口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

macでプログラミングを始めるときに知っておきたいポイントとは?選び方も紹介!

これからプログラミングを本格的に始めたいと考えている人のなかには、「Macがプログラミングに向いているって本当?」「どのMacを選べば良いの?」と気になっている人もいるでしょう。

この記事では、Macでプログラミングを始めるときに知っておきたいポイントやMacの選び方をわかりやすく紹介します。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • COACHTECH(コーチテック) フリーランス特化のスクール!案件獲得や転職活動につながる実績形成ができる!

Macでプログラミングを行うメリットとデメリット

プログラミングを始めるときにMacを選ぶか迷っている人は、Macを選ぶメリットとデメリットを理解しておきましょう。

Macを選ぶメリット

Macを選ぶメリットは、以下の通りです。
  • Apple製品向けのアプリ制作に向いている
  • Swiftが扱える
  • 操作が直感的で初心者向き
  • ツールやWindowsのインストールが可能
  • バッテリーが長持ちしやすい
  • UNIXコマンドが利用できる
  • サーバーサイド言語を学習できる
Macは、アプリをゴミ箱に入れるだけでアンインストール可能など、ユーザー目線の扱いやすさが強みです。また、バッテリーをフル充電すると7~10時間連続で使用できるため、ノマドワーカーからも選ばれていることが特徴です。

さらに、プログラミングを行う目的がiOSアプリ開発ならば、Macを選ぶことがおすすめです。iOSアプリ開発は、「Xcode」と呼ばれる開発環境が必要です。WindowsではXcodeを扱えないため、注意しましょう。

サーバーサイドの言語であるPython・PHP・Rubyなどは、Macを利用すれば環境構築の手間が少ないことがメリットとして挙げられます。

Macを選ぶデメリット

Macを選ぶデメリットは、以下の通りです。
  • macOSに対応していないソフトウェアがある
  • ゲーム開発に不向き
  • PCの本体価格が高額
  • カスタマイズ性が低い
Macを選ぶ際に、学習したいソフトウェアと対応しているかは確認すべきポイントの1つです。Macの本体価格は、100,000円を超えるものが一般的です。そのため、価格を抑えてPCを購入したいなら、中古品や整備済製品などを検討しても良いでしょう。

また、PCにおけるゲームソフトは、Windowsでプレイすることが一般的です。そのため、将来的にゲームプログラマーを目指しているなら、カスタマイズ性の高いWindowsを選択することが賢明です。

プログラミングを行うならどのMacを選ぶ?

プログラミングを行うなら、最適なMacを選びたいですね。ここでは、Macのモデル別に特徴を詳しく解説します。

MacBook Pro

出典:Apple
本格的にプログラミングを学ぶことを考えている人から選ばれているのは、MacBook Proです。
MacBook Proには、以下のような特徴があります。
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • プログラミングを行うのに十分なスペック
  • 13~16インチのなかから選べる
なお、13インチのMacBook Proで148,280円(税込)、16インチでは299,800円(税込)となっています。持ち運び可能かつ高スペックであるため、プログラマーを目指している人は選んで間違いのないモデルだといえるでしょう。

MacBook Air

出典:Apple
プログラミング初心者向けのエントリーモデルは、MacBook Airです。しかし、8GB固定であるため、本格的にプログラミングや動画編集などを行いたい人にとってはスペック不足に感じることもあるでしょう。

MacBook Airの特徴は、以下の通りです。
  • 比較的価格が安い
  • 重量が1.29kgで持ち運びやすい
  • サイズは13インチのみ
  • 端子が2カ所
なお、256GBストレージのMacBook Airで115,280円(税込)で、512GBストレージは142,780円(税込)となっています。

iMac

出典:Apple
豊富なカラー展開と画面の見やすさから選ばれているのは、iMacです。デスクトップモデルであるため持ち運びはできませんが、大画面でプログラミングを行える点がメリットとして挙げられます。

iMacの特徴は、以下の通りです。
  • ストレージを増やせる
  • ディスプレイサイズは24インチ
  • 最大2TBのストレージ
iMacの価格は154,800円(税込)であり、256GBモデルは177,800円(税込)、512GBモデルは199,800円(税込)となっています。

Mac mini

出典:Apple
79,800円(税込)から購入できるのは、Mac miniです。小型デスクトップPCであるMac miniは、最大2台のディスプレイを同時にサポートすることができます。小型であるため、Mac miniのみを持ち運ぶことも可能です。

Mac miniの特徴は、以下の通りです。
  • キーボードやモニターを自由に選べる
  • 周辺機器にこだわりたい人に向いている
  • さまざまなツールを扱える
価格を抑えてMacを購入したいなら、Mac miniを利用して使用感を試しても良いでしょう。プログラミング用としてMac miniを購入するなら、16GBにカスタマイズしてストレスなく作業できるようにしたいですね。

プログラミングを行う人がMacを選ぶときの注意点

プログラミングを行うことを前提でMacを選ぶなら、処理の重い作業をどれくらい行うかを目安にして選びましょう。一般的に処理が重い作業と呼ばれるのは、仮想環境や動画編集、Xcodeなどの総合開発環境が挙げられます。

スペックが高く持ち運びの良さを兼ね備えているのは、MacBook Proの15インチです。スペックが高いPCは処理スピードも速く、生産性が向上することが強み。13インチは安価で入手しやすい点が嬉しいポイントですが、プログラミングを行いづらいなどのデメリットがある点も理解しておきましょう。

Macでプログラミングが学べるおすすめスクール

プログラミングスクールの中には、Macを推奨または指定しているスクールもあります。ここでは、Macでプログラミングを学べるおすすめスクールを3つご紹介します。

DMM WEBCAMP エンジニア転職

出典:DMM WEBCAMP エンジニア転職

転職成功率98%という実績を誇るDMM WEBCAMP エンジニア転職。未経験から3か月でプロのスキルが身につく短期集中コースや働きながら学べる就業両立コース、最大56万円の給付金が適用できる専門技術コースなど、自分に合ったペースで学習できます。

料金は690,800~910,800円(税込)で、HTMLやCSS、jQueryやRubyなど実践レベルのプログラミングを幅広く習得可能。DMMグループならではの限定求人非公開求人も豊富なので鮮明なキャリアパスを描けるでしょう。給付金適用で350,800円(税込)になります。

DMM WEBCAMPではMac・Windowsのどちらでも受講可能ですが、Macの場合は最新版のMacBook AirやMacBook Proを推奨しています。
DMM WEBCAMP エンジニア転職はこちら

RUNTEQ

出典:RUNTEQ

Web系開発会社が運営するRUNTEQでは、RubyRuby on Railsを含むプログラミング基礎について学ぶことができます。課題解決型のカリキュラムは800〜1,000時間の圧倒的学習量で、Webエンジニアに求められる自走力を着実に身に着けます。

Railsを扱うWeb系企業ではMacが使われることが多いため、RUNTEQ受講生はMacの使用が指定されます。「どのMacを購入すればいいかわからない」と迷う人はキャリア相談会で相談することもできるので、まずは問い合わせてみるのがおすすめ。Webマスターコースの料金は一括払いの場合437,800円(税込)です。
RUNTEQはこちら

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

出典:POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)の受講生は9割以上が未経験者ですが、転職成功者のWeb系開発企業内定率は100%。104項目の基礎学習や16個の実践課題、平均30回のコードレビューなど実務経験さながらのカリキュラムで早期戦力化を実現できます。

ポテパンでは100社以上の提携企業と選考を有利に進められるのもメリットの一つ。書類や面接、ポートフォリオを手厚くサポートしてもらえるので、スピード感のある内定獲得が期待されます。一番人気のRailsキャリアコースは一括払いの場合440,000円(税込)で、メモリ8GB以上のMacを所持していることが応募条件の一つです。

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)はこちら

まとめ

プログラミングを始めるためにMacを購入するなら、作業内容を踏まえたうえで選ぶようにしたいですね。価格をチェックすることも重要ですが、スペックを意識して選ぶことで作業効率はアップするでしょう。

内臓SSDやディスプレイのサイズなど、プログラミングをするために譲れない条件を書き出すことがポイントです。そのうえで、最適なMacを選んでみましょう。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • COACHTECH(コーチテック) フリーランス特化のスクール!案件獲得や転職活動につながる実績形成ができる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 受講するのに年齢制限はありますか?

    答え ベーシックなコースは年齢制限はありません。 大人向けのプログラミングスクールは10代の学生から、社会人、定年退職者と幅広い年齢層が受講しています。ただし、転職保証や受講料が無料になる特待生コースは年齢制限を設定しているところもあるため条件の確認をしましょう。

  • 質問 スクールの教材以外にも追加で書籍など購入する必要はありますか?

    答え スクール内で基礎知識が身に付くカリキュラムが多いです。が、現場に出た際に自分で解決できるようあえて受講生に調べさせるような内容になっているところも。その場合は、講師からおすすめの書籍を紹介して購入する卒業生さんもいますし、ネットで検索して知識を補っている方もいます。

  • 質問 未経験から転職活動を始める場合、どれくらいの期間で内定が獲得できますか?

    答え 平均で3ヶ月ほどと言われています。ご本人のバックボーンや希望条件によって変わってきますが、スクール卒業生の取材でも未経験の方はだいたい3ヶ月ほどで内定を獲得しています。エージェントに登録して、スクールの転職サポートで書類添削や面接指導を積極的に受けています。

  • 質問 地方在住ですが転職活動で不利になりますか?

    答え 都市部に比べてIT企業や制作会社、広告代理店の地元求人は少ないのが現状です。地方在住のスクール卒業生さんから聞くと地元転職で苦戦している話も聞きます。活動範囲を広げると交通費や宿泊費といった出費もかさんでくるため、オンライン面談など柔軟に対応してもらうのも1つの手です。