プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

プログラミング教室の選び方:プログラミング教室の種類

小中高でのプログラミング教育の必修化に向け、習い事としてのプログラミングを検討する方が増えています。

実際にお子さんを通わせる教室を選ぶにあたっては、費用、授業内容、先生の質など、気になることがたくさん出てきます。

各教室のパンフレットを見ても、「子どものやる気を引き出す」「これからの時代に必要なスキル」……など、どこか抽象的で、特徴がわかりにくいと感じている方もいますよね。

そこで今回は、教室選びの参考に、プログラミング教室を大きく3種類に分けてそれぞれの特徴をご紹介します。

まず、適正を見極めよう

プログラマをはじめとするITエンジニアの仕事は専門性が高く、実際の社会では、仕事内容は細かく分かれています。そのため、一言で「プログラミング学習」といっても、教室によって重視しているポイントはかなり違います。

体験教室やワークショップに行ってみても「楽しい」が先に立ってしまい、「本当にこの子に合っているのかな?本当に続けられるのかな?」と疑問に思うかもしれません。

ですが、「保護者の方にしか分からないお子さんの特徴」というものもあるはずです。

まず、以下に簡単なテストをご用意したので、テストでお子さんの適正を確認してみてはいかがでしょうか?

保護者むけチェックテスト


質問 はい
いいえ
パソコンのことは、よくわからない A B・C
プログラミング学習で、まず何ができるのかを知りたい A B・C
1人でじっくり取り組ませたい C A

お子さん向けチェックテスト

質問 はい いいえ
やりたいことが決まっていない A B・C
すでにロボットに興味津々 B A
キーボードのローマ字入力ができる B・C A
ブロックやプラモデルよりもスマホゲームが好き C B
YouTubeの動画を作りたい C A・B
一つのことを深く探求できる B・C A
興味のない事には集中できない B A・C
友だちと一緒に学びたい A・B C


3タイプの教室解説


A,B,Cそれぞれで、どの項目が一番多かったでしょうか?それぞれの項目で、おすすめの教室は以下となります。

Aが多い => 「初めて向け」コース
Bが多い =>
ロボット・ものづくり系」コース
Cが多い => 「クリエイティブ系」コース

「初めて向け」コース


こんな人におすすめ!

・パソコンのことはよく分からない
・授業必修化の前に知っておくべきことがある気がする
・やりたいことが決まっていない、まず何ができるのかを知りたい
・友だちと一緒に学びたい


Aが多かった方は、お子さんが普段の生活でパソコンを触ることがあまりないご家庭ではないでしょうか。
将来的にパソコンのスキルが必要な気はしているけれど、どうすればいいのかはピンと来ていない…という状況かもしれません。

そのような場合、まずは「パソコンやプログラミングで何ができるのか?」を学べる教室はいかがでしょう?
パソコンの使い方や情報社会での生き方を学べる教室、「パソコンを使わないプログラミング」を教える教室などがあります。

→詳しくはプログラミング教室の選び方 :「初めて向け」教室とは

「ロボット・ものづくり」系教室


こんな人におすすめ!

・ロボットに興味津々
・一つのことを深く探求できる
・興味のない事には集中できない
・ブロックやプラモデルが好き


Bが多かったお子さんは、ブロックやプラモデル、工作などが好きな子が多いです。
これと決めたゴールに向かって黙々とやり続ける一方で、集中しているときは声を掛けるタイミングが難しいといった特徴も。

そのような子は、『レゴ®マインドストーム 』や『micro:bit(マイクロビット)』を教材とした、工業・理数的なものつくりコースのある教室がおすすめです。
確かな手応えを感じられるカリキュラムのもと、自分と同じロボット・工作好きの友だちと一緒に学ぶことで、1人では難しいゴールへにたどり着くことも可能になります。

→詳しくはプログラミング教室の選び方 :「ロボット・ものづくり系」教室とは 

「クリエイティブ系」教室


こんな人におすすめ!

・1人でじっくり取り組みたい
・パソコンの操作はある程度できる
・YouTubeの投稿動画を作りたい
・ペンタブレットやカメラ搭載ドローンが欲しい


Cが多かったお子さんは、想像力が豊かで1人の時間を大切にしたいタイプではないでしょうか。
「細かい絵を書いたりなど、オリジナリティ溢れる作品を作りたい」「自分用のパソコンで何かを作りたい」という思いを持ったお子さんかもしれません。

そのような子には、動画作成やゲーム・アプリ制作など、クリエイターを養成するスクールがおすすめです。
お子さんが心の奥で「こんなことをやってみたい。でも、どうすればいいか分からない」とモヤモヤ考えていたことを、実現できる機会になるかもしれません。

→詳しくはプログラミング教室の選び方 :「クリエイティブ系」教室とは 

まとめ

以上、プログラミング教室をざっくりと3種類に分けました。

実際のところ、ITに関する仕事はすべてが密接に関わり合っており、無関係なことはありません。しかし、その中でも、可能なかぎり「お子さんらしさ」を発揮できる場所で始めさせてあげたいものです。

何が向いているかを把握したうえで体験教室に行けば、「イマイチ合わない」「ここがぴったり!」などの手応えも感じやすくなるでしょう。

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事