口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

【動画編集スクールは無駄?】「意味ない」と言われる理由とは?

YoutubeやTikTok人口の増加にともない、動画発信が身近なものとなりつつある昨今。副業として動画編集クリエイターを目指す人も増えています。ネット上では様々なノウハウが公開されている中、「動画編集スクールで実践的なノウハウを学びたい」と考える人もいるのでは。

しかし動画編集スクールは「無駄」「意味ない」との声もききます。今回は動画編集スクールは本当に無駄なのか。無駄にならないためにどうすべきかを解説します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画編集スクールが「無駄」と言われる理由は?

動画編集に関するスキルを学べる動画編集スクール。初心者が動画編集クリエイターとして稼げるスキルをイチから身に着けるには、独学で学ぶより動画編集スクールに通う方が近道です。「受講して良かった」という人がいる一方、「無駄」「意味がない」と言われる原因は「スクール選びで失敗してい」ことが関係しています。

動画編集スクールによって、カリキュラムやレベルも様々です。ある程度の基礎知識がある方にとっては、初心者向けカリキュラムでは物足りないと感じることもあるでしょう。中には、YouTubeで学べるような初歩的なノウハウだけを教えるスクールも存在します。カリキュラムを事前にしっかり確認し、自分の学びたいことを学べるスクールを選ぶことが重要です。

また、スクールによっては使用する動画編集ソフトが古いことがあり、トレンドにあった学習をしたい方にとっては不安が残ります。現役クリエイターが講師を勤めるスクールを選ぶと、最新のトレンドを知ることができ、案件獲得に有利に働くことも。最新の技術で実践的なノウハウが学べるスクールを選びたいところですね。

動画編集スクールが向いていない人の特徴

効率的に動画編集の実践スキルが学べる動画編集スクールですが、中には合わない人もいます。以下は、動画編集スクールに通うことが向いていない人の特徴です。
  • 積極的に取り組む意欲がない人
  • スクールに通えばすぐに稼げるようになると思っている人
  • 人とのコミュニケーションが嫌いな人
  • 独学で自分のペースで勉強できる人
受け身の人は動画編集スクールには向いていないと言えます。スクールでは実践スキルを学び、実用書に書いていない内容も学べますが、進んで自分から学ぶ姿勢が必要です。ただ情報をインプットするだけでなく、学んだスキルを使って「やってみよう」と手を動かす意欲がなければ、知識を自分のものにすることも稼げるクリエイターになることも難しいでしょう。

疑問点があれば講師に質問したり、周りの受講生と情報交換することもスキルアップする上で重要です。そのためコミュニケーションが苦手な人は、動画編集スクールに通うことが辛く感じるかもしれません。卒業後独立してクリエイターとして案件を受注する際には、クライアントとのコミュニケーションは避けては通れないため、最低限のコミュニケーションスキルは必要になります。

また、スキル獲得までの道筋がしっかり立っていて、自分のペースで調べながら学習したい人は独学で学ぶ方が向いていると言えるでしょう。

動画編集スクールを無駄にしないための3つのポイント

動画編集スクールを無駄にしないために、注意すべき3つのポイントをご紹介します。

【ポイント①】サポート体制の充実した動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールを無駄にしないためには、スクール選びが最も重要です。目的に合ったカリキュラムを受講できることにあわせ、サポート体制が充実しているスクールを選びましょう。もし受講後転職したい方は、転職支援のサポートを受けられるスクールがおすすめですし、副業・フリーランスで仕事をしたいと考えているのであれば、案件の獲得サポートを受けられるスクールを選ぶとよいでしょう。

また、動画編集クリエイターとして働くには、自身のスキルを証明するためのポートフォリオが必要となります。企業へのアピールポイントをしっかり抑えたポートフォリオが作れれば、案件を受注しやすくなるため、動画編集について学びながら並行してポートフォリオ作成もサポートしてくれるかもチェックしておきましょう。

【ポイント②】スクール受講中は積極的に学習する姿勢をもつ

動画編集スクールの受講中は、受け身にならず積極的に学習する姿勢をもちましょう。わからないことがあればすぐに質問できるのが動画編集スクールの醍醐味。モチベーションの低下につながりかねないので、不明点はそのままにせず積極的に質問しましょう。

対面だとその場で質問できますが、オンライン動画で受講するスクールの場合、学習中にオンラインのチャットなどでいつでも講師に質問や相談ができるか、事前に確認しておくと安心です。

【ポイント③】スクール卒業後も学び続ける

稼げる動画編集クリエイターになるためには、動画編集スクール卒業後も学び続けることが重要です。カリキュラムを終了したら終わりではなく、卒業してからが動画編集クリエイターとしての本当のスタート。受講したから稼げるという甘い考えを捨て、常に情報収集に務めましょう。一つ一つ案件を獲得し成功体験を積み重ねることで、実践力を高めていくことができます。

動画編集のスキルに加えてwebマーケティングスキルやディレクション能力を身に着けることで動画編集クリエイターとしての市場価値を高めることができます。長期的なキャリアプランをしっかり立て、長く活躍できるためにはどうしたらよいか、常に考えるよう意識するとよいでしょう。案件を獲得できることにつながり、長く活躍できる動画編集クリエイターになれるでしょう。

おすすめの動画編集スクール4選

動画編集の学習に挫折した経験があるなら、動画編集スクールを利用してみては?現役動画クリエイターが、動画編集のコツをわかりやすく指導するため、短期間で動画編集スキルが身に付きやすいことがメリットです。ここでは、おすすめの動画編集スクール4選を紹介します。

デジハク

出典:デジハク
動画編集を最短で仕事にするためのカリキュラムと環境を整えているのがデジハクの特徴です。受講生の9割以上が未経験から動画編集について学び、副業やフリーランスとして活躍しています。学習システムは分かりやすく体系化されていて、未経験でも迷わず学習可能です。
学習システムには以下を含む300項目以上の動画教材が格納されています。
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Adobe illustrator
  • Adobe Photoshop
  • 各SNS媒体向けの動画広告
  • 企業やサービスのPR動画
  • テキストアニメーション
  • サムネイルなどのグラフィック制作
講座内ではさまざまな作品の制作も行います。添削を受けながらオリジナルの動画を追加していけるため、全てを受講し終えるとポートフォリオが完成する仕組みです。

学べるのは動画作成に必要なスキルだけではありません。リテラシーに関する講座も充実していて、副業の始め方や業務フローについても身につけられます。

さらに疑問をすぐに解消できる「個別チャット」、モチベーションキープに役立つ「オンライン面談」、スキルアップにつながる「添削サポート」、副業をサポートする「副業相談&技術サポート」といった支援も充実しており、学んだスキルを仕事につなげやすい体制が整っています。現役フリーランスの講師陣がサポートしてくれるので、案件獲得までの行動方法まで学ぶことができます。
デジハクはこちら

DMM WEBCAMP

出典:DMM WEBCAMP
転職・副業サポートが手厚いのは、DMM WEBCAMPです。DMM WEBCAMPの「動画クリエイターコース」は、構成から納品までの流れを通して実践的な動画編集スキルが身に付けられることが強み。チャットサポートは15~23時までで、疑問点をすぐに質問できることが特徴です。

Adobe Creative Cloudコンプリートプランを2ヶ月分無償提供されるから、Adobeのソフト各種を扱いたい人向けのコースだといえるでしょう。

動画クリエイターコースでは、以下のような内容を学びます。
  • インタビュー動画制作
  • 企業ビデオパッケージ制作
  • オリジナル動画の制作
  • 構成書の理解
  • 動画制作工程の実践
なお、週に2回、1回25分のマンツーマンメンタリングが定期的に実施されます。学習方法に不安がある人は、メンタリングで相談するようにしたいですね。専用システムが導入されているから、自分の学習進捗状況を客観的に把握することも可能です。最終課題としてポートフォリオを制作するため、案件獲得などに活かすこともできますね。

受講料は、4週間プランが169,800円(税込)、8週間プランが224,800円(税込)、12週間プランが279,800円(税込)、16週間プランは334,800円(税込)となっています。延長料金は88,000円(税込)なので、自分が納得するまで学習できる動画編集スクールです。
DMM WEBCAMPはこちら

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

出典:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
9万人を突破する卒業生を輩出してきたのは、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGです。デザインや3DCG、ドローンなど、幅広いコースを用意していることが特徴です。「専科ネット動画クリエイター専攻」では、120日間でプロの動画編集クリエイターとして活躍できるスキルを習得できます。

専科ネット動画クリエイター専攻コースでは、以下のような内容を学べます。
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • DaVinci Resolve
  • 動画撮影
  • ネット動画制作実践
  • 企画・構成
  • 動画マーケティング
  • クオリティアップのためのコンテンツ制作
動画編集における最新トレンドを、現役映像クリエイターが直接講義することで人気を集めています。回数や時間数の上限は定められていないため、スキルを十分に習得できるまで、何回でも受講することが可能です。アウトプット課題が豊富に用意されており、動画制作の一連の流れを学べるカリキュラムとなっています。

第一線で活躍するビデオグラファ―が、撮影機材の選び方や映像業界の最新トレンドなどを丁寧に指導します。授業スタイルは対面授業とオンライン授業から自由に選べるため、忙しい人でも学習しやすいことがメリット。

受講料は公式サイトに記載されていないので、気になる場合は授業見学や無料体験を利用してみましょう。
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはこちら

MOVA

出典:MOVA
プロの動画クリエイターから動画制作のノウハウを学べるのは、MOVAです。カリキュラム内で実際の案件の制作に携われるから、より実践的なスキルが身に付きやすいことが特徴です。オンラインとオフラインの授業が平行で行われ、オフラインの授業は20人の少人数制を採用しています。

カリキュラムでは、チーム制作などを通して動画クリエイターを目指す仲間と切磋琢磨できることが魅力。生徒同士で作品を発表したり相談し合ったりすることで、学習のモチベーションを高めやすいことがメリットだといえるでしょう。

MOVAでは、以下のような内容が学習できます。
  • 実写映像
  • アニメーション編集
  • 撮影スキル
  • ポートフォリオ制作
  • 企画・構成
  • 実務案件
入学して1~2ヵ月目は、BEGINNERクラスで動画編集の基礎を学びます。3~8ヵ月目は、STANDARDクラスで企画書の制作から撮影実践、チーム制作などを行います。そして、9~12ヵ月目にはEXPERTクラスとなり、実務案件の進め方や営業、集客などのスキルを習得します。

受講料は月々13.900円~で、受講期間は12ヵ月間となっています。興味がある場合は、無料相談会を予約してみましょう。
MOVAはこちら

まとめ|動画編集スクールは無駄じゃない!自分に合ったスクールではじめてみよう

動画編集スクールを「無駄」にしないためには、「スクール選び」と「スクールに対する心構え」が重要です。学習意欲の高い人ほど、プロの講師から動画編集のノウハウが学べる動画編集スクールがおすすめ。
スクール選びで失敗しないよう複数の無料説明会に参加し、自分に合ったスクールを検討してみてはいかがでしょうか。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 未経験からでも動画制作・動画編集のスキルは身につけられますか?

    答え 動画制作や動画編集を目的としたスクールの受講生のほとんどは未経験もしくは独学でのスキルアップを難しく感じている人です。基礎知識から学べるコースを選ぶことで自分のペースで無理なく学習できるでしょう。学習についていけるか心配という人は、定期的な面談やコミュニティでのイベントなどのサポート体制が手厚いスクールを選ぶのがおすすめです。動画制作の相談や就職のアドバイスを受けたりといった機会を設けることで、不安を解消しながら学習を進めていくことができます。

  • 質問 スクール入会前に考えておくべきことはありますか?

    答え スクールに入会する前に動画クリエイターとしての目標や目的を明確にしておきましょう。動画クリエイターはオリジナル動画制作や企業広告の受注などさまざまな業務での活躍が期待されるので、将来自分が行いたい業務を考えておくと学習の方向性が決まります。たとえば企業の依頼を受けたいという場合は、就職・転職サポートを利用できるスクールを選ぶのも良いでしょう。自分に合ったスクールを見つけるためにも目的を振り返りましょう。

  • 質問 スクール卒業後のキャリアには、どのような選択肢がありますか?

    答え 近年さまざまな業界で動画クリエイターの需要が高まっているので、卒業後のキャリアも人それぞれです。まずは副業からスタートする人もいれば、就職や転職を目指すという人もいます。スクールによってはキャリア相談や卒業後の就職・転職サポート、履歴書の添削といったサービスを利用できる場合もあるので、受講しながら進路を決めるのも良いでしょう。将来設計が決まっていないという場合は、スクールの無料説明会で卒業生のキャリアについて質問することで具体的なイメージが湧きます。

  • 質問 動画編集未経験からでもフリーランスとして独立できますか?

    答え 未経験の場合、まずは動画制作の実績を積むことが大切です。はじめからフリーランスでの活動を目指す人も多いですが、個人で仕事を受注するためには実績をアピールする必要があります。特に高単価の仕事はポートフォリオで高いスキルを伝えられるクリエイターでないと受注できない場合もあります。スクールで即戦力を身に着けたあとは、クラウドソーシングサイトなどで副業として仕事を受注していくことで着実にキャリアアップできるでしょう。