口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

webマーケティングに向いてる人の特徴って何?適性を理解して転職を考えよう

Webマーケティングに興味があっても、「自分に適性があるのかがわからない」という人もいるでしょう。Webマーケティングを仕事にする場合は、向いている人と向いていない人の特徴を抑えておきたいですね。

この記事では、Webマーケティングに向いている人・向いていない人の特徴をわかりやすく紹介します。

WEBマーケティングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

Webマーケティングに向いている人の特徴5選

それでは、Webマーケティングに向いている人の特徴を見ていきましょう。

ロジカルに考えられる人

Webマーケティングの仕事は、PDCAをロジカルに分析し、改善施策を考え続ける能力が求められます。さらに、ネット上で多くの人を集客するためには、ターゲットに刺さる計画を立案する必要があります。

なお、PDCAとは、以下の内容を指します。
  • 施策を立案:Plan(計画)
  • 施策を実行して検証:Do(実行)
  • 施策の結果をもとに評価:Check(評価)
  • 評価をもとに改善案を提示:Action(改善)
Webマーケターは、このPDCAを繰り返し行う際に、論理的に情報を分析することが重要です。さらに、消費者がサービスや商品を購入するまでの道筋を探るスキルが求められます。

好奇心旺盛な人

好奇心旺盛な人は、市場の激しい変化にも対応しやすいことが特徴です。トライ&エラーを繰り返すWebマーケターは、新しい視点から解決策を探る必要があります。そのため、好奇心旺盛な人にとって、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

また、以下のような情報を積極的に得られる人がWebマーケターに向いています。
  • SEO対策に関する知識
  • SNSに関する知識
  • ネット広告に関する知識
  • ホームページ分析に関する知識

新しい情報を得るだけではなく、プログラミングなどに関する新たなスキルを身に付けることに意欲的な人もWebマーケターに向いているでしょう。

物事に没頭できる人

趣味や仕事など、何か1つの物事に没頭した経験がある人は、Webマーケターの素質があるといえます。なぜなら、Webマーケターは疑問に思ったことに対して、貪欲に探求するスキルが必要だからです。

Webマーケターは、データ分析をする際に膨大な量の数字と対峙することが特徴です。そのため、根気強く自分の役割を全うできる人や集中力を切らさずに業務に携われる人も、Webマーケターに向いていることが特徴です。

心理学に興味がある人

Webマーケターは、消費者の行動心理やプロセスを読み解くことが業務の1つです。つまり、消費者が何に悩みを抱えて、行動を起こすかということを判断することが重要です。消費者の行動心理を理解することで、より効果的な計画を立てられるようになります。

そのため、心理学に興味がある人や心理学を学んでいる人にとって、Webマーケターは向いている職業だといえます。消費者の行動心理を把握したら、実際に周りの人にリサーチするなどの行動力も必要になります。

計算が得意な人

Webマーケターは、アクセス解析やクリック率、お問合せ率などのような数字を日々チェックします。数字を把握したうえで、売上アップを推進するよう戦略を練る必要があります。戦略を立てる際には、費用対効果の良い方法を模索します。

なお、Webマーケターは以下のような計算式を使用します。
  • 離脱率=当該ページから離脱した回数÷当該ページのページビュー×100
  • 直帰率=最初のページから離脱されたセッション数÷最初のページとなったセッション数×100
  • CVR(コンバージョン率)=コンバージョン数÷セッション数×100
  • CTR(クリック率)=クリック数÷広告のインプレッション数
  • CTC(クリックに対するコンバージョン率)=コンバージョン数÷クリック数×100
  • CPC(クリック単価)=広告費÷クリック数
  • CPA(顧客獲得単価)=総広告費÷コンバージョン数
  • CPO(顧客獲得費用)=広告費÷購入人数
上記の計算式のほかにも、エンゲージメント率やROI、利益率や売上など、さまざまな計算式を用いる必要があります。

Webマーケティングに向いていない人の特徴

Webマーケティングに向いていない人の特徴は、以下の通りです。
  • 失敗を恐れ行動に映せない
  • ルーティンワークを好む
  • 新しいトレンドに興味がない
  • 変化を嫌う
  • オフィス仕事が苦手な人
上記のような特徴がある人は向いていないケースもありますが、実際にWebマーケターとして業務をしなければ、向き不向きはわからないもの。自信がない人でも、確かなスキルを身に付けていれば、徐々に業務に慣れるでしょう。

Webマーケティングが向いている人はどうするべき?

ここでは、Webマーケティングが向いている人は、どのような方法でWebマーケターへの道を歩むのかについて説明します。

Webマーケティングスクールに通う

Webマーケティングが初心者なら、Webマーケティングスクールに通うことを検討してみましょう。オンラインスクールを利用すれば、本業がある人でも隙間時間に勉強しやすいことがメリット。現役のWebマーケターが講師を務めるスクールなら、現場で活かせるスキルを習得できます。

副業を始める

Webマーケティングの基礎知識がある人なら、副業としてスタートする方法があります。クラウドワークスやクラウディアなどのクラウドソーシングを利用すれば、初心者向けの案件も見つかります。Webマーケティングは、1本あたり30万円ほどになる案件もあることが魅力の1つです。

IT業界に転職する

IT業界の転職市場では、Webマーケティングの需要が高いことが特徴です。そのため、未経験者や初心者などを積極的に採用している企業も多い傾向があります。ただし、大手企業やベンチャー企業、広告代理店などによってWebマーケティングの業務内容は異なるため、求人内容を把握したうえで応募したいですね。

まとめ

Webマーケティングは、知識やスキルを伸ばすことでキャリアアップしやすいといわれています。そのため、「自分のスキルで独立したい」と考える人にも向いている職業だといえます。消費者の反応が数字となって現れるため、仕事に対するやりがいも得られるでしょう。

Webマーケティングの適性を判断したうえで、副業やIT業界への転職を考えたいですね。

WEBマーケティングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 未経験でもWebマーケター転職は可能ですか?

    答え 未経験者はポテンシャルをアピールできれば◎。未経験者の自己PRや課題アピールは似通ってくるため書類選考で落ちる原因になります。「リスティングとSEOができます」などスキルの組み合わせがある人、応募企業に対して何ができるかアピールできる人は印象に残りやすいです。

  • 質問 Webマーケターとしての転職先はどのような会社がありますか?

    答え 広告代理店、制作会社、コンサルティング会社などが主な転職先です。事業会社が自社サイトのSEO対策やSNS、広告運用をするためにインハウスマーケターを募集することも。インターネット広告費は年々上がっていることから、Webマーケターの需要は高まっていくと考えられます。

  • 質問 Webマーケティング未経験ですが授業についていけますか?

    答え Webマーケティングスクールの受講生は約8割が未経験!ついていけるかは自分の努力次第です。補講や質疑応答の時間を確保してサポート体制が手厚いスクールもあります。無料セミナーを開催しているスクールもあるので入会前に参加して自分に合っているか判断してみるのもおすすめです。

  • 質問 未経験からWebマーケターに転職するにはどれくらい学習期間が必要ですか?

    答え 最低でも40時間は必要だと言われています。独学orスクール、学ぶ内容の幅、本人の理解度によって学習の時間も変わってきます。Webマーケティング業界は変化が激しく、顧客のニーズに応えるため常に新しい情報を学び続ける必要があることは念頭に入れておきましょう。