口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webアナリストの仕事内容やスキル、資格や年収は?Webマーケターとの違いも解説!

近年では企業の宣伝にホームページの作成は欠かせませんが、そんなホームページのアクセス解析を専門的な視点で分析するWebアナリスト」という職種が注目されています。今回はWebアナリストの具体的な仕事内容や必要なスキル・資格、年収やキャリアアップなどについて解説しています。Webアナリストを目指しているという方や転職を検討しているという方はぜひ最後までご覧ください。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

Webアナリストって、どんな仕事?

職種名
Webアナリスト
平均年収
500万円前後
概要
ホームページなどのアクセス解析を行って、現状の動向を分析したり今後の改善点を洗い出したりする仕事
活かせる資格
Webアナリスト検定、ウェブ解析士

Webアナリストの仕事とは?

Webアナリストの専門的な分析力に頼って集客力を上げたいと考える企業も増えているようです。そこで、まずはWebアナリストがどのような仕事を行っているのか、仕事の特徴を3つに分類してご紹介します。

ツールを利用してアクセス解析を行う

Google AnalyticsAdobe Analyticsといった解析ツールや専用ソフトなどを利用してウェブページの閲覧数や閲覧ユーザーの動向を把握します。たとえば企業のホームページであれば、どのような性別や年齢層のユーザーがどれだけの時間ページに滞在したかという細かいデータまで取得することができます。アクセス解析を行うことで現状を把握しますが、そのためにはグラフや数値のデータを正確に読み取るスキルが必要です。

データをもとに改善策を提案

アクセス解析を行った後には今後の課題を洗い出して対応策を練ります。クライアントのニーズやターゲットに合わせてウェブページの内容やデザインを変えたり、プロモーションの方法を検討したりとWebの特性を利用した改善策を考えます。企業の各部署が抱えている課題が解決できるような助言を行うには、豊富な知識や経験、柔軟な対応スキルが備わっていることが前提です。

マーケティングをサポート

Webアナリストがデータ解析結果をもとにより有益な分析を行うためには、マーケティングの知識を身に着けているというのが重要です。ウェブページでの宣伝だけでなく、内容によってはSNSでの発信やプロモーション動画の作成が適正である場合もあります。多角的な視点で企業の成長をサポートするためには、マーケティングの知識を身に着けているかどうかがポイントです。

WebアナリストとWebマーケター の違い

Webマーケターとはどう違う?

Webアナリストと混同しやすい職業のひとつに「Webマーケター」という職業があります。WebマーケターもWebを利用する職業ですが「商品を売る」「知名度を上げる」という視点に特化してWebの側面から基盤を整えている点で少し異なります。

Webアナリストの役割と業務フロー

Webアナリストはアクセス解析やヒートマップ解析といったツールやExcelなどのソフトを駆使してサイトの改善案を立案する業務を担っています。まずはクライアントがどのような経営方針でWebを利用したいのかということについてしっかりと意思疎通を行い、ニーズに合った方向性でサポートできるように土台を固めます。ウェブページについてはWebアナリストがデータを解析して、高レベルな統計学の知識によってアクセスの分析を行います。解析を行った後の改善策の提案がとても重要なポイントで、解析と改善の繰り返しによってウェブページを活性化させます。売上の拡大に繋がることが最終的な目標になる場合が多いでしょう。

Webマーケター の役割と業務フロー

WebマーケターはWeb全般の特性を利用して企業の知名度を上げたり商品を宣伝して販売したりといったサポートに重きを置いています。クライアントとのミーティングを重ねて経営方針を固めたあと、市場調査や販売戦略の立案を行います。ウェブページに関してはページの閲覧数を上げる努力はもちろん、Google検索などで記事が上位に食い込むように特定のキーワードをページ内に散りばめたりといった幅広い戦略的業務を行います。さらにサイトの設計を自ら考えることもあり、エンジニアやコーダーなどの職種と連携を取ってコンテンツやサイト設計を調整することで、閲覧数が増えやすいホームページを目指すこともできるでしょう。最終的には企業の売上に貢献できているかどうかが重要です。

Webアナリストに必要なスキル

ここではWebアナリストに求められるスキルについてご紹介します。今回は特に重要なスキルを3つに絞って解説します。

コミュニケーションスキル

Webアナリストの業務では企業の責任者やさまざまな部署の社員とやり取りをすることが多いのでコミュニケ―ションを円滑に図ることができるスキルが求められます。ミーティングではウェブページの解析結果や改善策についてをプレゼンすることもありますが、その際もわかりやすく話を伝えるスキルが求められるでしょう。専門性の高い業務だからこそ、多くの社員と共有できるよう明瞭に伝える必要があります。

ロジカルシンキング

ウェブページにまつわるさまざまなデータを正確に読み取って今後の改善策として活かしていくためにはデータをロジカルに扱うことができる論理的思考力が必要です。特に統計学の学術的な知識があれば多くの情報を効率的に整理して有効活用していくことができるでしょう。さまざまなデータを収集するだけではなく、次のプロセスに繋がるように検証したり原因を特定したりするロジカルシンキングのスキルを身につけましょう。

マーケティングの知識

クライアントのニーズの多くは利益の拡大ですが、経営力の強化を目的としてサポートを行うという意識が業務の大前提です。収集したデータをどのように活用することで集客が期待できるようになるのかをしっかりと分析し、実際に企業が実績を上げられるようになることでWebアナリストが評価されるようになります。実力主義の世界でもあるので、データに基づいて考えるだけではなく結果の出せる人材が求められます。

Webアナリストにおすすめの資格

Webアナリストとして働く際には、Web業界関連の資格をいくつか持っていることで知識や技術を証明することができるようになります。ここではWebアナリストを目指している方におすすめの資格「Webアナリスト検定」「ウェブ解析士」についてご紹介します。

Webアナリスト検定

Webアナリストに求められる基礎的な知識について証明することができる認定資格です。主にGoogle Analyticsを利用したデータ解析の方法や、データを応用する方法も学ぶことができます。講座ではWebサイトへのアクセス解析の方法について初心者の方にもわかるように解説しているので、これから転職を考えている方にもおすすめです。

ウェブ解析士

Web解析に関連する知識を学ぶことができる認定資格で、一般社団法人ウェブ解析士協会が提供するものです。初心者向けの基礎的な知識はもちろん、Webマーケティングの考え方や報告書の作成方法などすぐに実践で使える知識も幅広く扱っています。いち早く現場で活躍したいという方におすすめの資格です。

Webアナリストの年収

Webアナリストの年収はおよそ500万円前後といわれており、一般的な総合職の年収と比較すると少し水準が高い印象です。またフリーランスのWebアナリストのなかには年収1,000万円以上の方もいるようで、個人の技術や経験値が年収に反映される職種というのがよくわかります。つまり一般企業の方でもスキルや実績が認められれば年収をアップが期待できるかもしれません。日本ではWebアナリストの知名度はまだまだ低く就職先の選択肢も多くありませんが、Webアナリストを雇用している企業は規模が大きい会社であることも多く、採用されれば好条件で働くことができるかもしれません。またはWebディレクターなど類似する職種と兼任して雇用される場合もあり、その場合の待遇については企業特有の水準となるでしょう。Web業界に関する幅広い知識を持っていることで高待遇の条件で働くことができる可能性もあります。

Webアナリストのキャリアパス

Webアナリストは経験とスキルの程度によって年収アップが期待できるので、好条件で働きたいと考える方は技術力向上を図りながら実績を積んで着実にキャリアアップしていくのがいいでしょう。またフリーランスとして独立をすることで年収が上がったり仕事の幅が広がったりすることもあります。Web業界はこれからまだまだ需要が高まっていく業界なので、確かなスキルさえあれば独立をしても安定して仕事を受注することができるでしょう。Webアナリストから転職を希望したいという方は「Webマーケティング」でマーケティングに特化したり「データアナリスト」としてデータ分析を極めたりといった考え方で転職先を選べば好きな分野の仕事に就くことができます。Webアナリストの幅広い業務をこなしながら自分に向いていると思う分野や作業を探っておいて、いつか転職先を選ぶ際のヒントにするのもいいでしょう。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ