掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

どこよりも簡単!Scratch(スクラッチ)のはじめかた|プログラミング入門


子ども向けプログラミング学習環境の『Scratch(スクラッチ)』。

最近では、学校教育や民間プログラミング教室にもよく使われています。

2020年小学校プログラミング必修化に向けて様々な情報がある中、
どのような学習をするべきなのか?

プログラミングと聞くと「難しそう」「分からない」といった先入観があるかと思い、

シンプルにわかりやすく伝えるべくスクラッチの入門記事を執筆しました!

今回は、はじめての方にもわかりやすく簡単なチュートリアルを作ってみました。

内容もそこそこに気軽に見て、ぜひ試してみてください。


まずは登録知しよう!


スクラッチ公式サイトのトップページ

スクラッチ公式サイトのトップページ


スクラッチを利用するには、サイトに登録する必要があります。

まずはスクラッチの公式サイト(ホームページ)にアクセス!


<スクラッチ公式サイト>
https://scratch.mit.edu/

① 『Scratchに参加しよう』ボタンを押してアカウントを登録します。


② 『ユーザー名』 『パスワード』 『メールアドレス』などを入力して次へ進みます。



登録メールアドレス宛にに確認メールが届きますので

メール内のURLをクリックしてスクラッチにサインインします。



いよいよプログラミング!

プロジェクトを作ってみよう


スクラッチ公式サイトのログイン後ページ

スクラッチの画面はインターネットブラウザ上で簡単に動かせます



「作る」ボタンを押してプロジェクトを作ってみます!



背景画像をアップロードしよう!


Scratchに背景画像を設定した画面

背景画像はコエテコくん(仮称)が済む宇宙空間



背景画像をパソコンからアップロードして設定します。

画面左の青く囲った『ステージ1背景』をクリックし、赤く囲った箇所で背景を選びます。

お持ちのパソコンから画像を選びたい場合は、右から2番目のアイコンをクリックしてください!

スプライト(キャラクター)を好きなものに


Scratchにコエテコくんのスプライトを設定した画面

スプライトの画像はコエテコくん(仮称)



スクラッチではスプライトと呼ばれるキャラクターを設定できます。

先程、背景を選択したアイコンの隣のアイコンをクリックします。
(初期設定では猫になっているので、そのままでいい場合は飛ばしてください)

同じ様に、好きな画像を設定できるので、お持ちの画像からお気に入りのものを選んでくださいね。
自分が好きなキャラクターが動くので、お子さんもさらにやる気がアップするかもしれません。

ブロックを組み合わせてさっそくプログラミング!


Scratchのプログラミング画面

実際のプログラミングコード


スクリプトのブロックを動かして設定します。

スクラッチでは組んだプログラムを動かしたいときに、赤く囲った旗のアイコンを押して動かします。

実際にこの様なプログラムを組んでいるので、下のURLから見てみてください!

★旗がクリックされたとき

・ランダムな場所へ行く

・【プログラミング!】と【1秒】言う

・ずっと

・y座標を10ずつ変える

・もし【y座標】>【190】なら

・【ランダムな場所】へ行く

・【コエテコ!】と【1秒】言う


★このスプライトがクリックされたとき

・【プログラミング!】と【1秒】言う

・【すべて】を止める


「ブロックパレット」にあるいろいろなブロック(命令)を「スクリプトエリア」に置くと、「ステージ」にある「スプライト」をブロックの命令通りに動かすことができます。


プロジェクトを見てみよう



「中を見る」ボタンを押すとスクリプトの詳細がわかります。


実際にプログラムが動いている様子

終わりに


Scratchでリミックスしてクリスマスバージョンにした画像

クリスマスバージョンにして遊んでみました



できたプログラムを共有すると、誰にでも作品を見てもらえます。

「リミックス」ボタンからその作品を改造して新しい作品を作ることもできます。


プログラムは何度でもやり直すことができるので、まずは気軽に試してみてください!
実際にプログラミングを初めて見ることで様々な気づきがあると思います。

公開日:2017.12.22

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事