口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

大人向け英会話教室おすすめ9選【2022年最新版】

編集
編集

大人が英語を学びはじめようというときに、最初に悩むのは教室に通学するタイプのスクールにするか、オンラインを選ぶかでしょう。

もちろん、どちらにも長所短所があります。印象的には、数年前まではコストを考えなければ通学型がすぐれていたが、ここ2、3年は技術の進歩もあってオンラインが急速で追いつき追いこそうとしている感じでしょうか?

ここでは両者の長所・短所を、徹底的に比較してみました。

記事の最後には大人向け英会話教室のおすすめ情報も掲載されているので、ぜひ参考にしてください。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール!

  • DMM英会話 120カ国以上の講師人が在籍で自分に合った講師が選べる!自由度の高いレッスン&スキマ時間に学習可能!

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • Weblioオンライン英会話 全教材が無料で利用可能!教育機関での利用率No.1な高品質なレッスンが魅力!

  • ネイティブキャンプ 業界初!レッスン回数無制限が魅力!日本人カウンセラーのカウンセリングで安心

  • レアジョブ英会話 スピーキングテスト機能&自動録音機能が魅力!国際基準(CEFR)に基づいた成果につながる教材も

  • ECCオンラインレッスン ECCの60年以上のノウハウを凝縮した反復学習が魅力!高品質な教育提供を証明する国際規格ISOを取得!

大人向け英会話教室9選を表で比較

まずは、おすすめの大人向け英会話教室について受講形式や月額費用、営業時間などを比較してみましょう。

大人向け英会話教室 受講形式 月額費用 初期費用 営業時間
ライザップイングリッシュ オフライン・オンライン 英会話コース16回:437,800
英会話コース32回:723,800円
TOEIC® L&R TEST スコアアップコース16回:437,800円
TOEIC® L&R TEST スコアアップコース32回:723,800円
※最大60回払いの分割払い
受講費用+入会金 55,000円 7:00~23:00
オンライン英会話Kimini オンライン スタンダードプラン:6,028円
ウィークデイプラン:4,378円
月2回プラン:1,078円
など
月額費用のみ 6:00~24:00まで受講可能
LINE問い合わせの受付目安は月~金曜日11:00~20:00(祝日を除く)
QQ Englih®オンライン オンライン 月4回コース:2,680円
月8回コース:4,380円
月16回コース:7,348円
月30回コース:10,648円
月額費用のみ 24時間
スパトレ オンライン スパトレプラン:4,900円
無制限プラン:6,380円
(税込・税抜表記なし)
月額費用+市販教材費用 24時間
Weblio英会話 オンライン 毎月4レッスン:2,728円
毎月8レッスン:3,978円
毎日1レッスン:5,778円(初月50%OFFキャンペーン利用で2,889円)
など
月額費用のみ 24時間(サポート窓口対応は平日9:00~17:00)
ウィリーズ英語塾 オンライン 社会人コース1回 50分:4,400~19,250円
社会人コース1回 25分:2,640~10,780円
など
月額費用+教材費用(1冊1,000円〜2,000円程度) 要問い合わせ
CAMBLY(キャンブリー) オンライン 1日あたり15分で週3日:5,714円(12か月払い)
1日あたり30分で週3日:9,354円(12か月払いで)
月額費用のみ 24時間
ECC外語学院 オフライン・オンライン 日常英会話コース:マンツーマンレッスン13,323円~、グループレッスン16,300円~(年間申込みの場合)など
オンライン:4,152円~
月額費用+入学金22,000円+教材費、ECCオンライン英会話は月額費用のみ ECC外語学院の営業時間は要問い合せ
ECCオンライン英会話の開講時間は10:00~24:00
ワンナップ英会話 オフライン・オンライン レギュラーコース70回、12か月:約38,461円(合計費用461,538円)
デイタイムプラン70回、12か月:約35,933円(合計費用431,200円)
受講費用+入会金33,000円+教材費8,800円+カリキュラム作成費5,500円 通学:平日12:00~21:00(品川校のみ13:00~22:00)、土日祝10:00~19:00
オンライン:平日12:00~21:00、土日祝10:00~19:00

*費用は全て税込みです
英会話スクールや各コース内容によって、月額1,000円前後から30,000円前後のプランまでさまざまです。1回あたりのレッスン時間やひと月の受講回数、講師の国籍などで費用が変動しています。

また月額費用だけでなく入会金や教材費用がかかるスクールもあります。希望の通学型英会話スクール・オンライン英会話スクールの初期費用をしっかり確認しておきましょう。

大人が英会話教室に通った方がいい理由

英会話教室へ通うとどのようないいことがあるのでしょうか?大人が英会話教室に通った方がいい理由を4つ紹介します。

普段出会えない人たちと繋がれる

大人になると日ごろ会うのは、勤務先や取引先の人に限られることがほとんどです。自然と似た環境に置かれている人たちとの繋がりが多くなっていきます。

英会話教室へ通い始めると、仕事とは関係のない人との出会いがあります。これまでの日常では出会えなかった人たちとのコミュニケーションをとおし、自分の世界が広がっていくかもしれません。

ビジネスで活躍できる可能性が広がる

英語でコミュニケーションが取れれば活躍の場が広がります。海外展開している企業で働いているなら、英語力をアピールし海外勤務できるかもしれません。

また海外の企業はもちろん、日本企業にも社内公用語を英語に指定しているケースがあります。役職によってはすべての会話や資料が英語になる企業もあるため、英会話ができることはビジネスで活躍するために必須のスキルといえるでしょう。

ネイティブスピーカーと話せる機会ができる

ネイティブスピーカーと話せるのも英会話教室の魅力です。日本で生活していると、英語を学んでいても、ネイティブスピーカーと会話する機会は意外と少ないのではないでしょうか。

教材を活用しリスニングできるようになっても、英会話をとなるとうまくできないこともあるかもしれません。英会話教室で定期的にネイティブスピーカーと話す機会があれば、英語を使った会話に慣れうまく話せるようになるでしょう。

独学よりも短期間で英語力を上げられる

英会話は独学でも学べます。しかし思うようなスピードでは上達しないかもしれません。短期間で英語力を上げたいなら、英会話教室が向いています。

体系的に英会話を学べるカリキュラムや独自のメソッドが用意されているため、独学より効率的に学べるでしょう。

大人向け通学型/オンライン英会話スクールとは?


通学型英会話スクールオンライン英会話スクール、どちらも厳密な定義があるわけでありません。事実、一つのスクールで両方の学び方を選べるところもあります。一つのアカウントであるときは通学、別のときにはオンラインという風に使い分けできる場合もあります。ただ、一般的に、2つの学び方は以下のようなものと思われます。

通学型英会話スクール

通学型英会話スクールは固定した教室を持ち、学習者はそこに足を運んで講師と同じ場を共有しながらレッスンを受けます。

ここでは大学専門学校とは区別して、主に社会人向け就職を前にした大学生が学ぶ英会話スクールを示します。また、学び方を指導して自習するタイプのいわゆる英語コーチングも含めないことにします。

駅前やショッピングセンターなどの便利な立地に教室をおいていることが多く、週1~3回程度通学して30分~2時間程度のレッスンを受けます。

主な通学型英会話スクール

  • ベルリッツ
  • 英会話のイーオン
  • シェーン英会話
  • ECC外語学院
  • Nova
  • ワンナップ英会話
編集
編集

「英語によって英語を学ぶ」という方式はベルリッツ方式として有名です。日本では「教室内日本語禁止」というコンセプトで1990年ぐらいから急速に広がりはじめた学び方ですね。

オンライン英会話スクール

オンライン英会話スクールは、パソコンスマートフォンタブレットコンピュータを使用しインターネットで講師と学習者を結んで学びます。かつてはSkypeを使うスクールがほとんどでしたが、最近はZoomが主流となり、またWebブラウザ上で動きソフトウェアインストール不要な独自のレッスンツールを開発するところも増えています。

高速インターネット環境さえあれば、どこでも学べるのが特長です。

主なオンライン英会話スクール

  • 学研のオンライン英会話 Kimini英会話
  • QQイングリッシュオンライン
  • Weblio英会話オンライン
  • スパトレ
  • CAMBLY(キャンブリー)
  • ウィリーズオンライン英会話
  • Bizmates
  • レアジョブ英会話
  • 産経オンライン英会話Plus
  • DMM英会話
編集
編集

今世紀初頭からサービスをはじめたところもありますが、数年前から急速に低料金化が進み、さらに2020年からのパンデミックで群雄割拠の感がありますね。

一見したところ、通学型スクールには20年以上の長い歴史のあるところが多く、一方オンラインには最近設立された新しいスクールが多いようです。

大人向け通学型英会話スクールのメリットとデメリット

通学型オンライン、英語の学び方によって、それぞれに長所と短所があるようです。ここではまず、通学型英会話スクールで学ぶメリットとデメリットを紹介します。

通学型英会話スクールのメリット

メソッドの確立したスクールが多い

現在展開されている通学型英会話スクールの多くは、長い年月にわたる熾烈な競争勝ち抜いてきました。それはもちろんきちんとした学習成果を挙げ、受講者に満足感を提供してきた実績にほかなりません。伝統のブランド信頼感の裏付けでもあります。

講師と直接会って話して実感の伴った英語が学べる

通学型のメリットはやはり講師同じ空間を共有できること。最近のオンラインツールは進歩してリアルなコミュニケーションが可能になりました。とはいってもやはりパソコンやタブレットの画面上の講師と会話をしているのは靴の上から足をかいているようなじれったさを感じる人も多いでしょう。

仕事や学校の帰りに立ち寄りやすい

通学型英会話スクールの教室の多くは東京でいえば新宿渋谷銀座、大阪なら梅田・心斎橋、名古屋ならといった繁華街に立地している場合が多いです。定時に終われる仕事に就いている人なら、仕事帰りにちょっと立ち寄って英語学習というライフサイクルがつくれます。

日本のことをよく知っている講師に当たりやすい

基本的に通学型スクールの講師は、①日本に生まれ育った人、②何かの事情で日本に滞在しているネィティブスピーカーのどちらかになります。生活の基盤を国内においている人たちだけに、日本の文化や生活に関して共通の話題を持てるメリットがあります。授業でつまづいたときには、そっと日本語でサポートしてくれるのもありがたいところです。

困ったことは日本語がわかるスタッフに相談できる

通学型スクールの教室には受付オフィスがあり、そこには日本語がわかるスタッフが常駐しています。レッスンや手続上に困ったときには、日本語で質問して解決できる。不要なトラブルをふせぐためにはたのもしい存在です。
編集
編集

人と人とのふれあいを求めるなら、やはり通学型?なるほどですね。一理あります。

通学型英会話スクールのデメリット

感染リスクはゼロではない

もちろん、どのスクールでも行政の指導に従って感染対策を行っています。とはいうもののマスクをして、換気をきちんとした室内でも、感染リスクを完璧にゼロにすることは不可能といえます。神経質な人はどうしても気になりそうです。

生活基盤が都市部にないと通いにくい

通学型スクールの教室展開は、どうしても都市部の中心地ビジネス街の近くになりがちです。このために、都市部に出向く用事のあまりない在宅ワーカーなどにとっては、英語学習のために1時間2時間もかけて通うようなことになり、思わぬ不便になってしまいがちです。

やはり料金はオンラインに比べて割高になる

都市部を中心に教室に展開する通学型スクールの場合、家賃など教室の維持コストが高い、講師の給与もフィリピンや東ヨーロッパ在住者に比べると高額になるなどの理由で思い切ったコストダウンができない環境にあります。このためにオンラインに比べると、どうしても割高感はいなめません。
編集
編集

いいレッスンのために高いお金を出すのはいいけれど、教室の維持費のために授業料まで高くなるのは、確かにちょっと疑問を感じるところですね。

大人向けオンライン英会話スクールのメリットとデメリット

これに対して、2019年からのパンデミック以降急速に広がってきた感のあるオンライン型英会話スクールはどうでしょうか?ここではオンライン英会話スクールのメリットとデメリットを紹介します。

オンライン英会話スクールのメリット

毎日英語をアウトプットできる

オンライン英会話スクールでは当たり前だけれど、通学型ではほとんどないのが「毎日○レッスン学び放題」というスタイルです。このシステムを賢く使えば文字通り毎日ネィティブスピーカーと英会話ができます。アウトプット量が多ければ多いほどこなれた英語が獲得できるのはいまや常識、この点ではオンライン型に軍配が上がりそうです。

講師を指定できるスクールが多い

多くのオンライン英語スクールでは、講師の空き状況を見て予約するスタイルをとっています。早め早めに予約をとることで、いつもの先生を指定してレッスンを受けることができます。受講者の癖や弱点をよく知っている講師から学ぶことで英語の上達スピードアップできそうです。

日常のなかで英語を学べる

オンライン英会話スクールのレッスンは高速インターネットさえあれば家庭にあるパソコンやスマートフォン、タブレットコンピュータを使って受けられます。従来はSkypeZoomなどのソフトウェアが必要でしたが、近年はWebブラウザ上で動く専用レッスンツールで学べてソフトウェアインストールしなくてもいいスクールも多くなっています。テレワーク在宅ワーク家事ゲームの手をちょっと止めればネィティブスピーカーのレッスンを受けられるは大きな魅力です。

教材もネット上で共有するので買わなくてもいい場所も取らない

従来の英会話スクールではテキスト購入は必須であり、料金的な負担になるのと当時に、家のなかでは場所を取り、通学中はかばんが重くなるデメリットがありました。現在のオンライン英語スクールはほとんどが教材画面上で共有できるのでテキスト代ゼロ。レッスンの前後にWeb上で見て予習・復習もなんなくできます。

料金を比べると圧倒的に通学型スクールより安い

かつて「ネィティブ講師からレッスンを受けられる」通学型スクールが登場したとき、多くの人は驚いて高額のレッスン料を払う価値を認めたものでした。しかしいま、インターネット技術の進歩のなかで、海外に在住するネィティブスピーカーとコミュニケーションをとるのは、いともたやすいことになってきました。価格破壊と言われるほどにオンライン英会話スクールの料金が安くなったのは、ここに理由があり、コストパフォーマンスの面では圧倒的にオンラインの勝ちといえそうです。
編集
編集

自分のデスクに座ったままで、世界中の講師と動画付きの会話ができるのは、少し前なら考えられない進歩ですよね。テクノロジー万歳!

オンライン英会話スクールのデメリット

機材を買わなきゃはじまらない

オンライン英会話スクールを受講するために高速インターネット環境パソコンスマートフォンまたはタブレットコンピュータが必要というのは、どうしても変えられない条件です。これらの機材がない人は購入が絶対条件となり、これを負担に感じる人もいるかもしれません。

レッスンが体系的でないスクールもなかにはありそう

オンライン英会話スクールのメリットは、なんといっても「いっぱい話せる」ことでしょう。でもフリートークばかりをいくら重ねても文法知識専門的なボキャブラリーはなかなか伸びないかもしれません。これらをカバーする正しいメソッドカリキュラムがあれば問題はありませんが、そのへんの「学ぶ部分」をどう考えているか、はじめる前に確認してみるといいですね。

回線トラブルはゼロではない

ちょっと前に比べれば、現在の通信回線格段に安定しています。レッスン中に音が途切れたり、最悪の場合は回線が突然遮断されるというようなトラブルはほとんどないと言っても過言ではありません。しかしそれでもゼロではない回線トラブルのためにレッスンができないストレスはオンライン英会話スクール受講者の多くが経験してきたことでしょう。
編集
編集

通学型英会話スクールでも電車やバスが事故などで止まることはあるので、どっちもどっちと言えるかも。以前は頻発していた通信トラブルも最近は安定して「どっちもどっち」と言えるぐらいには少なくなってきたようです。

初心者におすすめの大人向け英会話の選び方

英会話スクールはどのように選ぶと良いのでしょうか?選び方のポイントを4つ紹介します。

継続しやすい体制が整っている教室を選ぶ

英語を身につけたいと英会話スクールを利用し始めるときには、継続のしやすさがポイントです。続けやすい体制が整っていれば、途中で挫折する可能性を低く抑えやすいでしょう。

例えばレッスンでつまずいた箇所を気軽に質問できるサポート体制があれば、ついていけずそのまま辞めてしまうという事態を避けられます。また定期的にカウンセラーと面談できる仕組みがあれば、学習のモチベーションを高くキープしやすいでしょう。

他にも無料の添削・セミナー・異文化交流のイベントなどを行っている英会話スクールもあります。自分が活用しやすい体制であることを確認し選ぶのがおすすめです。

講師と相性のよい教室を選ぶ

講師との相性は、学習内容の理解やモチベーションに影響します。相性が合う講師のいる英会話スクールを選ぶと、積極的に英会話の学習に取り組めるでしょう。講師の雰囲気はスクールごとに 異なるため、まずは無料体験を受けるのがおすすめです

中にはレッスンを担当する講師を選べないスクールもあります。毎回同じ講師にレッスンをお願いしたいなら、指名ができるかも確認しましょう

なりたい英語レベルを達成できる教室を選ぶ

目標とする英語レベルに到達できる学習ができるかも、教室選びの重要なポイントです。あなたはどのような目的で英会話スクールへ通うのでしょうか?

海外旅行でコミュニケーションを楽しみたいなら、簡単な日常会話ができれば十分でしょう。一方、ビジネスで英語が必要なのであれば、業界特有の言葉もおぼえなければいけません。

到達したいレベルまで学べるか、コースの内容をよく調べたうえで利用するのがおすすめです。

職場や自宅から無理なく通える教室を選ぶ

英会話スクールの立地も確認しましょう。評判が良いからと通いにくいスクールを選ぶと、徐々に足が遠のいてしまうかもしれません

自宅や職場の近くにありアクセスが良好であれば、英会話スクールへ無理なく通えます。

大人向け英会話スクールの申し込みまでの流れ

大人向け英会話スクールへ通い始めるには、スクールの絞り込み・無料体験レッスン・申し込み、の3ステップがあります。それぞれのステップですべきことをチェックしましょう。

1.自分に合いそうなスクールを3校程度に絞り込む

まずは英会話スクールのカリキュラムや費用から自分に合いそうなスクールを3校程度に絞りましょう。英会話スクールの選び方で紹介した以下の4点を参考に選びます。
  • 継続しやすい体制が整っている
  • 講師と相性がよい
  • なりたい英語レベルを達成できる
  • 職場や自宅から無理なく通える

2.無料体験レッスンを受ける

選んだ3校で無料体験レッスンを受けましょう。実際にレッスンを受けることで、スクールの雰囲気やレッスンの進め方が自分に合っているかわかります

無料体験レッスンのときには、学習内容についてはもちろん、コース・料金・スケジュールについても相談可能です。疑問に感じているポイントを質問することで、十分納得し申し込むスクールを決められます。

3.自分に合ったスクールに申し込む

無料体験レッスンをとおし自分に合うスクールを選んだら、実際に申し込みましょう。申し込み方法はスクールごとに異なります。

インターネットのフォームで申し込み、返信が来てから日程を調整するケースや、会員登録を行いコースや講師を選んで受講する方法などが一般的です。

大人向け通学型とオンライン英会話スクールの比較


通学型 オンライン
学習場所 教室は都市圏に集中 インターネット設備さえあれば場所は選ばない
講師 教室の近くに在住する講師に限られる。ネィティブ講師の絶対数は限られる スクールと契約のある世界中の講師。ネィティブ講師も選びやすく、質重視
授業時間 昼間~夜間の早い時間に限られる スクールによっては365日24時間受講可能
拘束時間 通学の時間が必要 レッスン時間以外の時間拘束なし。テレワークから一瞬で切り替えるのも可能
設備・機材 必要なし パソコン、スマホまたはタブレットコンピュータと常時接続のインターネット環境が必要
ホワイトボードなど 普通の学校と同様に利用可能 最近の技術の進歩のなかで、画面共有、テキスト共有、フリーハンドの書き込みなども可能になってきた
同級生や講師とのコミュニティ活動 グループレッスンの場合には可能 チャットやグループウェアに限られる
質問 しやすい 英語が十分に上達していないとうまく通じないケースもある
料金 比較的高価格。最低でも2,000円/30分程度はかかる 比較的低価格。学び放題を利用すると200円/30分程度で学べるところも
編集
編集

やっぱりコストパフォーマンスではオンラインの勝ち。まず、手軽なオンラインからスタートして、より専門的な内容に移りたくなったときには、通学型も利用するという使い分けする人もいるようですね。

大人向け英会話教室おすすめ9選

このようにオンライン英会話スクール通学型英会話スクールを比べてみて「私はオンラインが向いているかな」「私はあえて通学型にチャレンジ」という方向性が見えてきた人もいるでしょう。

でも、オンライン/通学型ともに研究してみると、スクールごとにさまざまな特徴があるようです。ここでは、コエテコが独自の基準で選定した有名無名は関係なく、この観点で選ぶならおすすめ!なスクールを紹介します。

粒ぞろいの講師で選ぶんなら学研のオンライン英会話Kimini


スクール名 オンライン英会話Kimini
料金 スタンダードプラン:6,028円
ウィークデイプラン:4,378円
月2回プラン:1,078円
など
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル オンライン
レッスン受付時間 6:00~24:00
特典 無料体験レッスン10日間
公式HP https://kimini.online/

学研のオンライン英会話Kiminiは、70年以上の歴史をもち日本の教育をリードしてきた学研グループの一員として人気を集めるオンライン英語スクールです。その特徴は、きめ細かな指導の講師陣。フィリピン出身者を中心に構成される講師陣は、2週間にわたるeラーニングによる研修を受け、どの講師を指名しても確実に一定以上の水準のレッスンを提供してくれる抜群の安心感があります。

学研譲りの教材力や、データを重視して指導やサービス向上に役立てていくバックアップ体制も好評。低価格でも安心して学習に専念できる環境があります。

ここがポイント!

  • 講師全員2週間のeラーニングを受けば、どの講師を指名しても確実なレッスン
  • 常に十分な人数の講師が待機して、当日予約でも確実なレベルのレッスンを提供
  • 学研ゆずりの教材力+教える力で確実な英語力向上を実現

\\ライターの体験レポートはこちら//

学研のオンライン英会話Kiminiはこちら

相談に乗ってもらえるオンライン英会話スクールならQQ Englih®オンライン


スクール名 QQ Englih®オンライン
料金 月4回コース:2,680円
月8回コース:4,380円
月16回コース:7,348円
月30回コース:10,648円
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル オンライン
レッスン受付時間 24時間
特典 無料体験レッスン2回
公式HP https://www.qqeng.com/

QQ English®オンラインは「教師はすべて正社員プロ教師から学ぶ英会話」というキャッチフレーズで展開しているスクールです。指導に当たる講師はすべて正社員として雇用され、国際資格TESOLの取得も義務づけられています。

また、初心者でも迷わずに自分に必要なレッスンを受けられるよう、日本語が話せる国内スタッフによるチャットやメールによるサポートも好評。使いやすくて、月会費を無駄にしない人気の月8回コースなどきめ細かい配慮が行き届いているスクールです。

ここがポイント!

  • 教師はすべて正社員。プロ教師から学ぶ英会話
  • カリキュラムの選び方から回線トラブルまで日本語がわかるスタッフがサポート
  • 月会費を無駄にしない月8回コースが好評
QQ English®オンラインはこちら

言語教育の裏付けあるカリキュラムを希望するならスパトレ


スクール名 スパトレ
料金 スパトレプラン:4,900円
無制限プラン:6,380円
(税込・税抜表記なし)
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル オンライン
レッスン受付時間 24時間
特典 7日間無料トライアル
公式HP https://sptr.jp/

スパトレは、実力に応じた学習と、徹底的な予習・復習で身につける「本当の英語力」を得られると定評のあるオンラインスクールです。オンラインレッスンを受けるだけではなく予習・復習を必須として学習習慣のつくプログラムを用意。プロのトレーナーが自習・学習をサポートしていきます。

バックグラウンドにあるのは第二言語習得論にもとづく学習法。言語教育の専門家であるケース・ウェスタン・リザーブ大学 白井恭弘教授の監修による科学的で確実に身につく英語力を提供していきます。

ここがポイント!

  • 実力に応じた学習と徹底的な予習・復習で「本当の英語力」を身につける
  • 第二言語習得論にもとづく科学的な学習方法
  • 言語教育の専門家である大学教授 白井恭弘氏の監修によるカリキュラム
スパトレはこちら

1レッスン106円~という低価格を魅力に感じるならWeblio英会話


スクール名 Weblio英会話
料金 毎月4レッスン:2,728円
毎月8レッスン:3,978円
毎日1レッスン:5,778円
など
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル オンライン
レッスン受付時間 24時間
特典 無料会員登録後3日以内の有料プラン申し込みで、毎月8レッスン・毎日1レッスンの初月料金50%返金
公式HP https://eikaiwa.weblio.jp/

Weblio英会話はWeb上で無料提供されているオンライン英和・和英辞典で、この国の英語力向上に多大な貢献をしてきたWeblioが運営するオンライン英会話スクールです。講師は大卒者または、自社開発の英語試験をクリアした人材のなかから厳選され、Weblioならではの総合力で受講者の英語力向上を確実にバックアップしていきます。

Weblio英会話のもう一つの特徴は、その料金体系。毎日学習コースはもちろん、1日のレッスン回数が増えるごとに1レッスンあたりの料金が安くなる料金プランは、短期集中して英語力を向上させたい受講者に大変好評。毎日4レッスンを選択し半年分前払いすれば、1レッスン(25分)あたり106円(税込)で受講できます。

ここがポイント!

  • オンライン英和・和英辞典で有名なWeblioが運営しているオンライン英会話
  • 大卒または自社開発の英語試験をクリアした人材のなかから厳選された講師陣
  • 1日のレッスンを増やすほどに1レッスンあたりが低価格に、最低1レッスン106円(税込)で受講可能

Weblio英会話はこちら

3か月でビジネス英会話を習得するライザップイングリッシュ


スクール名 ライザップイングリッシュ
料金 英会話コース16回:437,800
英会話コース32回:723,800円
TOEIC® L&R TEST スコアアップコース16回:437,800円
TOEIC® L&R TEST スコアアップコース32回:723,800円
※最大60回払いの分割払い
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル 通学、オンライン
レッスン受付時間 7:00~23:00
特典 無料カウンセリング
公式HP https://www.rizap-english.jp/

あのライザップが手掛けるライザップイングリッシュでは最短3か月でビジネス英会話を習得する独自のカリキュラムや教材を提供。受講者の7割以上がビジネスパーソンで、英語を使った会議やプレゼンのスキルはもちろん外資系への就職や海外移住を考えている人など幅広い目的に対応可能です。

カリキュラムは専属トレーナーによる完全オーダーメイドの学習設計。起床時間や退社時間などの生活スケジュールに合わせて継続可能な学習プランを提案します。ライザップといえば指導が厳しいイメージもありますが、学習習慣実感度は94%と受講生の満足度も高いオンライン英会話スクールです。

ここがポイント!

  • 給付金利用可能&30日間の全額返金制度ありで、始めやすい
  • トレーナーにLINEでいつでも相談できる
  • オンラインのみの受講はもちろん通学との併用も可能
ライザップイングリッシュはこちら

担任講師とマンツーマンで学びたいならウィリーズ英語塾


スクール名 ウィリーズ英語塾
料金 社会人コース1回 50分:4,400~19,250円
社会人コース1回 25分:2,640~10,780円
など
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル オンライン
レッスン受付時間 要問い合わせ
特典 無料で使えるシャドーイングアプリ
公式HP https://williesenglish.jp/

ウィリーズ英語塾は、オンラインでは珍しく担任講師制をとっている英会話スクールです。毎回同じ一人の講師が授業を担当し、受講者一人一人の習熟度や性格・弱点までを熟知しながら指導にあたるので効率的な学習が進むと定評があります。

またカリキュラムも、単に英会話学ぶのではなく、4技能(聴く/読む/話す/書く)・6つの力(音声認識力/文章認識力/意味理解力/要約力/発話力/文章力)からなるトータルな英語力を提供していきます。

ここがポイント!

  • オンライン英会話スクールには珍しい担任講師制
  • それぞれの目標に合わせてレッスン内容も担任講師がカスタマイジングして提供
  • 4技能・6つの力からなる英語の総合力をトレーニングで提供する

ネィティブ講師の数で選ぶならCAMBLY(キャンブリー)


スクール名 CAMBLY(キャンブリー)
料金 1日あたり15分で週3日:5,714円(12か月払い)
1日あたり30分で週3日:9,354円(12か月払いで)
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル オンライン
レッスン受付時間 24時間
特典
公式HP https://www.cambly.com/

CAMBLY(キャンブリー)は「ワンタッチで世界中のネィティブ講師と英会話」をキャッチフレーズに展開しているオンライン英会話スクールです。講師の構成が特定の国にかたよっているスクールと異なって、アメリカイギリスオーストラリアなど世界中のネィティブ講師が選択可能。時差の壁を超え24時間365日、いつでもレッスンが受けられます。

受けたレッスンは自動的に録画されるので、いつでも復習可能。またスマホアプリでのレッスンも可能と技術面でのバックアップも万全です。

ここがポイント!

  • アメリカ・イギリス・オーストラリアなど世界中のネィティブ講師の授業を24時間365日受講可能
  • 受けたレッスンは自動的に録画されるので、何回でも見て復習可能
  • スマホでもパソコンでも、いつでもどこでもレッスン開始
CAMBLY(キャンブリー)はこちら

オンラインでも通学型でも選べるECC外語学院


スクール名 ECC外語学院
料金 日常英会話コース:マンツーマンレッスン13,323円~
グループレッスン16,300円~(年間申込みの場合)など
オンライン:4,152円~
レッスン形式 マンツーマン、グループ
学習スタイル 通学、オンライン
レッスン受付時間 ECC外語学院の営業時間は要問い合せ
ECCオンライン英会話の開講時間は10:00~24:00
特典 無料体験レッスン
公式HP https://www.ecc.jp/

ECC外語学院は、1962年創業以来60年間語学教育に関わってきたECCグループが運営する総合語学教育期間です。全国に約150校を展開する通学型英会話スクールに加え、オンラインによる日常英会話・ビジネス英会話・英語資格コースなど、語学に関することならば必ず応えるフルラインのサービス体制をとっています。

日本人が弱いといわれる「自分から発信する力」を引き出す独自のELICITメソッドで英語知識だけではなくコミュニケーションの向上までを図っていけます。

ここがポイント!

  • 60年間語学教育に関わってきた総合語学教育期間
  • オンラインでも通学型でも学べるフルライン体制
  • 英語だけでなくコミュニケーションまで学べる独自のELICITメソッドが好評

通学型+マンツーマンレッスンをお手頃価格で受けたいならワンナップ英会話


スクール名 ワンナップ英会話
料金 レギュラーコース70回、12か月:約38,461円(合計費用461,538円)
デイタイムプラン70回、12か月:約35,933円(合計費用431,200円)
レッスン形式 マンツーマン
学習スタイル 通学、オンライン
レッスン受付時間 通学:平日12:00~21:00(品川校のみ13:00~22:00)、土日祝10:00~19:00
オンライン:平日12:00~21:00、土日祝10:00~19:00
特典 TOEIC無料受験
英文添削無料
公式HP https://www.oneup.jp/

ワンナップ英会話は、新宿、品川、銀座、恵比寿、横浜と首都圏5つの教室を展開し、マンツーマンの英語教育を提供するスクールです。「通学型+マンツーマンだと受講料も高額になる」という常識と戦いながら、大手英会話教室に加えて1年間のコースで10~20万円低価格な受講料を実現してきました。

レッスン時間も他校と比べて25%長い50分間。上達のスピードを加速させるアドバイザー、生徒同士のコミュニティなど学習者を支えるバックアップ体制も充実しています。

ここがポイント!

  • 新宿、品川、銀座、恵比寿、横浜と首都圏に5つの教室を展開
  • マンツーマンのレッスン、1年のコースで大手より10~20万円低価格を実現
  • レッスン時間は他校より25%長い50分間。アドバイザーやコミュニティなどバックアップ体制も充実
ワンナップ英会話はこちら

まとめ|一つでも多くのスクールを見て、自分に合った学び方をさがそう

ここまで見てきたように、オンライン英会話スクール通学型では、さまざまな違いがあります。また、オンライン同士でも、それぞれ独自のメソッドシステムを導入して個性的な英語教育を行っています。

コエテコは学習者の数だけ最適な学習方法があると考えます。もしもあなたが「オンラインはどこもそんなに違わないから、価格の安いところに決めよう」「有名スクールなら間違いない」と考えているなら貴重な時間を損するかも。

幸い、ほとんどのスクールでは無料体験を実施しています。できれば少しでも多くのスクールを体験して、その違いを理解した上で、最適な学び方を発見してください。
編集
編集

スクールを比較してみることで、自分の課題や学ぶべき英語も見えてくる。これ、ほんとです。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール!

  • DMM英会話 120カ国以上の講師人が在籍で自分に合った講師が選べる!自由度の高いレッスン&スキマ時間に学習可能!

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • Weblioオンライン英会話 全教材が無料で利用可能!教育機関での利用率No.1な高品質なレッスンが魅力!

  • ネイティブキャンプ 業界初!レッスン回数無制限が魅力!日本人カウンセラーのカウンセリングで安心

  • レアジョブ英会話 スピーキングテスト機能&自動録音機能が魅力!国際基準(CEFR)に基づいた成果につながる教材も

  • ECCオンラインレッスン ECCの60年以上のノウハウを凝縮した反復学習が魅力!高品質な教育提供を証明する国際規格ISOを取得!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 英会話はまったくの初心者です。グループレッスンとマンツーマンではどちらがおすすめですか?

    答え グループレッスンとマンツーマンレッスンはそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどれがいいとは言えません。ただし、英語力にまったく自信がないという方はまずはマンツーマンレッスンで基礎力をつけるのがおすすめです。マンツーマンレッスンであれば自分のペースで進められるので、分からないことがあれば遠慮せず講師に質問もできますし、適切なアドバイスや指導を十分受けられます。基礎がある程度身についてからグループレッスンを受けてみるというのもよいでしょう。

  • 質問 英会話教室の料金の相場はいくらくらいですか?

    答え 英会話教室の料金の相場はレッスン内容や回数によって異なります。支払い方法は大きく分けて2つ、月謝制と回数制があり、別途で入会金と教材費がかかる英会話教室もあります。月謝制は毎月定額の料金を払いと、回数制は先に数十回や半年分などをまとめて支払う必要があります。月謝制の相場はグループレッスンが平均15,000円(月額)、安いところでは2,000円(月額)。マンツーマンレッスンが平均30,000円(月額)、安いところでは数千円〜10,000円程度と幅があります。

  • 質問 英会話の指導に当たってくれるのは、どんな国の先生たちですか?

    答え 英会話教室の指導者は大きく分けて①ネイティブ②英語が堪能なバイリンガルの日本人③英語が堪能なノンネイティブの講師の3つ。ネイティブの講師の出身は英語が第一言語のアメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国などです。その他にも第二公用語として英語が使われているフィリピンの講師もオンライン英会話などで人気です。英語が話せるイコール英語を教えるのがうまいというわではありませんし、さまざまな国の人と共通言語として英会話をするのであれば国籍にはこだわらずさまざまな国の英語に触れるのもおすすめです。

  • 質問 毎週同じ先生が英会話を教えてくれるのですか?

    答え 基本的に固定制・担任制の英会話スクールが多いです。固定制・担任制のメリットは顔見知りの相手になるので初対面でも緊張せずにリラックスして会話に入れることがあげられます。また、自分の英語のレベルのよく理解してもらえるので、授業もやりやすいという点があります。ただし、マンツーマンのオンライン英会話などは人気の講師に生徒が集中するため、マッチする講師が見つかってもなかなか予約が取れない可能性もあります。人気の講師の英会話を受けるためには決まった曜日で早めに予約を取ることをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールに通っても思うように英語力が伸びないと聞いたのですが?

    答え 確かに、英会話スクールに一定期間通っても上達しない方は一定数いらっしゃいますが、TOEICのスコアアップやビジネスに生かしている人もいるため、成果が出るかどうかはその人次第と言えます。成果が出る人とそうでない人の違いは絶対的な学習時間の差です。英会話スクールの有無に限らず、自ら英語を勉強する習慣がついている人はどんどん上達していきますし、そうでない人では一向に上達しません。米国国務省の付属機関、FSI(Foreign Service Institute:外務省職員局)によると、「スピーキングとリスニングにおいて、一般的な専門能力を身につけるための時間は約3000時間」とされています。

  • 質問 「グループレッスンだと英語を話すチャンスが少ないので、効果もない」というのは本当ですか?

    答え 確かに、マンツーマンレッスンに比べてグループレッスンは受講生一人が会話できる時間が限られるため、積極的に会話をしにいけない性格の方やスピーキング量を確保したい方にとっては物足りなく感じるかもしれません。しかし、グループレッスンならではのメリットとして「人前で英語を話す度胸が身に付く「他の受講生から学ぶ機会」「マンツーマンレッスンに比べて料金が安い」といったものが挙げられます。グループレッスンのメリットを生かしつつ、会話時間を確保したいという方はマンツーマンレッスンも組み合わせて受講することをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールで講師が合わないと感じた場合、講師の変更を申し出ても良いのでしょうか?

    答え 講師一人でやっている個人経営の英会話スクールではない限り、マンツーマンレッスンとグループレッスンどちらもコースに生徒の空きがあれば講師の変更は可能です。ただし、グループレッスンの英会話スクールの場合はコースやレベルごとに講師が固定している場合もあるため、同じコースやレベルでの移動ができないこともあります。まずはスクールカウンセラーに相談して、講師の変更ができるかどうか確認しましょう。どんな理由で変更したいのか具体的に説明すると、自分の希望に合う講師に変更してもらいやすくなります。