口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

ホワイトハッカーになるには?ネット社会のヒーローに必要なスキル

あなたはホワイトハッカーというとどんなイメージを抱きますか? 一部ではインターネット界のヒーローと称されることもあるホワイトハッカー。憧れる人も少なくないのではないでしょうか。この記事では、ホワイトハッカーになるにはどうすればいいのかについてご紹介します。これから目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

ホワイトハッカーになるには

どうすればホワイトハッカーになれるのか。そのためには、プログラミングに関する知識を身につけることが必要です。そして、セキュリティに関連する事項についても詳しくなければいけません。

具体的にどんな知識を身につける必要があるのか、一緒に見ていきましょう。

OSやアプリ、コンピュータについて

まずはWindowsやiOSなどのOSや、Linuxなどのアプリケーションについて知ることが必要です。プログラミングやデータに関する基礎知識は、土台となるため欠かせません。

プログラミング技術について

ホワイトハッカーはシステム設計やテスト、運用・保守などに関わります。そのため、前述の通りプログラミング技術は必ず必要で、プログラミング言語も習得しなければなりません。

プログラミング言語とは、C言語やPython、RubyやJavaなどのことで、スマホアプリやパソコンのソフトウェアなど、構築するOSやガジェットによって使用言語は変わります。

ホワイトハッカーになるには、これらの言語を知っているだけでなく、実際にシステムを設計できるスキルや、対策用プログラムの構築を行う知識も必要です。より実用的なプログラミング言語の知識が重要になります。

ネットセキュリティついて

インターネットに接続されているWebサイトやシステムアプリケーションなどは、外部からの攻撃を受けやすくなります。最近ではクラウドサーバーなども一般的になり、ネットワーク通信技術を用いることも多いです。

ホワイトハッカーになるには、ネットセキュリティの仕組みを、使用実態に合わせて理解しておく必要があります。

サイバー攻撃について

ホワイトハッカーになるなら、サイバー攻撃の知識は必須です。しかも、日々増えていくサイバー攻撃の手口をつぶさに理解する必要があります。攻撃から守るためには、敵を知ることが一番です。

英語力

プログラミングの新技術が開発されたときには、一般的には英語で発表されることが多くなります。そのため、最新情報を集めるのにも英語力は必須です。

プログラミング言語は英語に基づいたものがたくさんあるため、普段から英語に親しんでいた方が、仕事はやりやすくなります。

どこでホワイトハッカーのスキルを身につける?

ホワイトハッカーのスキルはどこで身につければいいのでしょうか。

資格取得で学ぶ

ホワイトハッカーには必要な資格はありません。しかし、ITセキュリティに関連する資格があると、実際の業務でも役立ちます。情報処理安全確保支援士技術者試験などでもホワイトハッカーの業務に役立つ知識が身につくため、テキストなどを利用して学んでみるといいでしょう。

スクールで学ぶ

最近では、ホワイトハッカーになるためのコースも専門学校で開講されています。

不正アクセスやフィッシング詐欺などのサイバー犯罪が拡大する中、社会の要請により、今後はさらに学べるスクールが増えていくかもしれません。

ホワイトハッカーに求められる素質

悪質なハッキングからシステムを守るために存在するホワイトハッカー。ここでは、ホワイトハッカーに求められる素質を紹介します。

想像力

ハッキングの脆弱性を洗い出すテストでは、過去の手口を試してシステムの欠陥を探していきます。

しかし、ここで試す手口は実際にあった手法ばかりではありません。ホワイトハッカーは未踏のサイバー攻撃を想定し、システムの脆弱性をしらみつぶしにしていきます。

「こんな手口でハッキングされるかもしれない」と、予見する想像力がホワイトハッカーには必要です。

コミュニケーション能力

ホワイトハッカーは、ただパソコンに向き合っている仕事ではありません。クライアントとコミュニケーションするシーンも多く、相手の意図を汲んで、新たなシステム設計の提案をすることもあります。

コミュニケーションする相手は必ずしもプログラミングに詳しいとは限りません。このような場合、言葉を選びながら説明したり、ときには折衝したりすることもあります。

正義感・モラル

ホワイトハッカーはプライバシー情報を守ったり、企業の重要情報を守るのが仕事です。誰かの人生や経営にも大きく影響を与えることから、責任感を持って業務にあたることが求められます。

モラルがなければ、個人情報が漏洩する危険性があるため、ホワイトハッカーは正義感が強く、モラルのある人物でなければ成り立たない仕事です。

ホワイトハッカーの仕事内容

ホワイトハッカーは、サイバー犯罪の防衛対策のためにハッキングするのが仕事と思われがちです。しかし、具体的には以下のように、多様な業務も行なっています。

ペネトレーションテスト(擬似ハッキングテスト)

アプリケーションやソフトウェアにセキュリティホール(脆弱性)がないかどうかを見つけるためのハッキングテストです。

ブラックハッカーが攻撃してくることを想定し、あらゆる手口でアプリやソフトに侵入しようと試みます。

定番の方法から最新の方法まで、日々変容するハッキングの手法をテスト。ブラックハッカーの裏をかくようにして脆弱性の発見に努めます。

脆弱性診断

企業が使用している電子機器やOS、ソフトウェアやネットワークなど、環境面でのリスクを診断するのが脆弱性診断です。サイバー攻撃に備えるために、ネットワーク組織全体のリスクを診断します。

不正侵入調査(デジタルフォレンジック)

フォレンジックはもともと「法的に有効な」といった意味で使われる言葉です。 一般的にシステムにはサイバー攻撃で侵入されたり、プログラムが改変されたりした時などにも情報が残ります。

もし、重大な攻撃や侵入の兆候が見つかった際には、ホワイトハッカーは記録されているデータを調査・分析。次なる被害を避けるため、問題の発生源などを特定します。

セキュリティ設計

ホワイトハッカー自身がセキュリティ設計に携わることもあります。ハッカー目線でセキュリティシステムの構築に携わることで、より強固なセキュリティ構築に一役買います。

運用・保守

システムを構築したら、その運用や保守も重要な仕事です。システム障害やサイバー攻撃などの事態を避けるためにも、ホワイトハッカーたちは日々調査をし、必要なアップデートを行なっていきます。

万が一の事態を想定しておくことも重要です。もし、サイバー攻撃等で情報が抜き取られたとしても、被害を最小限にするための対策を取ります。プライバシー情報や企業の閲覧制限のかかった情報などは、外部からの攻撃で簡単に漏洩しないように対策をする必要があります。

まとめ

ホワイトハッカーになるための道筋は、現時点でははっきりと決まっていません。しかし、プログラマーとしてのスキルを磨きつつ、独自にセキュリティなどの知識を身につけることで、ホワイトハッカーとして活躍するきっかけが得られるようになるでしょう。最近ではホワイトハッカーについて学べる専門学校もありますので、スクールなどで学んでみるのも一つの手です。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ