掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

Ruby(ルビー)とは?|知っておきたいプログラミング言語を紹介

プログラミングの世界に国境はありません。だからこそ、海外で開発された言語の場合、細かいところを調べようとすると英文資料にあたる困難もありました。

そんななか、Ruby(ルビー)は日本の技術者が開発したプログラミング言語として世界で使われています。

日本語で書かれた参考書も多く学びやすい。しかも、グローバルシーンでの競争力も充分!

ここでは「すべてがオブジェクト」「楽しさが存在意義」を設計思想とするユニークな言語Rubyを紹介します。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

Ruby(ルビー)とは?

Rubyは1995年に日本の著名なソフトウェア技術者、まつもとゆきひろ氏(通称:Matzさん)が開発したプログラミング言語です。

日本生まれの言語としてはじめてIEC(国際電気標準会議)で国際規格に認証されました。

ここではRubyの特徴について紹介します。

すべてがオブジェクト

オブジェクト指向とはプログラミングをブロックのつながりと考え、一つ一つに名前をつけて「モノ」として認識しながら構造的に積み上げていく考え方です。


Ruby以前のオブジェクト指向の人気プログラミング言語にはPythonがありましたが、Matz氏が当時のバージョンのPythonに満足できずみずから開発したのがRubyでした。

開発思想は「すべてがオブジェクト」。

プログラムのすべての部分を塊(かたまり)としてつながりが見える独自のアーキテクチャー(構造)になっています。

楽しさとわかりやすさが存在意義

Matz氏は著書の前書きで「ストレスなくプログラミングを楽しむのがRuby開発にもっとも重視した点」と語っているそうです。
Ruby には Perl や Python とは決定的に違う点があり、それこそが Ruby の存在価値なのです。それは「楽しさ」です。私の知る限り、Ruby ほど「楽しさ」について焦点を当てている言語は他にありません。Ruby は純粋に楽しみのために設計され、言語を作る人、使う人、学ぶ人すべてが楽しめることを目的としています。しかし、ただ単に楽しいだけではありません。Ruby は実用性も十分です。実用性がなければ楽しめないではありませんか。
— まつもとゆきひろ、Ruby プログラミング入門 まえがき 監修者よりのページ(Wikipediaより引用)

Matz氏は同じくRubyをシンプルである以上に自然な言語にしたとも言っています。
Rubyの外観はシンプルです。けれど、内側はとても複雑なのです。 それはちょうど私たちの身体と同じようなものです。
Rubyホームページより

この言葉に現れているようにRubyはオブジェクト指向のプログラミング言語がめざす方向である「プログラミング構造の理解しやすさ」を徹底的に突き詰めています。

このためにプログラミングに楽しさをもたらす言語として現在でも人気ある言語の一つにも数えられています。

自由度が高いプログラミング言語

プログラミングでは多くの場合「文法を守る」「ミスを出さない」「出してしまったミスを探し出す(デバッグする)ためにソースコードを確認する」作業に時間を費やされてきたと言われます。

そのため、本来プログラマーが力を発揮すべき「じぶんのアイデアを生かす」「使いやすいアプリや見やすいwebサイトをつくる」場面に十分な労力を割けないケースがあるようです。

もちろんRubyにも文法はありますし、エラーも出ます。しかし、形式的な記号などを極力使わないシンプルな構造になっているので考える部分に多くの時間と労力を費やせると言われます。

「これをつくりたい」と考えるゴールに向けてプログラマーなりの道筋を選べる「自由度の高いプログラミング言語」と評価されているのです。

Ruby(ルビー)はどんな分野で活用されている?

オブジェクト指向を突き詰めたプログラミング言語、Rubyの技術はどんな分野で生かされているのでしょうか?活用分野をまとめてみました。

webアプリ開発

現在広く活用されているwebアプリ開発用のフレームワークにRuby on Railsがあります。

これを活用すると初心者でも大きな困難なくwebアプリを開発できます。

読者が写真付きのコンテンツを投稿し、他のユーザーがコメントや「いいね」をつける。それによってコミュニティが発展していく。

こうした仕組みでユーザーから支持されるwebアプリがRuby on Railsのもっとも得意としている分野です。

たとえばクックパッド、食べログ、価格.com、クラウドワークスなどの人気サイトもRuby on Railsを活用してつくられています。

iPhone、iPad、Android端末のアプリ開発

iPhoneとAndroidの端末以来、ゲーム、エンターテインメント、学習、ユーティリティなど携帯アプリの開発は企業だけではなく個人で活動する一般のプログラマーにまで拓かれてきました。

そこに大きく貢献したのがRubyMotion。Rubyを使って携帯端末のアプリを開発するためのツールです。

企業のなかで携帯アプリ開発にかかわる人はもちろん、個人で携帯アプリのヒットを生んだ成功談もあるようです。

Ruby(ルビー)のかしこい学び方とは?

RubyはJavaScript、PHP(ピーエイチピー)、Python(パイソン)などの主要言語のなかでもっとも「とっつきやすい」と言われます。

一般に一つのプログラミング言語をマスターするのには1,000時間ぐらいの学習が必要なようです。

インターネットでチェックすると多くのひとはRubyの学習はその1/4ぐらいの時間で仕事に使えるレベルに達しています。

この点から見てRubyは比較的独学に向いている言語なようです。

さらに学習者をバックアップするのはRubyが日本人により開発された国産のプログラミング言語のため日本語で書かれた参考書が多いのも事実です。


またRubyの人気を示すように通学、オンラインのスクールも数多くあります。

この点から見るとRubyは「社会人でも学びやすい」プログラミング言語の筆頭といえそうです。

まとめ|学習の成果がでやすいおトク感のあるプログラミング言語!

プログラミング学習をはじめるとき多くのひとが考えるのは時間とお金のパフォーマンスかもしれません。

「この言語をマスターしたら就職にどれぐらい有利だろうか」「どれぐらいお金を稼げるだろうか」

その点でRubyはもっともおトク感の高い言語の一つといえます。
  • 自由度が高く比較的難易度が低い
  • 幅広い用途で使われている
その一方でとっつきやすい自由度か高いからこそプログラマーの発想力やセンスが問われる言語です。

プログラミング初心者が学びはじめるのに、入口が広く奥行きが深いRubyは確実に一つの選択肢になるでしょう。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ