掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

プログラミング入試|私立中学受験で採用されている学校4選まとめ

近年、AIの発達が進むにつれて、ITやプログラミングなしでは日々の生活が送れない世の中になりつつあります。

そんな中、ついに今年から小学校でのプログラミング教育が必修化します。小学生のお子さんを持つ保護者としては、どうなるんだろう?と動向が気になっているところですよね。

プログラミング教育はすでに、中学受験にも関係してきており、今後就職活動にまで影響があると言われています。

これからの時代に必要となるプログラミングの知識、学校によって教育もまだ差があるように思われます。

この記事ではプログラミングを試験に採用している私立中学校を4つ紹介し、各学校に学校にどんな特徴があるの?どんな試験形態があるの?などをまとめます。

プログラミングが受験・就職に使える機会が増えている!

2020年度から小学校のプログラミング教育が始まります。2021年度には中学校、2022年度には高校の授業でも教科書を一新し、より高度なプログラミング教育の必修化を予定しているそうで、今後は大学入試にもプログラミングが関わってきます。

企業としても、今やSNSの活用や業務の効率化は当たり前のスキルとなってきており、ITに関する知識をつけておくに越したことはないでしょう。
今後は学校だけでなく、就活においてもプログラミングやITの知識が必然となってくることは目に見えています。

そういった流れもあり、ここ数年ではプログラミングスクールの数が子ども向け/大人向けの両方で急激に増加しています。中にはIT企業への転職保証をしているスクールもあり、個性豊かな教室が増えてきているのです。

↓子ども向けプログラミングスクールについてはこちら↓

↓子ども・大人どちらも通えるプログラミングスクールについてはこちら↓

プログラミングにはどんなメリットが?

小学校のプログラミング教育といっても、具体的にどのようなことをするのでしょうか。

プログラミング教育必修化のねらいは、簡単にいうと「プログラミング的思考を養う」ことです。

文部科学省から出された「学習指導要領解説」には次のように書かれています。
子供たちが将来どのような職業に就くとしても時代を超えて普遍的に求められる「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような働きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力)を育むため、小学校においては、自動がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動を計画的に実施することとしている。
つまり、自分自身で論理的に考えて行動できる力を身につけなさいということですね。
これはプログラミングに限らず、どんなことにおいても大切な力となり得るはずです。

↓「プログラミング的思考」についてはこちら↓

プログラミングを採用している私立中学校4選

ここからはプログラミング入試が採用されている中学校をピックアップし、ご紹介します。

駒込中学校


駒込中学校ではSTEM入試が2019年入試よりスタートしました。STEMとは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の各分野を「相互横断的」に学び、学んだことを「実際の生活に応用」することを目的とした21世紀型の新しい教育です。

STEM入試では、従来の入試では測りきれない受験生の力を問います。その力とは、アルゴリズムを考える力、身の回りにある課題を発見する力、組織や人々と協働しながら解決する力、そして発信する力です。

駒込のSTEM入試は、アルゴリズムと四則計算が中心の「STEMⅠ」と、プログラミング が中心の「STEMⅡ」の二つの試験が行われます。STEMⅠの試験時間は50分、STEMⅡの試験時間は1時間50分で、途中STEMⅠとSTEMⅡの間に10分間の休憩を挟みます。

聖徳学園中学校


聖徳学園中学校には「Minecraft:入試」があります。マイクロソフト社のMinecraft:を活用した、集中思考・創造性を重視した入試です。デザイン思考を取り入れた創造性を評価します。

同じく「Sphero入試」もあり、こちらは論理的思考力を重視した入試です。
ボール型ロボットSpheroを使用し、思考力・判断力・コミュニケーション能力・プログラミングを楽しむ力を評価します。算数が好きなお子様にオススメします。

この上記2種類の入試を実施しており、それに伴ったプログラミング教室も月1で実施されています。

大妻嵐山中学校


大妻嵐山中の新しい入試の試みとして「ORみらい力入試」が実施されます。

この内容としては、小学生向けプログラミング言語のScratch(スクラッチ)やPyonkee(ピョンキー)など(他のプログラムでも可)で作成した物語やゲームなどを以下の点についてプレゼンテーションするというものです。内容は以下の通りです。

1.作成したプログラムを動かす
2.プログラムで何をしたかったか説明する
3.プログラムの特徴や工夫したところは何かを説明する

実施の趣旨として、大妻嵐山中はこのように説明しています。
・何を理解しているか、何ができるか(知識・技能)
・理解していること、できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力)
・どのように社会・世界と関わり、より良い人生を送るか(学びに向かう力、人間性等)
が重要であると議論がされているところであり、知識・技能や思考力等のみならず、「学びに向かう力、人間性等」についても重視し、教育課程全体の中でバランスよく育んでいくことが期待される。

相模女子大中学部


2019年からプログラミング入試がスタートしました。

この年の入試内容としてはモーターカーを使って「荷物(レゴブロック)を、障害物(壁)を迂回しながらゴールまで運ぶ」ということと、1組3〜4人に分かれ、プログラミングについての発表とディスカッションでした。

モーターカーの採点基準は、成功不成功にあるのではなく、動作の基本理解度、荷物を障害物を避けながら運び、ゴールさせるプログラミング力、このプログラミング力を持続させる努力、完成したプログラミングの補正、再構築など多岐にわたって採点されます。

また、ディスカッションでは課題発見能力、発想力、工夫しようとする力などが採点基準となりました。

まとめ:「詰め込み」から子どもの特性を生かす入試へ

プログラミングに限らず、その子にあった特性を活かしてあげる、そんな入試を導入している学校が日本にも増えてきました。

現在はまだまだ首都圏に集中しており、地方には少ないようですが、今後もプログラミング入試ポテンシャル入試などの制度を導入する学校は増えていくことでしょう。

この背景には、多様化する社会でものびのびと自分の個性を活かしていく。そして思考力、判断力、発想力を育成し、評価していく方向へ社会そのものが変わってきているということでしょう。その一つにプログラミングというものも選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

IT人材が不足しており、AIの発展によって現在の仕事の半数がなくなってしまうと言われている昨今、必須の技術であると言われているプログラミングを学んでおくのも良いかもしれませんね。

公開日:2020.01.28

いよいよスタート!

プログラミング教育必修化にそなえて
無料体験してみませんか?

子どもたちのプログラミング教室の様子
コエテコなら、お子さんにぴったりの教室がみつかります。
  • お住まいの近くの教室をカンタンに検索できます。

  • 授業料や口コミ、コース内容もしっかりチェックできます。

  • カンタンに無料体験の申し込みができます。

\まずは無料体験へ!/

お近くの教室を探す!
Amazonギフト券2000円分プレゼント中!

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

WRITERこの記事を書いた人

RECOMMENDおすすめ記事