掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

SUPER DRONE CHAMPIONSHIP | 小学生が優勝も!

小学生が大活躍しているドローンの大会は、SUPER DRONE CHAMPIONSHIPです。本格的なレーシングスポーツとしても注目を集める、ドローンレース。ドローンの操縦が得意なら、大人顔負けの腕前を披露できるチャンスだといえるでしょう。

この記事では、SUPER DRONE CHAMPIONSHIPの大会の特長や過去の大会の様子をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!おすすめのドローンスクール

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPとは?

出典:SUPER DRONE CHAMPIONSHIP
子どもから大人まで参加できるのが、SUPER DRONE CHAMPIONSHIPです。参加者の年齢差は30歳ほどになるケースもあり、テクニックが優れていれば小学生でも上位に入賞できることが魅力。

なお、DRONE SPORTSが開発したレーシングドローンが、レース用の機体として採用されています。高輝度LEDが搭載されていることでドローンを識別しやすく、見た目にも美しいドローンの飛行を楽しめます。

大会は、株式会社NTTぷらら、株式会社NTTドコモ、DRONE SPORTS株式会社が主催しています。大会の様子はTVで放送され、dtvでも全世界に配信されます。

過去の大会について

過去のSUPER DRONE CHAMPIONSHIPは、2020年3月31日に幕張メッセで開催されました。新型コロナウイルスが流行した影響により、大会は無観客で行われています

大会のテーマは「LIMITLESS FLIGHT(リミットレス・フライト)」で、参加者たちの無限の可能性を感じさせる大会となりました。

最先端のデジタルアートが用いられた会場は、現実と仮想が融合する世界観が演出されていました。選手のカラーとドローンの機体のカラーを統一することで、視聴者にも視覚的にわかりやすい工夫が施されています。

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPの競技内容は?

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPは、1on1の真剣勝負が醍醐味となっています。1試合は最大3ヒートとなっており、2ヒートを先取すれば勝利となります。パイロットは、First Person Viewゴーグルを着用することが特徴。

ドローンの様子はゴーグルに映し出され、時速100kmを超える機体を操縦します。ドローンの臨場感がある映像を楽しみながら操縦できることで、没入感を味わえるレースとしても人気を獲得しています。

操縦スキルとして求められるのは、テクニックとスピード。対戦相手より、1秒でも早くドローンがゴールに到着すれば勝利となります。

また、SUPER DRONE CHAMPIONSHIPでは、通常のレーシングドローンよりも、1.7倍の機体サイズのドローンを操縦する必要があります。そのため、繊細な操縦技術を要するドローンレースだといえるでしょう。

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPの参加資格は?

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPは、年齢制限はありません。年齢や性別、体格なども関係なく、誰でも参加できることがドローンレースの魅力だといえるでしょう。

直近の大会はどのような形式で行われた?

直近の大会は、2021年3月16日に幕張メッセで開催。レースコースの難易度が上がったことで、世界中から注目を集めました。コース内のdtvタワーは2つに増設され、急上昇と急下降を繰り返す必要があります。

会場内は、「惑星間飛行」がテーマとなっており、近未来感を演出。宇宙空間のような会場の中で、光り輝くドローンが縦横無尽に飛行します。
 
予選を勝ち抜いた8人は、決勝大会でドローンの操縦スキルを競い合いました。レース内では、機体同士が接触してクラッシュするなど、手に汗握る展開が繰り広げられました。大会の様子は、YouTubeチャンネルの「テレビ東京スポーツ」で公開されています。

大会の結果は、以下の通りです。
所属 選手名
優勝 JAPRADAR 上関風雅選手
2位
小松良誠選手
3位
小塚研采選手
3位
高梨智樹選手
5位
Saqoosha選手
5位
齋藤三佳選手
5位
山田開人選手
5位
鈴木匠選手

なお、優勝した上関風雅選手は、以下のようにコメントしています。
去年の大会では、初代チャンピオンの鈴木匠選手と対戦して負けてしまったのがとてもくやしかったので今回はレースで全力を出したいと思って参加しました。だから今回優勝できてすごくうれしいです。対戦中はいつも通りの飛びができるように「リラックス、リラックス」と自分に言い聞かせていたことがよかったのかなと思います。
引用:JAPRADAR
プロのドローンチームに所属している選手も参加しているのが、SUPER DRONE CHAMPIONSHIPの特長。日本国内でもトップレベルのドローンの操縦スキルを体感できることも、大会の魅力の1つです。

また、大会のゲストには、乃木坂46の金川紗耶さんと田村真佑さんが招かれました。大会の様子だけではなく、選手とゲストの座談会もアプリ配信されています。SUPER DRONE CHAMPIONSHIPへの出場を検討している場合には、アプリ配信された映像などもチェックしておきたいですね。

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPの公式サイト

ドローンのエンターテイメント性を感じさせるSUPER DRONE CHAMPIONSHIPは、国内のみならず海外からもファンを集めています。大会の様子は期間限定で公開されているため、気になる場合は早めにチェックしておきたいですね。SUPER DRONE CHAMPIONSHIPの公式サイトはこちら。

まとめ

SUPER DRONE CHAMPIONSHIPは、国内でも最大級といえるドローンレースです。プロのドローンチームの選手も参加しており、高いレベルのドローンレースが繰り広げられることが特徴です。ドローン初心者の場合には、プロの操縦技術をみることで勉強になるケースもあるでしょう。

ドローンの操縦に興味がある場合には、スキルを積んで大会への参加を検討したいですね。

コエテコが選ぶ!おすすめのドローンスクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 ドローンを操縦するには、資格が必要ですか?

    答え 2022年1月現在では、ドローンを飛行させるために取得が義務付けられている免許・資格はありません。(ただし、2022年には免許制度が導入される見込みです。)

    現段階では誰でも自由にドローンを飛行できますが、ドローンの大きさ、飛行禁止空域などの飛行場所によっては、飛行の際に許可承認が必要となります。資格取得に向けて勉強することにより、ドローンの飛行ルール、安全運航に必要な知識が体系的に身につき、安心して利用できるようになるでしょう。

  • 質問 ドローンを飛ばすには、どのような許可が必要ですか?

    答え ドローンの飛行許可は、200g以上の場合は航空法が適用されるため、200g未満か、200g以上かによって事情が変わります。

    200g以上のドローンの場合は、航空法にしたがい飛行させる必要があります。具体的には、空港周辺、人口集中地区、地上150m以上の空域で飛ばすには、特別な許可が必要となります。また、仮に許可のある場合でも、緊急用務空域での飛行は規制されています。

    さらに、(A)夜間飛行、(B)目視外飛行(操縦者がドローンを目視できない状況での飛行)、(C)30m未満の飛行、(D)イベント上空飛行、(E)危険物輸送、(F)物体投下を行うには、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

    一方で200g未満の小型ドローンには「小型無人機等飛行禁止法」が適用されるため、航空法の適用対象外ですが、国が指定した場所周辺でドローンを飛ばす場合は、事前にドローン飛行の許可を取るために警察署への通報書が必要です。

    さらに東京都では、公園条例により計81ヶ所の都立公園・庭園において200g未満のドローン飛行が禁止されているため、使用する際には市区町村の担当者に確認、許可を取らなければなりません。

  • 質問 200g未満のドローンなら、どこでも飛ばしてOKなのですか?

    答え 200g未満を含むドローンは、航空法により飛行禁止区域が定められています。200g未満のドローン飛行には、民法や道路交通法、公園条例、重要文化財保護法などの適用を受けるため、それらの法律に沿って飛行させる必要があり、どこでも飛ばすことはできません。

    ドローン飛行の際には、飛行してもよいエリアかどうか事前に確認しておく必要があります。もし、飛行禁止区域かわからない場合は、警察署へ事前に通報書を届け出ることでドローン飛行の可否が確認できますので、ぜひお試しください。

  • 質問 ドローンの資格にはどのようなものがありますか?

    答え 民間によるドローンの認定資格では、ドローンや飛行に必要な法律、気象などに関する基礎知識、操縦技術、安全運航に必要な知識などを試験によって認定しています。

    ドローンの資格には、実技/座学に関するものがあり、実技では、中国のドローンメーカーによる認定資格DJI、日本全国にありもっとも古くから存在するJUIDA、JUIDAに次いで認定スクールの多いDPAの3つが主要資格です。座学では、ドローン検定がもっとも有名です。それぞれの資格を取得するためには特定のカリキュラムを修了するか、テキストを読み込んで知識を身につけ、認定試験に合格する必要があります。

  • 質問 ドローンスクールに通うメリットは?

    答え ドローンスクールに通うと、ドローンの高い操縦技能や、安全運航に必要な実技の知識が身につきます。

    ドローンスクールのなかには、操縦技術を証明するための資格が取得できるものもあり、取得によって就職、転職やビジネスなどに活かせます。また、検定に向けて勉強することにより法律、気象学、力学、物理学、専門知識など、運航に必要な知識を習得できます。さらに飛行練習が10時間以上のスクールの場合、地方航空局長や空港事務所長に飛行許可を申請する際に手続きが簡略化され、飛行許可申請の一部が免除となるなどのメリットがあります。

  • 質問 子どもが通えるドローンスクールはありますか?

    答え 近年では、子ども向けのドローンスクールも増えています。

    子ども向けのスクールでは、安全のために常にメガネを着用したり、ドローンの中でも小型で、ビギナーでも操縦しやすいトイドローンを利用したり、1回あたり1人のみが飛ばす(同時に何台も飛ばないようコントロールする)など、安全性への配慮が徹底されているため、安心して学ぶことができます。

    また、子ども向けのドローンスクールの中には、プログラミング授業と組み合わせて学べる「ドローンプログラミング教室」などのスクールもあります。