春の入会キャンペーン!口コミ投稿・入会で最大15,000円分 Amazonギフト券プレゼント

掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ソニーのトイオ(toio)まとめ | 2023年のプログラミングおもちゃ

2020年4月、小学校でプログラミング教育の必修化が実施されました。

「家庭ではどんな準備をしたらいい?」と考えている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「そうはいっても、いきなり教室に通わせるのは難しいかも……」

そんな方は、あそびを入口にプログラミングに触れてみるのはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは「あそんで、学べる」をテーマに今年発売されたロボットトイ、ソニーのトイオ(toio)で遊べるソフトたちです。

小学生への入学祝いのギフト候補にも人気上昇中!お子さんやお孫さん、親戚のお子さんへのプレゼントにおすすめのトイオをご紹介します。

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教室・教材

トイオ(toio)とは?


トイオは、ロボット犬の「AIBO(アイボ)」などで有名なソニー(SIE)が子どもたちのために開発したロボットトイ(ロボットおもちゃ)です。

キューブ型のロボット2つ、コントローラーになるリング2本、本体がセットになっており、差し込むソフトを変えればさまざまなあそび方ができます。

ロボットにはレゴ®︎ブロックを取り付けられるので、手持ちのブロックと組み合わせて改造できるのも特長。

あそびながらプログラミングが学べるため、小学生の子どもにおすすめのギフトといえるでしょう。

toioで遊べるソフト(タイトル)は6種類* あり、5つのあそびが入った基本セットの「トイオ・コレクション」のほか「工作生物ゲズンロイド」「GoGo ロボットプログラミング」「トイオ・ドライブ」「おんがくであそぼう ピコトンズ」「大魔王の美術館と怪盗団」が発売されています。

* 2021年8月現在

気になる価格は「トイオ本体セット」が18,678円(税込)、「トイオ・コレクション」が6,578円(税込)、ほかのタイトルも5,478~6,578円(税込)。

プログラミング教室の月謝は平均で月に1万円〜2万円ほどかかるので、コスパのいい「プログラミング教育必修化対策ギフト」といえるでしょう。

(↓ toio本体と5つの遊びがつまった「トイオ・コレクション」のセット。迷ったらこれがおすすめ!)

プログラミングの入り口に

子供にプログラミングを学ばせるのは難しいのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。たしかに、実際にコンピュータなどに実行させるようなテキストプログラミングは、英語の要素も多分に含んでいるので、それを最初から学ぶことは難しいことでしょう。

そもそも、テキストプログラミングは大人であっても学習するのが難しいものです。それは、プログラミングに対する概念の整理と、実際にどのようにコードを書いていくのかを同時に覚えないといけないから。

ところがトイオなどのおもちゃで遊んでいると、難しいことは抜きにして、自然にプログラミングに関する概念が身についていきます。その状態でテキストプログラミングに挑んでみると、何もない状態に比べて簡単に習得することができるようになるでしょう。

トイオであそべるソフトまとめ


トイオは、子どもたちをさまざまな創意工夫に導くタイトルを用意しています。

「好きな人形でダンスさせる」「じぶんのつくったキャラクターで対戦する」「さまざまな動物の動きをプログラミングしてみる」「新しいゲームをつくる」……など、あそびを通じて、イメージがどんどんふくらんでいきます。

2020年より小学校で必修化されるプログラミング教育の目的の一つは、創意工夫してオリジナリティのあるアイデアを育てていく力。

トイオで毎日遊んでいるだけで、プログラミングの基礎だけでなく、イマジネーションや創造性も育ちそうですね。

以下では、トイオのソフト(タイトル)のラインアップをご紹介します。

迷ったらコレ!本体セットのバリューパック

「良さそうだな、買ってみようかな」と思ったものの、「いろいろあって選べない!」と戸惑う方もおられるかもしれませんね。

迷ったらとりあえず、「本体」と「トイオ・コレクション」がセットになっているコチラを買っておきましょう!

これさえ買えば、5つのあそびがすぐにできるのでおトク感があります。値段も1万円台と、入学祝いのギフトにちょうどいい価格です。

Amazonの購入リンクはこちら↓↓

5つのあそびが可能、ベーシックな「トイオ・コレクション」



本体をすでに持っていて、あそびのバリエーションを増やしたい人におすすめなのが「トイオ・コレクション」です。

①じぶんでつくったファイターをキューブ付けて闘わせる工作バトル「クラフトファイター」。

②音楽に合わせて動きをプログラミングしていくパズル「リズム&ゴー」。

③2匹のスカンクが尻尾を踏み合う追いかけっこ「スカンクチェイサー」。

④向かってくるキューブにおはじきを当てて闘う「フィンガーストライク」。

⑤好きなおもちゃをキューブにつけて自由に動かす「フリームーブ」。

バリエーション豊かな5種のあそびができる、トイオの王道タイトルと言えるでしょう。

5つのあそびはどれもシンプルですが、プログラミング的思考を刺激する知育マインドにあふれたタイトルとなっています。

Amazonの購入リンクはこちら↓↓

絵本のようにプログラミングを体感する「GoGo ロボットプログラミング」



はじめてのプログラミングを体験したい子どもにピッタリなのが、このタイトル。絵本とカードを使ってプログラミングを学べます。

子どもたちは冒険絵本の登場人物になり、不思議なロボット種族のロジーボたちのアドバイスを聞きながら、課題を乗り越えていきます。

カードを並べて読み込むとロジーボがプログラミングされ、絵本の上を動くしくみ。楽しいセリフや効果音も入っており、子どもも退屈しません。

あそびながら自然に「順次、分岐、反復」 というプログラムの三つの基本構造が学べるようになっています。

冒険が進むうち、課題も少しずつむずかしくなります。最後までワクワクしながら、あそびと学びにあふれた時間を過ごせるでしょう。

Amazonの購入リンクはこちら↓↓

工作してつくった不思議動物が動き出す「工作生物ゲズンロイド」



キューブの上に紙工作したなぞの工作動物が、プログラムされた習性どおりに動き出します。

つくり方ブックにそって紙工作をしていき、付属の「めだま」やシールを組み合わせたりもします。

完成した工作をキューブにつけて "うごきのプログラム" を注入すると、いろんな生物が動きます。

「ピタゴラ装置」のユーフラテスが開発を担当した"うごき"の工作キットです。


Amazonの購入リンクはこちら↓↓

みんなの街やサーキットをリアルに走る「トイオ・ドライブ」


付属のtoioリングを使ってハンドル操作するドライブゲーム。

前進、後退の基本操作はもちろん、見えないワイヤーで故障車を引っ張るなど高度なプレイも可能。

サーキットモードでは、友だちと二人でレースもできます。

車のボディを付け替えたり、スタートやゴールの場所を決めて自作のレースコースを生み出すなど、創造性にあふれたあそびが実現します。

Amazonの購入リンクはこちら↓↓

まとめ:プログラミング的思考を身につけるなら早いほうがいい!

トイオの対象年齢は6歳以上です。

保護者のなかには「6歳でプログラミングはむずかしいかも」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、トイオのソフトはどれも気軽に遊べるものばかり。一足先にプログラミングのセンスや考え方の基礎を学んでおくのは、けっして無駄にはならないでしょう。

トイオなら、楽しくあそびながら自然とプログラミングの感覚が身についていきます。

何年もたって、すっかり立派に成長したお子さんにとっての「忘れられない入学祝いのギフト」になるかもしれませんね。

開発者インタビュー記事はこちら

コエテコではいち早く、開発者のソニー株式会社T事業企画室 課長(事業開発担当)田中 章愛(たなか・あきちか)さんとT事業企画室 室長 中多 大介(なかた・だいすけ)さんにインタビューも行っています。

開発者が語るトイオのツボとコツ、こちらも絶対見のがせません!


トイオ開発者である田中 章愛(たなか・あきちか)さんとアフレル社長・小林 靖英(こばやし・やすひで)さんに独占インタビューも行いました。小さなお子様でもトライ&エラーを繰り返しやすい教材として、手軽さと再現性に優れたトイオのメリットを伺っています。

やる気のあるお子様の好奇心を刺激し、ロボットに苦手意識があるお子様でも扱いやすいトイオの秘密について詳しくお話いただきました。


トイオをプログラミング教材として導入している、大阪・泉佐野のプログラミング教室「Soft Garden(ソフトガーデン)」さんに取材してきました。「輪投げ大会」などを開催し、生徒同士でプログラミング技術を競い合うことで、生徒同士のコミュニケーションや意欲を育んでいます。

低年齢の生徒や女生徒からトイオが人気を集める理由についても伺っています。画面内だけでプログラミングを行うよりも、実際に触れて作り上げることができるトイオは、お子様が夢中になって取り組める教材だそうです。

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教室・教材

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ