口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングスクールにおける転職保証とはどんな制度なの?

プログラミングスクールを利用しようと調べているときに「転職保証」や「転職支援」などのキーワードを見かけることもあるでしょう。「スクール卒業後は転職を成功させたい!」と考えている人は、転職保証の意味についてよく理解しておきたいですね。

この記事では、転職保証と転職支援の違いや、転職保証が手厚いプログラミングスクールについてご紹介します。自分が望むキャリアを描けるように、上手にプログラミングスクールを利用していきましょう!

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラミングスクールの転職保証制度を理解しよう!

転職保証制度は、指定されているコースを受講した後に転職できなければ授業料を返金されるサービスのことです。転職保証制度の多くは授業料が全額返金されますが、スクールによっては授業料の一部のみが返金されるケースもあるため注意しましょう。

転職保証制度が受けられるコースが限定されていることもあるため「自分が学びたいプログラミング言語は学べるか?」「就きたい職業に役立つスキルが得られるか?」も考慮したうえで、転職保証制度が適用されるコースを受講するようにしたいですね。
参考:プログラミングwoman

転職支援と転職保証の違いとは?

転職支援は、運営されているプログラミングスクールのほとんどで受けられる支援を指します。転職支援では、転職に関するカウンセリングや面接対策など、生徒が転職に成功するよう手厚いフォローを行ってもらえます。しかし、転職支援で優良企業を紹介してもらったとしても、必ずしも転職できるとは限りません。転職支援を受けたとしても、転職に成功できるかは自身のスキルややる気、それまでの経歴にも左右されるでしょう。

転職保証は、生徒側にとって大きなメリットになる制度です。コースの内容を学べるうえで、転職できなければ授業料は実質無料になります。転職保証制度は、プログラミングスクールの転職支援が手厚いことの表れでもあるといえるでしょう。なお、転職保証が指定されているコースは、授業料が高くなる傾向があります。「30代以上は転職保証を利用できない」などの年齢制限が設けられているケースもあるため、利用する際には注意しましょう。

転職保証制度のプログラミングスクールが向いている人

転職保証制度が受けられるプログラミングスクールが向いている人には、以下のような特徴があります。
  • 充実した転職支援を受けたい人
  • 費用を抑えてスクールに通いたい人
  • 20代で学習意欲に溢れている人
転職保証制度は、転職に不安を抱える生徒にとって力強い味方となってくれます。もし、転職に失敗したとしても、費用をキャッシュバックしてもらえればその後の進路変更もしやすいでしょう。

転職保証制度が利用できるプログラミングスクールを利用する際の注意点

プログラミングスクールの転職保証制度ですが、スクールによっては「30歳以下」などさまざまな条件が設定されています。スクールによっては転職保証制度を利用する場合、途中退会、受講期間の延長などができないというケースもあります。

また、途中退会や受講期間の変更が可能であっても、違約金や解約金が発生するケースもあるので注意しましょう。入学後のトラブルを未然に防ぐためにも、転職保証の利用条件は必ずチェックしておきましょう。

さらに、スクールによっては「書類作成から面接対策・推薦状発行、求人紹介まで転職活動をサポート」、「現役エンジニアによる学習サポートを受けられる」など、サポート内容が異なるので、必要に応じたサポートを受けられるスクールを選びましょう。

スクールによっては、学習が修了した後も転職保証のサポートを受けられるところがあります。学習期間中に転職できるか不安な方は、終了後に転職保証サポートが受けられるスクールを選ぶのがおすすめです。

転職保証制度が利用できるプログラミングスクール

それでは、転職保証制度が利用できる大手プログラミングスクール3選をご紹介します。

TechAcademy

全コースが転職サポート対応になっているのは、TechAcademyです。経験豊富な現役エンジニアがメンターとなり学習に寄り添ってくれるから、プログラミング初心者にとってもカリキュラムを完走しやすいスクールだといえるでしょう。TechAcademyキャリアでは、プロフィールを登録しておくことで企業からスカウトのメッセージが届きます。メッセージ内では、転職に関する相談もできます。

気になる企業からメッセージが来たときには、制限なく面接を受けることが可能です。年収300~800万を超える企業からもメッセージが届くケースがあるため、チャンスを掴めるよう積極的に自分からもアプローチしていきたいですね。
テックアカデミーはこちら

TechCamp

始めの14日間は無条件で全額返金保証があるのは、TechCampです。これまでに2,000名以上のエンジニア転職に成功しており、転職成功率は業界トップクラスの99%を誇ります。利用者の30%ほどは30代であるため、30代以上から転職を目指す生徒からも人気があるスクールとして定評があります。オンラインでも徹底的に学習をサポートしてもらえるから、身近にプログラミングスクールが無い人にとっても利用しやすいスクールだといえるでしょう。

転職保証を行っていますが、日本語の読み書きが難しい人や40歳以上の人は利用できないケースもあるため注意しましょう。卒業後も無制限でカウンセリングをしてもらえるため、転職後までフォローが手厚いことでも有名です。
テックキャンプはこちら

DMM WEBCAMP

優良企業の求人を数多く紹介してもらえるのは、DMM WEBCAMPです。DMM WEBCAMP PROコースでは、プロのカウンセラーに無料でカウンセリングをしてもらえます。就職活動のときに活用できるポートフォリオの制作も、きめ細やかにサポートしてもらえることが特徴です。面談が苦手な人は、カウンセラーに面談対策を依頼すると良いでしょう。

異業種からエンジニア転職が成功した卒業生も多く、未経験者が現場で活躍できるエンジニアになれるプログラミングスクールとして知られています。入会前に転職について不安がある人は、まずは無料カウンセリングを利用したいですね。

DMM WEBCAMPはこちら

【注意】「返金保証」について知っておきたいこと

多くのプログラミングスクールが制度を設けている「返金保証」。実は、スクールによって条件や期限が細かく異なることをご存知ですか?

中には「スクールの提供する転職支援以外の方法(自分で探す、など)をとった場合、返金保証が打ち切られる」場合なども。こちらの記事では知っておきたい「返金保証」についてまとめていますので、ぜひ一度ご覧ください。

まとめ

プログラミングスクールを利用する前に「転職保証」か「転職支援」かを必ず確認するようにしたいですね。転職保証制度があるプログラミングスクールは、生徒が転職に成功できるよう支援も手厚い傾向があります。大手のプログラミングスクールなら、自身のスキルや性格に見合った求人をみつけやすいことが特徴です。

転職保証があるプログラミングスクールで、自分に合う転職先をみつけてみましょう。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら