口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webマーケティングはやめとけ?求められるスキルとおすすめの始め方

ネットやSNSの普及に伴い、Webマーケティングスキルの需要が高まっています。しかし最近では「Webマーケティング業界への転職はやめた方がいい」という声も増えているようです。なぜWebマーケティングは「やめとけ」「後悔する」と言われてしまうのでしょうか。

今回はWebマーケティング業界への就転職が「やめとけ」と言われてしまう理由や、Webマーケティング業界の実情について解説します。未経験からWebマーケティングを勉強してみたいという人もぜひ最後までご覧ください。

WEBマーケティングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

Webマーケティングが「やめとけ」といわれる理由は

Webマーケティングが「やめとけ」「後悔する」「しんどい」と言われてしまう理由は以下が考えられます。
  • 結果が数字になって表れる
  • 正解がない
  • 専門用語が難しくて挫折してしまう
Webマーケティングに必要な情報は全て数字で管理されるため、常に成果を求められるという実情があります。しかし正しい戦略が明確ではないため辛抱強く作業を続ける必要があります。泥臭く努力を積み重ねていく仕事の性質が「Webマーケターはやめとけ」といわれる所以ですが、成果が出れば収入アップに繋がります。

さらに専門用語が難しくて挫折してしまう未経験者も多いようです。近年目覚ましく発展するWeb業界では常に新たな知識や専門用語が飛び交います。専門用語を使ってクライアントとスムーズにコミュニケーションをとれるようにしておきましょう。

Webマーケティングが向いていない人の特徴

Webマーケティングは、根気強く作業・努力ができる方や、下記ページで紹介しているような特徴を持つ方は向いているといえます。経験や実績を積むことができ、収入アップにもつながるでしょう。


では、Webマーケティングが向いていない人の特徴には、どのようなものがあるでしょうか?結論は、以下のとおりです。
  • 結果が出ないと、すぐに諦めてしまう
  • 論理的に物事を考えることが苦手
  • 新しいことを覚える・実践するのが苦痛
  • 試行錯誤するのは面倒
  • パソコン・ITのことがよくわからない
Webマーケティングは、がんばってもすぐに結果が出るものばかりではありません。またPDCAサイクルを回したり、新しいことを学んで、効果的な施策を考えることが大切な仕事です。
そのため上記のような特徴を持つ方は、嫌になったり挫折したりしてしまい、長続きしない・諦める、という結果になってしまう場合も。

ただし、これはあくまでも特徴や傾向の話で、絶対に向いていないわけでも、なることができないわけでもありません。
「自分に向いているかな」と心配な方も、まずは挑戦してみましょう。勉強する方法やスクールも多くありますし、実際にやってみなければ、適正の有無はわかりません。

向いていない人は「やめとけ」!Webマーケターに求められる資質

Webマーケターで案件を獲得する際にWebマーケティングの基礎知識は必須ですが、その他にもさまざまな資質が求められます。以下の特徴がある人は転職・就職の際も有利です。
  • 根気強さ
  • 論理的思考
  • コミュニケーションスキル
結果がでなくても論理的に戦略を続けられる根気強さが必要です。常に適切な課題を抽出し、仮説と検証を繰り返せる粘り強さが求められます。

さまざまな職種・年齢層・役職の人と話せる能力も重要でしょう。基本的にはクライアントの現状を改善するための仕事なので、ヒアリングや日々のミーティング、各チームとの情報共有といったコミュニケーションを図ります。企業の上層部と話す機会もあるでしょう。

Webマーケティングの将来性

「やめとけ」と言われるWebマーケティングですが、将来性の高い仕事です。理由としては、IT分野は過去から現在まで伸び続けており、今後も高い需要が期待できるからです。

インターネット広告費は年々右肩上がりで、2019年にはテレビ広告費を抜いたことも話題になりましたね。以降も市場規模はどんどん拡大しており、Webマーケティングのニーズも高まっています。

特に動画広告市場は大きく伸びることが予想されているので、将来性も明るいといえるでしょう。YouTube等SNSの動画広告はテキストや静止画よりも多くの情報を多彩な表現で届けられるので、注目している企業も多いです。

(参考:株式会社サイバーエージェント「サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表」)

Webマーケティングを始める人におすすめの勉強方法

Webマーケティングを勉強する方法は大きくわけて「独学」と「スクール」の2つがあります。

独学の場合は費用を抑えられるというメリットがあります。最近ではYouTubeやブログで現役Webマーケターが発信していることも多く、隙間時間にマーケティングの基礎的な情報を仕入れることができます。

「Webマーケティングはやめとけ」と言われる理由の一つにも挙げられる「専門用語がわからず挫折してしまう」という失敗を避けたい場合は、スクールを選ぶのが良いでしょう。スクールではクライアントとの実案件に挑戦したり、チャット相談や転職サポートを利用したりといったサービスが充実しています。短期間でプロマーケター相当の実力を身に着けたい人はスクールの短期間プランを選びましょう。

Webマーケティングを始めたい人におすすめのスクール

Webマーケティングのスキルを着実に身に着けたい人はスクールがおすすめです。

ここではWebマーケティングを始めたいという未経験者やフリーランスで高収入を目指している人におすすめのスクールをご紹介します。

TechAcademy Webマーケティングコース


出典:TechAcademy

TechAcademyのWebマーケティングコースあらゆる広告の知識やサイト分析、SEO対策、Webプロモーションスキルなどを網羅できるスクールです。学習と宿題を繰り返すサイクルがベースで、一人ひとりに合ったカリキュラムを設定するのも特徴的です。

週2回マンツーマンでメンタリングを受けることができ、毎日19~23時にはチャット・レビューサポートで学習相談もできます。学習期間は4週間から選択可能なので、短期間で集中して学びたい人も効率的な勉強ができるでしょう。受講料金は4週間プランの場合174,900円で、16週間プランでは339,900円です。学生の場合はさらに安い料金で受講できます。
TechAcademyはこちら

デジプロ


出典:デジプロ

リスティング広告やGoogle広告、ディスプレイ広告やTwitter広告など、Web広告の現場でよく使われるプロダクトの知識を学べるデジプロ。動画視聴で知識を勉強したあと、現役Webマーケターの直接講義を受けることで学びを深めます。講義中は質問し放題なので、一人で勉強する自信がないという人にもおすすめです

教室は渋谷、大阪、名古屋、広島、北海道など10都道府県に設置されており、各開催日時に沿って講義が行われます。オンラインで完結したい人向けのオンラインプランもあるのでお好みの学習スタイルが叶います。通学プランの受講料金は330,000円、オンラインプランは385,000円です。
デジプロはこちら

Wannabeアカデミー


出典:Wannabeアカデミー

Wannabeアカデミーはカリキュラム内で実務学習を多く取り入れているマーケティングスクールです。Webマーケティングの基礎知識を3か月間学んだあと卒業課題となるクライアントワークを行うので、修了時にはWeb施策の立案や実行ができる人材になっているでしょう。講座はオンラインもしくは新宿会場での受講から選ぶことができます。

転職や副業はもちろんフリーランスとして独立したいなど、さまざまな目的を専属キャリアコンサルタントが全面的にサポートします。google広告認定資格の試験対策も行っているので、資格をとって就職活動を有利に進めたい人にもおすすめです。一括払いの受講料金は264,000円です。
Wannabeアカデミー

マケキャンbyDMM


出典:マケキャンbyDMM

未経験からWebマーケターを育成するカリキュラムに特化しているマケキャンbyDMM。はじめの2か月は広告運用の基礎やクライアントへの提案方法を徹底的に学習します。3か月目にはクライアントの依頼に対して施策を立案したり提案書を作成したりといった実践活動を行います。実案件をこなすことで現場での仕事の流れが具体的にイメージできるでしょう。

学習形式は動画教材によるインプットとグループワークによるアウトプットの反復です。平日は隙間時間を利用して動画視聴することができるので、Webマーケティングを副業から始めたい社会人にもおすすめです。グループワークの最後にはメンタリングタイムも設けられているので、疑問や悩みを解消することができます。

転職コースの受講料金は657,800円です。転職できなければ受講料の半額が返金される転職保証は、確実に案件獲得をしたい人にとっては嬉しいサービスでしょう。学習のみ行いたい場合は比較的料金が抑えられる学習コースもおすすめです。学習コースの料金は385,000円です。
マケキャンbyDMMはこちら

WEBMARKS

出典:WEBMARKS

WEBMARKSはSEOマーケティングに特化したマーケティングスクールです。SEO対策を学ぶことでSNSやメールマーケティングなどの幅広い案件を獲得したり、長期的に案件を継続したりといったスキルを身に着けます。フリーランスとして自社HPのSEO対策を行うこともできるようになるので、低コストかつハイリターンが期待されるでしょう。

授業では2~3時間の動画視聴や課題添削、資格取得サポートなどを提供しています。オフラインでの交流会も開催しているので人脈をつくっておきたい人にもおすすめです。未経験や初心者でもマーケターとして転職・独立できる人材を目指します。

フリーランス養成コースの受講料金は498,000円で、事前学習1か月+SEO講座3か月+案件獲得サポート2か月が受けられます。
WEBMARKSはこちら

まとめ

Webマーケティング業界はやめとけ」「業務がしんどい」という声が挙がっている理由は、専門用語の難しさや地道な努力が必要な点だといえるでしょう。実際にWebマーケティングの施策には正解がないため、マーケターの知識量や経験値が活かされます。

しかしWebマーケティングの仕事で成果を出せば高収入やキャリアアップに繋がります。着実にマーケティングスキルを網羅したいという人は自分に合ったスクールで学ぶのがおすすめです。

WEBマーケティングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 未経験でもWebマーケター転職は可能ですか?

    答え 未経験者はポテンシャルをアピールできれば◎。未経験者の自己PRや課題アピールは似通ってくるため書類選考で落ちる原因になります。「リスティングとSEOができます」などスキルの組み合わせがある人、応募企業に対して何ができるかアピールできる人は印象に残りやすいです。

  • 質問 Webマーケターとしての転職先はどのような会社がありますか?

    答え 広告代理店、制作会社、コンサルティング会社などが主な転職先です。事業会社が自社サイトのSEO対策やSNS、広告運用をするためにインハウスマーケターを募集することも。インターネット広告費は年々上がっていることから、Webマーケターの需要は高まっていくと考えられます。

  • 質問 Webマーケティング未経験ですが授業についていけますか?

    答え Webマーケティングスクールの受講生は約8割が未経験!ついていけるかは自分の努力次第です。補講や質疑応答の時間を確保してサポート体制が手厚いスクールもあります。無料セミナーを開催しているスクールもあるので入会前に参加して自分に合っているか判断してみるのもおすすめです。

  • 質問 未経験からWebマーケターに転職するにはどれくらい学習期間が必要ですか?

    答え 最低でも40時間は必要だと言われています。独学orスクール、学ぶ内容の幅、本人の理解度によって学習の時間も変わってきます。Webマーケティング業界は変化が激しく、顧客のニーズに応えるため常に新しい情報を学び続ける必要があることは念頭に入れておきましょう。