、進捗管理などもできません。時には、自分自身がプログラムを組むこともあるため、システム開発に必要な言語も習得しておく必要がありますし、プログラマーに指示を出す場面ではそういった知識が役に立つ場面も多々出てくるでしょう。

プロジェクト管理能力

どんな仕事にも納期は付き物です。システム開発にも、クライアントが要望した期日までにシステムを開発することが求められます。大規模なシステム開発になればなるほど、予算や人員も増え複数のチームが同時進行でプロジェクトを進行することになるため、現場のエンジニアと進捗を確認しながらプロジェクト管理する能力が求められます。

コミュニケーションスキル

システムの開発プロジェクトを進めるためには、クライアントやプログラマーと対等に話し合うコミュニケーションスキルが必要です。システムエンジニア(SE)は、直接クライアントと話をして要望のすりあわせをしたり、実際にプログラムを組むチーム全体をまとめたりしています。プロジェクトが当初のスケジュール通り進めば問題ありませんが、時にはアクシデントが起きてしまう可能性もあります。そんな時に提案や指導をスムーズに行うことで、社内外の信頼度もアップするはずです。

システムエンジニア(SE)におすすめの資格

システムエンジニア(SE)に関連する資格の種類は初級・中級・上級者向けと数多くありますが、大きく分けると国家資格と民間資格の2つのカテゴリがあります。それぞれ、システムエンジニア(SE)におすすめの資格は、どのようなものがあるのか紹介していきましょう。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格は複数あります。なかでも、ITを利用活用するための共通的基礎知識を問われる「ITパスポート試験(IP)」やITの安全な利用活用を推進するための基本的知識・技能を問われる「情報セキュリティマネジメント試験」などは代表的な資格試験と言えるでしょう。大手企業でも取得を奨励しているケースがあるため、今後、キャリアチェンジを考えている人は自分の知識やスキルの証明として取得することをおすすめします。

出典:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「これまでの制度の試験区分一覧

民間企業が認定するベンダー資格

民間企業が認定するベンダー資格は、企業の製品やサービスに関する専門的な知識をが問われる試験が特徴です。例えば、マイクロソフト社が運営する資格は、WordやExcelのようなオフィスソフトの問題が問われる「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」、基本OS・データベース・ソフトウェア開発などのITスキルを認定する「マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA)」など、なかにはSEではない一般の方でも知っている資格もあります。その他にはネットワーク関連のSE向けの資格ならシスコシステムズが運営が運営する「CCNA」、その上位資格「CCNP」など、運営会社や技術によってさまざまなベンター資格があるため、ご自身の興味関心に合うものにチャレンジしてみましょう。

システムエンジニア(SE)の年収

システムエンジニア(SE)の年収は、399〜745万円ほどといわれています。未経験や新卒の年収は300万円台が多く、大手企業では400万円台からスタートするところもあります。実務経験3年以上の年収は400万円台からが最も多く、実務経験10年以上になると700万円台を提示する求人もあり、マネジメントなど管理職になると800万円台を突破する求人もあります。

システムエンジニア(SE)のキャリアパス

システエンジニア(SE)はキャリアを積むことで、プロジェクトマネージャー(PM)にキャリアアップすることも可能です。もちろん、技術を磨いてシステムエンジニア(SE)のスペシャリストとして働き続ける方もいらっしゃいますし、独立してさまざまなプロジェクトにフリーランスのシステムエンジニア(SE)として活躍する方法もあります。IT化が進む現代では、さまざまな企業で経験豊富なシステムエンジニア(SE)が求められているため、実務経験を積むことでご自身の希望に合わせた雇用条件や働き方も可能と言えるでしょう。

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ