掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

プログラミング教室へ通わせることのメリット・デメリットとは?

小学校でのプログラミング教育必修化を前に、子どもの習い事として人気の高まるプログラミング教室

けれども、どうしても教材費などがかかってしまうため、割高な習い事であるのは確かです。

「本当に必要なの?」「メリットは何?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

プログラミング教室に通わせると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。


プログラミング教室のメリット

学校の授業準備もバッチリ!

2020年度から、小学校ではプログラミング教育が必修化します。

その目的はプログラミングを通して物事を整理し、論理的に考える力を育むこと。

とはいえ、「プログラミング」という教科ができるわけではありません。「算数」や「理科」など、他の教科の内容とセットで学ぶことになっています。

そのため、教科書やテストが用意されているわけではありません。どの学年で、どの教科で、どのくらいの時間を割り当てるかは各学校が判断します。全国一律ではないのですね。


テストや教科書がないと言っても、お子さんにとっては初めて習う内容です。パソコンやタブレットの操作に戸惑ってしまうこともあるでしょう。

プログラミング教室に通っておけば、デジタル製品に対する苦手意識を減らし、論理的に考える力を身につけることができます。

学校の授業にも、柔軟に対応ができるのではないでしょうか。

親子のコミュニケーションがラクになる

多くのプログラミング教室では、講師は必要最低限のことしか指示しません。

それぞれの興味や目的に合わせて、自分から動く力を育てようとしているのです。

そのため、教室内では「〇〇をするためにはどうしたらいいの?」と、子どもから質問させるようなカリキュラムが組まれています。

子ども同士で作品を見せ合ったり、分からないところを教え合ったり、コミュニケーションを重視しているのです。


このコミュニケーション能力は、親子の間にも欠かすことはできません。

「どう考えているのか」「どうして欲しいのか」「どうすればよくなるのか」など、きちんと言葉で説明できるようになってくれるので、子育てが少しラクになるかもしれませんね。

自主的に学ぶようになる

どんな習い事にも言えることですが、興味を持てば、子どもは自ら行動するようになります。

プログラミング教室の場合、ゲームやロボットなど様々な種類のカリキュラムがあります。

ゲームが好きな子ならゲームの作り方、ものづくりが好きな子ならロボットなど、それぞれの興味に合わせたスクールを選べば驚くほど熱中してくれるでしょう。

「無理やり勉強をさせられている」という感覚ではなく、遊びの延長線上で学ぶことができるのです。

中には、お子さんが自ら立候補してプレゼンをすることもあります。これからの時代にふさわしい能力と言えるのではないでしょうか。
好きだから夢中になる!みんなが主役のIT×ものづくりの発表会「ワンダーメイクフェス」


プログラミング教室のデメリット

パソコンの利用時間が長くなる

プログラミングを習わせることのデメリットは、どうしてもパソコンやタブレットの利用時間が長くなることです。

プログラミングが合っている子であればあるほど、テレビゲームと同じくらい没頭してしまったり、どこで中断すればよいのか判断が難しいケースもあります。

熱中するのは良いことですが、適度に休憩を入れないと目に負担がかかってしまいます。

それぞれの家庭の方針をよく話し合い、時間制限を設けたり、休憩を入れるよう促すといったアクションが必要です。

スキルが身につかず「遊び」で終わってしまう

プログラミング教室の授業は、「月に2回」や「週に1回」程度であることが多いです。

さらに、どの程度の深い内容まで扱うかはスクールによって大きく異なっています。

教材が教室レンタルの場合、どれだけ興味を持っても家で続きをすることができません。

結果的に、「遊び」レベルで終わってしまうことも考えられます。

子どもに合った教室選びが必須

プログラミング教室のカリキュラムは、ゲームをつくったり、ロボットを作ったり、3Dを作ったりと幅広くなっています。

せっかくプログラミング教室に入会してみても、子どもの興味に合わず、つまらなさそうにしている……というのはもったいないですよね。

正式に入会する前に、必ず体験教室や見学に足を運び、きちんと興味を持っているかどうかを見極めてください。

それによって、大きく伸び幅が変わってくるはずです。

公開日:2019.01.10

コエテコからのお知らせを受け取ろう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事