口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラマーとして就職するには?プログラミングを学んだ後の就職先も解説

パソコンに触れることが好きだから、プログラマーを目指してみたい!
「でも、プログラマーって具体的にどんな仕事をしているんだろう?」

プログラマーと一言でいっても、仕事の内容がイメージしづらい人もいるかもしれませんね。
プログラマーとして就職することを検討している人のなかには「何を準備すれば良いのかわからない」という人もいるでしょう。

この記事では、プログラマーの具体的な業務内容やプログラマーになるための手段についてご紹介します。まずは、プログラマーはどんな職種なのか?を見ていきましょう!

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

そもそも、プログラマーとは?

プログラマーは「プログラム言語」を利用して、ソフトウェアやシステムを作る仕事を指します。
身近なものでいえばスマートフォンやテレビ、金融や物流などのシステムまで、あらゆるニーズに沿ったシステムを構築するのがプログラマーです。

総務省の日本標準職業分類では、プログラマーは「専門的・技術的職業従事者」のうち中分類「情報処理・通信技術者」に分類されています。システムコンサルタントやシステム設計者、ソフトウェア作成者などと同じ分類の職種です。

通常は、システムエンジニアが作成した仕様書をプログラマーへとバトンタッチし、プログラマーがシステムを作るという流れになっています。プログラマーはエンジニアと呼ばれることもありますが、システムエンジニアとは異なる職種であることを覚えておきましょう。
参考:マイナビAGENT

プログラマーの仕事内容

社会のありとあらゆる所で、プログラマーが構築したプログラムは日夜動き続けています。
業務内容は、社内システムの管理から各種サービス開発、ゲーム開発まで多岐に渡ります。

身近なものでは、スマートフォンのアプリがイメージしやすいでしょう。
アプリのアイコンをタップするとアプリが起動するようになっていますが、それもプログラマーの仕事の1つです。「〇〇をしたときに△△をせよ」とシステムへ命令を下すのが、プログラミングですね。

就職にも有利なプログラマーの種類

プログラミングには、大きく分けて3つの種類があります。
  • WEBプログラマー
  • ゲームプログラマー
  • アプリケーションプログラマー
それぞれの種類によって、身に付けるべき知識や言語などにも違いがあります。そのため、プログラマーを目指すときには「何のプログラマーを目指すか?」を明確にしておきたいですね。

業務内容にはさまざまなものがありますが、当然難易度も大きく異なります。そのため、自身が持っているプログラミングスキルによって、手掛ける仕事の幅もおおきく広げていくことができます。
参考:ルートテック

IT業界は量と質ともにプログラマーが不足しておりスキルがあれば就職しやすい

IT業界ではプログラマーが不足していることが問題視されており、日本ではプログラマーの量と質の両方で不足していると考えらています。

出典:DX白書2021

IPA(情報処理推進機構)が公表しているDX白書2021では、日本企業の約8割が「プログラマーの量の不足」または「プログラマーの質の不足」を抱えていると回答。過不足はないと感じている企業は2割以下にとどまり、米国企業と比較するとプログラマーの充足感に大きな開きがある現状です。

つまり日本の大半の企業でプログラマーの人材確保に取り組んでおり、プログラミングスキルさえあれば処遇や労働条件が良い状態で働ける可能性が高まっています。

DX化へ取り組む企業が増えており今後ますますプログラマーなどのIT人材が求められる

近年DX化を推進する企業は増加傾向で、第4次産業革命実現に向けたビジネス改革の流れが始まっています。

2004年に提唱されたDXは『デジタル・トランスフォーメーション』を指しており、取り組みの内容としては「既存の枠組みを超えてデジタル変革を人々の生活に浸透させる」というものです。DX化により人々の日常生活がさらに豊かになると考えられています。

出典:IPA(情報処理推進機構)『デジタル時代のスキル変革等に関する調査報告書』

現状としては日本企業全体でも過半数の6割がデジタル事業ないしDXを実施。新たなサービスや製品の創出はもちろん組織の根本的な改革などの成果にも繋がっており、今後もDX化を取り入れる企業は増えていくと考えられます。

DX化の流れによって新たなビジネスモデルが確立されることになれば、プログラマーの人材確保やマネジメントの在り方も変化します。今後ますますプログラマーが「この企業で働きたい」と思える労働条件や文化、育成システムが整備されていくでしょう。

プログラマーとしての就職が向いている人の特徴

プログラマーに向いているのは、一体どのような人なのでしょうか?

知的好奇心が旺盛な人

プログラミングを行うにはプログラミング言語をはじめとして様々な技術を習得する必要があります。そしてそういった技術は日々進化をしており、プログラマーとしてはそれらを常に勉強して取り入れていくことが必要になります。

そのため、知的好奇心が旺盛で、新しい技術に対して興味を持って常に勉強を続けられる人がプログラマーに向いているでしょう。

粘り強く物事に取り組める人

プログラミング言語を処理するコンピュータは、プログラミングされた通りに動きます。逆に言えば、プログラミングに少しでも間違いがあると正常に動作してくれません。人間であれば、少しの間違いなら自分で気づいて対応してくれますが、コンピュータの場合そうはいきません。

正常に動作しない場合、何が間違っているのかを特定するのはそれなりに大変な作業です。それは、たくさんのコードの中から間違っている部分を特定する必要があるから。そのため、プログラミングを行うためには粘り強く検証を行っていく力が必要になります。

論理的に考えるのが得意な人

繰り返しになりますが、コンピュータはプログラミングで命令された通りに動きます。そのため、適当な指示では動作してくれません。人間に命令や指示をする時以上に、細やかな命令を行う必要があります。

どのような命令が必要で、どのような順番で処理をしてもらえば良いのか。目的から逆算してそれらを論理的に組み立てていく力が、プログラミングをする上では必須になってきます。

プログラマーとして就職する方法

現役のプログラマーのなかには、独学で学んだ人もいれば大学・専門学校で学んできた人もいます。近年では、プログラミングスクール経由で転職を成功させている人も多くいます。つまり、プログラマーの夢を叶えるためには、多くの手段のなかから自分自身に適したものを見つけることが重要です。

さらに、プログラマーを目指すときに有利になりやすい3つの資格も覚えておきましょう。これらの資格も「どのプログラマーを目指すか?」を決めてから、必要になる資格を選んで学習を始めるようにしたいですね。

独学でも就職に役立つプログラミングの勉強は可能

プログラミングを学ぶためには、情報系の大学や専門学校に進んだり、プログラミングスクールに通ったりするのが一般的です。ところが、中には独学でプログラミングの勉強を行なっている人もいます。

プログラミングについて解説している書籍や動画はたくさんあるため、それらを使って独学をすることは可能でしょう。また、他の分野を勉強する際に独学が得意だったという方は、一人でも大丈夫な可能性が高いです。しかしそもそも独学が得意ではないという方は、プログラミングでも独学はおすすめしません

一言に「プログラミング」といっても、その範囲はかなり広いものです。そのため、「何から勉強したら良いのか分からない」「次は何に手をつけたら良いのか分からない」という事態に陥りがちです。また、れている人に聞けば数分で解決する単純なミスが、一人の場合は解決に数時間を要するということも日常茶飯事です。

独学が苦手で、かつお金に余裕があるのであれば、プログラミングスクールなどを検討してみるのもおすすめです。

就職に強いおすすめのプログラミングスクール卒業後の就職先

これからプログラミングスクールを選ぶことを考えているなら、プログラマーへの夢を確実に後押ししてくれるスクールを選びたいですね。ここでは、おすすめの人気プログラミングスクール卒業後の就職先例をご紹介します。是非、参考にしてみてくださいね。

DMM WEBCAMP


働きながらプログラマーを目指したいなら、DMM WEBCAMPが強い味方になってくれます。
「COMMIT」コースなら専門実践教育訓練給付金を利用して最大56万円のキャッシュバックが受けられるなどお財布にもやさしいスクールとして有名です、転職成功率98%(所定の学習及び転職活動を履行された方の割合:2022年2月時点)という実績があるスクールです。

難解なプログラミングで挫折してしまう人が多いなか、DMM WEBCAMPではライフコーチが学習をサポートしてくれるからモチベーションも維持しやすいといわれています。転職支援や卒業後もキャリアアップを支援してくれるエンジニアコミュニティがあるから、卒業後までフォローが手厚いスクールとして人気があります。DMM WEBCAMPを卒業後の就職先は以下の通りです。
  • DMM.com
  • チームラボ
  • パソナテック
  • Game8
  • Coincheck
コエテコでは、DMM WEBCAMP卒業生で実際にプログラマーとして活躍している方へも独占インタビューをしています!

DMM WEBCAMPはこちら

ヒューマンアカデミープログラミング講座

自分のペースでプログラミングを学びやすいのは、ヒューマンアカデミープログラミング講座です。オンラインではもちろん、土日や平日の20時以降も利用できる全国の23校舎でも質問や相談を受け付けています。回数無制限で質問できるため、分からないことを解消しやすくつまずきにくいのが特徴です。

Pythonを中心に確実に必要な知識や技術を身につけていけるため、講座の受講生と修了生のうち90.9%が内定を取得しています。ヒューマンアカデミープログラミング講座卒業後の就職先は以下の通りです。
  • 株式会社オプト
  • トランスコスモス株式会社
  • ソフトバンククリエイティブ株式会社
  • リンクシェア・ジャパン株式会社
  • 株式会社コナミデジタル
就職プログラム提携企業が全国に115社以上あり、専任カウンセラーによる就職や転職のサポートも受けられます。またグループ内の人材派遣会社ヒューマンリソシアへの登録も可能です。
ヒューマンアカデミープログラミング講座はこちら

RUNTEQ(ランテック)


プログラマーとして働くときに役立つスキルが得られるのは、RUNTEQです。
RUNTEQの特徴として、。800時間以上の学習量をこなしながら、利用者目線でプログラミングを開発する視点を学ぶことができます。つまり、RUNTEQで学べば、現場で求められる即戦力になれる人材を目指せるでしょう。

知識豊富な現役エンジニアがサポートしてくれるから、つまづいたところを質問しやすいところがポイント。疑問を残さず、学習を進めていけるのがメリットです。RUNTEQを卒業後の就職先は以下のような会社があります。
  • チームラボ
  • スタートアップテクノロジー
  • SARAH
  • TRIVE GROAP
実際にRUNTEQ卒業生が作成したアプリなどの作品も掲載されており、自分がなりたいプログラマー像をイメージしやすいでしょう。コエテコでは、RUNTEQ卒業生が「なぜスクールを選んだのか?」といったインタビューも掲載しています。
RUNTEQはこちら

POTEPAN CAMP


「ここで働きたい!」と思う就職先への転職を希望しているなら、POTEPAN CAMP
初心者でもプログラミングをスムーズに始められるよう、初心者向けのWebアプリケーションコースがあります。エキスパートを目指すなら、Railsキャリアコースを選択してみましょう。転職成功者のWeb系開発企業への内定率は100%(29歳以下の転職サポート実施ユーザー2021/7~2021/9までの実績)を誇っているのも大きな魅力と言えるでしょう。

プログラマーにとって必要な知識が楽しく身に付けられるよう、POTEPAN CAMPでは「ポテパンスタイル」も更新されています。実際のプログラマーが語るリアルな声もインタビューされているため、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。ポテパンキャンプを卒業後の就職先は以下のような会社です。
  • レバレジーズ株式会社
  • 株式会社オールアバウト
  • チームラボ株式会社
  • 株式会社ファンデリー
さらに、コエテコではPOTEPAN CAMP卒業生で、フリーランスとしてベンチャー企業で活躍している方のインタビューも掲載しています。「プログラマーになって、人生の自由度が大きく変わった!」と話されるインタビューもぜひご覧ください。
ポテパンキャンプはこちら

目指したいプログラマー像を描いて就職にも有利なプログラミングスキルを身につけよう

第4次産業革命へと進んでいる日本において、プログラマーは仕事に困らない職種の1つだといえるでしょう。プログラミングの確かなスキルを身に付けることで、相応の報酬が得られることもメリットだといえますね。

しかし、急速なスピードで変化を遂げている業界であるぶん、常にアンテナを張り学びを深めていく職業であるということも忘れないようにしましょう。

まずは、目指したいプログラマー像をはっきりと描いてから、自分に必要な学習方法やプログラミングスクールなどを選ぶようにしたいですね。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら