IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

ネットワークエンジニアとは?必要なスキルやおすすめの資格も解説

企業のコンピューター同士を繋ぐ要となる「ネットワーク」の重要性は多くの方に知られています。そんな企業のネットワークを支えるネットワークエンジニアの仕事内容をご存知ですか?ネットワークの設計や構築、運用はもちろん、実際に回線や配線の配置などを手作業で行うこともあり、幅広い役割を担っています。今回はネットワークエンジニアの仕事内容や求められるスキル、おすすめの資格や年収などについて詳しく紹介していきます。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

ネットワークエンジニアって、どんな仕事?

ネットワークエンジニアの概要は以下になっています。

職種名 ネットワークエンジニア
平均年収 400万円
概要 コンピューターネットワークの設計・構築・保守・管理を行い、必要に応じてサーバや端末の操作なども行う
活かせる資格 ITパスポート試験、基本情報技術者試験

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

ネットワークエンジニアの仕事とは?

ネットワークエンジニアはコンピューターネットワークに関わる業務を幅広く担っています。ここでは特に重要な業務であるネットワークの設計や構築、運用に関わる業務を解説していきます。

クライアントの要望に沿ってネットワークを設計

まずはクライアントとのヒアリングを通して企業が求めているシステムを把握し、要件定義やネットワークの設計を行います。主にネットワーク関連機器の種類や数などを決め、回線費用や配線の位置など詳細についても決めていきます。業務内容に沿った提案になっていることが重要であるため、クライアントとのコミュニケーションを円滑に図ることも大切なスキルの一つになるでしょう。

ネットワークの構築

ヒアリングによってネットワーク構築のスケジュールを決め、機器の設置を進めていきます。プロジェクトの規模によってはさまざまな場所を拠点にして、作成した設計書に基づいてネットワーク管理や維持を行います。回線を配置する際にはルーターやLANを実際に操作するため該当製品を扱う技術やトラブルへの迅速な対応、ケーブリングの知識など幅広い知識が必要でしょう。

ネットワークの運用をサポート

ネットワークの構築後は機器の運用をサポートするべく、機器の設定の見直しやシステム障害への対応といった管理業務を行います。実際にネットワークの利用をはじめたあとにクライアント内でスムーズに維持していけるよう、相談窓口のような役割を担うこともあるでしょう。随時IT業界の変化にも対応しながら円滑なネットワークを実現していきます。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニア の違い

サーバーエンジニアとはどう違う?

さまざまなエンジニアのなかでも混同しやすい両者ですが、ネットワークエンジニアがネットワーク同士を繋ぐための業務を行うのに対し、サーバーエンジニアはサーバーの構築や運用を行う職種です。

ネットワークエンジニアの役割と業務フロー

ネットワークエンジニアはコンピューター同士を繋げるネットワークの構築をサポートする仕事で、主に設計や構築、運用や管理といった幅広い業務を担当しています。具体的な業務フローとしてはクライアントとのヒアリングやチームのミーティング、設計書の作成やネットワーク構築のための配線の配置などが挙げられ、ネットワーク構築に関わるあらゆる流れを一人で担当することが多いのもネットワークエンジニアの業務の特徴の一つといえるでしょう。リモートによって効率的に担当しているネットワークの管理や対応を行うこともあります。ネットワークがスムーズでない場合やトラブルが発生した際には復旧作業に出向くことも多いでしょう。迅速に問題解決ができるよう、柔軟な対応力も求められます。

サーバーエンジニアの役割と業務フロー

サーバーエンジニアは企業が顧客に提供するサービスを維持するためのサーバーを管理する職業です。基本的にはサーバーの設計から管理、運用、アフターケアなど全てを担当しています。主な業務フローとしては、まずはクライアントの目標達成やサービス向上の要望に沿ってサービスの展望や課題を洗い出します。さらにサーバーの設計書を作成し、運用状況に応じて必要な対応を行います。サーバー構築の際は実際に配線を配置したりアプリケーションのインストールなどを行い、随時適正な状態で運営ができているかをチェックします。サービス展開に伴うさまざまな要因についての知識も必要です。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに求められるスキルはさまざまですが、ここでは特に重要な3つのスキルについて解説します。

ネットワークの知識

ネットワークエンジニアに必要不可欠なスキルは、LANWANといったネットワークにまつわる知識です。それぞれの知識だけでなく、配線や設定など実際に触って作業することができる技術的な理解も重要です。またネットの基礎知識はもちろん作業に伴って使用するデバイスなどの関連機器についての最新情報や操作方法についても知っておく必要があります。

コミュニケーションスキル

ネットワークを構築するためにはクライアントの要望を正確に理解する必要があります。そのためにはまずヒアリングを行いますが、この時点でどのようなネットワークを構築したいのかという希望や業務上の課題などをスムーズに共有できるコミュニケーションスキルが必要です。また、作業を進めるにあたって企業内でミーティングを行ったりネットワークの説明を行ったりと、意思疎通を行う場面はさまざまです。

論理的思考力

新たにネットワークを構築する際には、思わぬ場面でのトラブルの発生や障害などが考えられます。テスト段階で原因に気づくためには、現象を理論的に掘り下げて解決に導くための論理的思考力がとても重要で、さまざまなITエンジニアに求められるスキルの一つです。また、クライアントから求められている要件を正確に理解し、必要な作業を洗い出すことができるため信頼関係の構築にも繋がります。

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアの現場であるプロジェクト現場では、他のエンジニアと協力して仕事を進める、または顧客への提案を行う機会も少なくありません。そのため、ネットワークエンジニアの仕事では、周囲の人と円滑に交流できる「コミュニケーションスキル」が問われます。

また、設計業務を任されることもあるので、論理的に筋道、物事を考えて組み立てる能力「ロジカルシンキング」ができる人に向いています。さらにIT業界は常に進化を遂げおり、ネットワーク関連の技術のみならず、新しいプログラミング言語がどんどん開発されています。IT業界は常に進化を遂げる業界であるため、新しい知識を学び続けられる人に最適です

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

ネットワークエンジニアとして働く際に必ず必要となる資格はありませんが、ネットワーク構築をはじめとするIT関連のさまざまなスキルが必要です。ここではネットワークエンジニアにおすすめの資格を2つご紹介します。就職を考えている方は、こちらの資格を取得することで有利になるでしょう。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は情報処理推進機構が認定している資格で、経済産業省所管の国家資格です。こちらの資格を取得しておくことでITにまつわる基礎的な知識を証明することができるため、IT関連の職種に就きたいと考えている方の多くが取得を検討するでしょう。ネットワークはもちろん経営やマーケティング、セキュリティなど幅広い知識を扱います。

基本情報技術者試験

こちらも情報処理推進機構が認定している国家資格で、IT業界のなかでも特にエンジニア関連業務の方の仕事に役立つ知識を学ぶことができるでしょう。システム設計や開発、情報の分析や評価などエンジニアとしての基礎知識を得ることができます。エンジニアとして働きたいという方はぜひ取得しておくと良いでしょう。

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアは個人のスキルや経験が評価に反映されるため年収もさまざまですが、平均年収は400万円ほどと考えてよいでしょう。20代でも300万~400万円ほどの平均年収となっており、これは全体の水準に比べると比較的高いといえます。また、ネットワークエンジニアとしての実績やスキルを評価してもらうことによって年収アップが期待できます。30代になると年収500万円程となる方もいるため、本人の努力次第で高年収を叶えることができるでしょう。年収を若いうちに上げたいと考える方は、日々進化していくIT業界の変化に対応できる知識や学ぶ姿勢が重要といえます。また、ネットワークだけでなくその周辺のサーバーやデータベースの知識、経営戦略の知識などを備えるとさらに仕事の幅が広がり、優秀な人材として評価されます。

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ITの基礎知識を備えているネットワークエンジニアのキャリアパスはさまざまです。さらにスキルアップをしたいという方であれば、企業内で昇進をしていくことで大きなプロジェクトのネットワーク構築を担当したり、プロジェクトマネージャーとしてチーム全体を統括したりといったポジションの転向も考えられます。スムーズに仕事を進めていくためには、ネットワークにまつわる知識や技術を磨くだけでなく、他部署も含めた全体の進捗を把握するタスク管理のスキルや信頼関係を構築するためにコミュニケーションスキルも求められるでしょう。その他にも、たとえばサーバーの管理に特化したいという方であればサーバーエンジニアなど他のエンジニアへのキャリアチェンジも可能です。自分の理想のキャリアパスを叶えたいという方は仕事をしながら自分の極めたい分野を見つけ、さらにスキルを学ぶ姿勢が大切です。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ