口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webデザイナーの年収はいくら?スクールごとの就職先を紹介

Webデザインをこれから学びたいと考えている人のなかには、「Webデザイナーの会社員になると、年収はどれくらい?」と気になる人もいるでしょう。Webデザインスクールを卒業した後にどれくらいの年収になるのか把握してから、Webデザインスクールへの入会を検討したいですね。

この記事では、Webデザイナーの年収についてわかりやすく紹介します。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

Webデザインスクール卒業後の年収はどれくらい?

Webデザイナーの平均年収は、約300万円といわれています。Webデザイナーの会社員の場合の年収は、以下の通りです。
  • Web制作会社:380万円~
  • デザイン会社:350万円~
  • 広告代理店:450万円~
Webデザイナーの勤務形態のなかでも、広告代理店は年収が高くなる傾向があります。それに対し、広告代理店の下請けとなるWeb制作会社やデザイン会社は、やや年収が低くなるケースもあります。また、ほかの業種と同様で、地方よりも都心の求人の方が年収が高く提示されていることが多くあります。
参考URL:nomado journal

就職するときに年齢制限はあるの?

Webデザイナーに転職する際に、スクールや求人に年齢制限があるのか気になる人もいるでしょう。年齢制限がないWebデザインスクールは、以下の通りです。
  • ヒューマンアカデミー
  • TechAcademy
  • デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  • KENスクール
多くのWebデザインスクールでは、年齢制限は設けられていません。ただし、無料で利用できるWebデザインスクールは、年齢制限が設けられていることも。教育訓練給付制度を利用する際に、年齢制限が設けられているケースもあるため、あらかじめ確認しておきたいですね。

なお、Webデザイナーの求人の多くは、「35歳以下」などの年齢制限がある場合もあります。30代以上の求人では、「紙媒体でのデザイン経験がある」「マネジメント・クオリティ管理」など、高度なスキルを求められることも。

また、40〜50代でWebデザイナーとして活躍している人のなかには、管理職などのポジションを担っていることもあります。そのため、30代以上からWebデザイナーへ転職する際には、チームや部下を統率できる能力も求められることも少なくありません。

年収の高さで就職先を選ぶべき?

Webデザイナーの求人を選ぶときに、月給や年収の高さで選ぶ人もいるでしょう。しかし、年収が高い就職先では、デザインのスキルだけではなく、コーディングやマーケティングなどのスキルを求められることも。

さらに、年収が高い就職先は、残業が多かったり休日出勤があったりするケースもあります。「未経験者可」で、年収が高い就職先には高いなりの理由があることを踏まえておくことが重要です。

Webデザインスクールごとの転職先

ここでは、Webデザインスクールごとの転職先を説明します。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPでは、以下のような転職先があります。
  • DMM.com
  • GMO MEDIA
  • Crowd Works
  • Coincheck
  • Digital Capital
  • オウチーノ
  • 中央ビジネス株式会社
DMM WEBCAMPのWebデザインコースは、HTML/CSSからPhotoshopの扱いまで、幅広いスキルを習得できることが特長です。Webサイト制作をするために必要となるUI基礎実践や求人バナーの制作などもカリキュラム内で行うことが可能。

課題でつまづいた際には、チャットサポートで気軽に相談できるのがDMM WEBCAMPの強みです。転職活動に活かせるポートフォリオも作成でき、転職時に自身のスキルをアピールすることができます。無料体験も行っており、カリキュラムの内容を踏まえたうえで入会を検討することが可能です。

INTERNET ACADEMY

INTERNET ACADEMYでは、以下のような転職先があります。
  • 株式会社スターボード
  • ヤフー株式会社
  • 小学部ミュージック&デジタルエンタテイメント
  • 楽天グループ株式会社
  • 株式会社ブランジスタ
  • NTTコミュニケーションズ(株)
  • TOTOバスクリエイト(株)
  • 防衛省 防衛研究所
INTERNET ACADEMYは、ライブ授業やマンツーマン授業、オンライン授業など、多様な授業スタイルで学べることが魅力です。PhotoshopやIllustratorの基礎知識を身に付けられるだけではなく、現場でプロが活用している加工技術をマスターすることもできます。

なお、Webデザインを学べるコースには、Webデザイナー入門コース・Webデザイナーコース・Webデザイナー総合コースなどがあります。レスポンシブWebデザインなどの高度なスキルを学びたいなら、Webデザイナー総合コースを選択すると良いでしょう。

TECH CAMP

TECH CAMPでは、以下のような転職先があります。
  • 株式会社マネーフォワード
  • 寺田倉庫
  • 株式会社K&Cファクトリー
  • 株式会社ジグザ
  • 株式会社エル・ティーエス
  • 株式会社フロムスクラッチ
  • 株式会社アイリッジ
  • デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
TECH CAMPでは、夜間休日スタイルや短期集中スタイルなど、自身のライフスタイルに合わせた学び方を選べるのが強みです。最短10週間で即戦力となれるスキルを身に付けられるため「短期間でWebデザイナーになりたい!」と考えている人に向いているスクールだといえるでしょう。

また、卒業後1年間はカリキュラムを閲覧できるため、スクールを卒業後も学びを継続できます。条件を満たせば、専門実践教育訓練給付金制度の対象となり、受講料が最大70%オフになることも嬉しいポイント。プログラミング講師とライフコーチ、キャリアアドバイザーが受講生を丁寧にサポートするため、学習を挫折しづらいスクールとしても知られています。

まとめ

20~30代で未経験からWebデザイナーに転職する人も多く、需要も高まっている傾向があります。そのため、将来的には年収が上がっていく見込みが大いにあると言えそうです。
Webデザインを効率よく学ぶなら、転職実績が豊富にあるWebデザインスクールを選ぶようにしたいですね。

Photoshopのようなソフトの扱いだけではなく、現場で活かせるスキルもプロから教わることができることが、Webデザインスクールを利用するメリットです。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 未経験からでもWebデザインのスキルは身につけられますか?

    答え Webデザインスクール受講生のほとんどが未経験からキャリアアップを目指しています。近年Webデザインの需要が高まっている背景を受けて、初心者向けのコースを設置しているスクールも多いようです。カリキュラムについていけるか不安という方は、定期的な講師やメンターとの面談やチャットでの質疑応答といったサポートが充実しているコースを選ぶのがおすすめです。まずは目標を達成するまで学習を続けていくのが大切でしょう。

  • 質問 スクール入会前に考えておくべきことはありますか?

    答え 入会前にスクールの受講目的を明確にしておきましょう。講義開始前に学習内容を決めるヒアリングを行うスクールもあるので、自分が将来Webデザイナーとしてどのような活動をしていきたいかを伝えられるように準備しておくことが大切です。自分の方向性を決めておくことで効率的な学習計画を立て、無理のないペースでスキルを身に着けられます。どのスクールが良いかわからないという方も、自分の目的を決めておくことで最適な学習方法を見つけられます。

  • 質問 スクール卒業後のキャリアには、どのような選択肢がありますか?

    答え スクール卒業後のキャリアは人によってさまざまです。Webデザイナーは多くの業界で需要が高い分野なので、個人ごとに活躍できる場所が異なります。たとえば就職や転職はもちろん、副業で在宅ワークをはじめたり個人で独立を目指したりとさまざまな選択肢があるでしょう。キャリアについて経験豊富なスタッフと相談しながら決めたいという人は、就職・転職サポートが手厚いスクールを選びましょう。スクール入会前の無料相談会で、受講生の就職状況を聞いておくのもおすすめです。

  • 質問 未経験からでもフリーランスとして独立できますか?

    答え 未経験者の場合、まずは副業などで実績を積んでからフリーランスに転身するのがおすすめです。スクールを受講することで現場で即戦力となるスキルを身に着けることができますが、実務経験が無いクリエイターは高単価の受注に苦戦することもあります。実案件を受注できるコースであれば受講中に実績を積むことができますが、現場で通用する高いスキルも求められます。まずは仕事を受注したいという方は、クラウドソーシングサイトで仕事を受注しながらポートフォリオを充実させていくのが良いでしょう。