口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webマーケティングの転職で後悔する理由とは?後悔しないためのコツを解説

Webマーケティング業界に転職したいけど、「後悔したらどうしよう」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。未経験からの転職となると、不安に思うのは当然です。

今回は、Webマーケティング転職で後悔したよくある理由について紹介します。さらに、転職を後悔しないためのコツまで解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

Webマーケティングの転職で後悔する理由

Webマーケティング業界は華やかに見える反面、地味な作業が多くあります。入社後にギャップを感じる方は多いかもしれません。以下では、Webマーケティング転職で後悔した、よくある理由について紹介します。

残業が多い

Webマーケティングは残業が多いといわれる職種です。Webマーケティング業界は成長が早く、次々と新しい施策に取り組む必要があります。SNSの発達でYouTubeやInstagramなどの活動領域が広くなったことから、仕事量が多くなっていることは間違いありません。

中小企業の場合、少ない人数でマーケティング業務を回さなければならないので、大手企業よりも仕事量が多くなるでしょう。

また、マーケティングという肩書きはあるものの、他の業務と兼務している企業もあります。膨大なマーケティング業務を少ない人数で回すことで、残業が多くなることが予想されるでしょう。

結果を求められる

Webマーケティングは、結果が数値としてはっきり出ます。施策を実行したのに申し込みが0件だったり、Webサイトをリニューアルしたのに訪問者数が伸びなかったりすることも少なくありません。

自分の提案で結果が出ないと、精神的に追い込まれる可能性があります。このような精神的な辛さで転職を後悔している人も多いでしょう。

地味な作業が多い

Webマーケティングは企画立案や施策実行、データ分析などが主な仕事内容です。企画立案ではターゲットのニーズを深掘りして、分析する必要があります。自分がターゲットとかけ離れている場合はとくに、業界のトレンドをSNSや書籍から地道に調査しなければなりません。

また、キャッチコピーや広告文をひたすら考えることも仕事の一環です。地味な作業が多いことで、入社前のイメージとのギャップを感じて後悔する場合があります。

Webマーケティング転職で後悔しないためのコツ

未経験でWebマーケティング業界へ転職する場合、注意すべき点がいくつかあります。転職して後悔しないためにも、以下の注意点を参考にしてくださいね。

Webマーケティングの仕事内容をよく知る

Webマーケティング転職で後悔しないためには、まずWebマーケターの仕事内容をよく知ることが大切です。企画立案や施策の実行、データ分析など大まかな流れだけでなく、企画立案ではどのような作業が必要になるのか、施策はどうやって実行するのかなど、内容まで調べましょう。

Webマーケターは基本的に地味な作業が多く、結果が出ない場合はクライアントから詰められる可能性があります。Webマーケターの仕事は「売上をつくること」です。シビアな面があることは、頭に入れておきましょう。

企業の口コミをチェックする

入社を検討している企業の口コミをチェックすれば、社内の雰囲気が少しつかめるかもしれません。苦手な雰囲気の職場で仕事を続けるのは、精神的に疲れてしまいます。参考程度にチェックしておきましょう。

ただし、企業の口コミサイトである転職会議OpenWorkは、退職者や転職を考えている人が口コミを投稿している場合がほとんどです。悪い口コミを、すべてうのみにしないようにしましょう。

年収が下がる場合は慎重に考える

未経験の転職はWebマーケティング業界に限らず、年収が下がることが考えられます。しかし、未経験だからといって自分を安売りしすぎてはいけません。

また「結果を出せばすぐに年収が上がる」といった、甘い言葉にも騙されないようにしましょう。必ず給与が上がる確証はどこにもありません。最低2年間は給与が上がらないかもしれないという気持ちで、入社するか判断することをおすすめします。

Webマーケティングに向いていない人の特徴3選

続いて、Webマーケティングに向いていない人の特徴について紹介します。Webマーケティング職の適性がない場合は、転職をしても後悔してしまうかもしれません。しかし、実際に入社してみないとわからない部分もあります。

以下の向いていない人の特徴を参考にしてから、転職するかどうかを判断してみてくださいね。

長時間のパソコン作業が耐えられない人

Webマーケターの仕事は、基本的にパソコン作業です。座り仕事が苦手な方には向いていないかもしれません。

ただし、Webマーケターのなかでも広告代理店であれば、クライアントとの打ち合わせで外出する機会があります。自社マーケターの場合は1日社内業務になることが予想されるので、自分の向いている業界を選びましょう。

マニュアル通りにしか動けない人

Webマーケティングには正解がありません。参考書通りに進めても、うまくいかないときがあります。

マーケティングで相手にしているのは人間です。すべてロジカルに考えたからといって、結果が出るわけではありません。本当に参考書や上司の意見が正しいのかを疑い、責任をもって業務に取り組める人が向いているでしょう。

すぐに結果を出したい人

Webマーケティングのなかでもコンテンツマーケティングは、施策を実施してから結果が出るまで時間がかかります。ブログで月1万円の収益を出すには、最低でも半年~1年程度の期間が必要だといわれるほどです。

広告運用やキャンペーンなどは、1ヶ月程度で効果が出る場合があります。施策を実施してすぐに結果が出るものではないので、早く結果を出したい人には向いていないでしょう。

Webマーケティングが向いている人の特徴

Webマーケティングが向いている人の特徴は、以下の通りです。
  • 環境に応じて柔軟に対応できる人
  • ロジカルに考察できる人
  • 好奇心旺盛な人
  • 常に勉強し続けられる人
  • 地道に作業を続けられる人
Webマーケティング業界は成長が早く、常に情報をアップデートし続ける必要があります。さまざまなことに興味をもち、常に勉強し続けられる人が向いているでしょう。

まとめ

Webマーケティング転職で後悔する理由として、残業が多いことや地道な作業が多いことが挙げられます。また結果が求められるので、施策がうまくいっていないときは精神的に厳しいときもあるでしょう。

しかし、自分の提案が売上に直結するWebマーケティングは、大変やりがいのある仕事です。職業の向き不向きは、実際にやってみないとわからない部分があります。Webマーケティングがおもしろそうだと感じるなら、ぜひ挑戦してみましょう。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ