掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

第4次産業革命って何?これから日本は何が変わっていくの?

第4次産業革命って何か知っていますか?ニュースや本、インターネットなどでも目にする言葉で、なんとなくは知っているけれど、詳しくは解らないという人も多いのでは?

第4次産業革命について産業革命の歴史や、日本での社会や生活の変化などを交えて紹介します。


1.第4次産業とは?



産業の分類を簡単に説明します。

第1次産業は農業・林業・水産業、第2次産業が鉱工業・製造業・建設業や電気ガス業。第3次産業は1次2次産業に含まれないもので、目に見えないサービスを提供する無形財の産業で、サービス・通信・小売り・金融や保険などが含まれます。


1次~3次産業まではよく知られていますが、第4次産業とは何でしょうか?

第4次産業は、上記の産業分類の定義に入らない新しいタイプのもので、情報通信・医療・教育サービスなどの知識集約産業などがあります。

技術開発など、物質やエネルギーの大量変化(消費)を伴わないという特徴があります。

分類の難しい産業もあり、今まで第3次産業に入っていたものなども、性格の異なった産業の著しい発展により新たな産業として提唱されはじめています。



2.産業革命って何?産業革命の歴史



第4次産業革命を説明する前に、産業革命の歴史について紹介します。


産業革命

  

産業革命は18世紀半ばから19世紀にかけて起こった産業の変革と、それに伴う社会の構造の変革のことを指しています。


イギリスで蒸気機関の開発により、工場製機械工業が設立しました。蒸気機関の活用により、鉄道や蒸気船の整備も進み「交通革命」ももたらしました。

この時期には織物工業や製鉄業などの技術革新や発展も大きく、近代の幕開けと言える変化と言われています。


この時期の産業革命は、産業の工業化が進んだことで、工業革命と呼ばれることもあります。

モノ造りが人の手から機械へと移っていったことが最大の特徴となります。


第2次産業革命

  

続いては第2次産業革命について説明します。


一般的には産業革命の第2段階とされており、1865年から1900年におきた産業の変革を指しており、産業革命で工業が大きな躍進を遂げたイギリスだけでなく、フランス・ドイツ・アメリカなどでも技術革新により工業力が大きくなりました。


工業だけでなく、化学・電気・石油などのエネルギーなどの技術革新も大きく、輸送手段の変革なども進みました。


大きな特徴として、電力の導入により大量生産が可能となりました。工業用品だけでなく飲食料品や衣類などの製造も機械化が進み、消費財の大量生産の仕組みが確立されていきました。



第3次産業革命


第3次産業革命については、様々な見解が述べられていますが、一番の特徴はコンピューターの導入による自動化があげられます。


20世紀半ばから後半にかけてコンピューターの発達により、工場での機械の自動化により、より効率的に量産が可能になりました。

またICT(情報通信技術)の普及により、生産の自動化も可能となりました。


他にも、20世紀半ばの電子力エネルギーの活用や、21世紀初頭のインターネット技術の発達や再生可能エネルギーの開発などを指して使われる場合もあります。




3.第4次産業革命とは何か?



産業革命によりモノづくりが人から機械へと移り、工場での大量生産、機械の自動化と変わってきましたが、第4次産業革命はどうなっているのでしょうか?  


第4次産業革命


第4次産業革命とはいったい何でしょうか?一般的にはIoTやAI(人工知能)を用いることで起こる製造業の革新と言われています。


IoTはInternet of Thingsの略で、日本語で「モノのインターネット」と呼ばれています。これは、あらゆるモノがインターネットと繋がり、情報交換をすることで相互に制御するシステムを指しており、日本でも総務省がIoTの普及に取り組んでいます。


これらの技術を取り入れることにより、コンピューターが人工知能などにより、自分で判断し動くシステムが確立できるようになります。これにより製造業のさらなるデジタル化・コンピューター化が進むとされています。

インダストリー4.0


第4次産業革命とよく同意義の言葉としてあげられるインダストリー4.0。ご存知でしょうか?

世界で初めてIoTの普及を国家プロジェクトとして宣言したもので、ドイツ連邦教育科学省が勧奨し、ドイツ工学アカデミーにより2011年に発表されました。これを受けて先進国を中心に第4次産業革命への注目が高まり、その成果を出すことがより重要視されることになりました。


日本で使われている第4次産業革命とは少し異なる意味合いもありますが、製造業のデジタル化・コンピューター化による自動化を推進している点では同じです。


どんな利点が生まれるの?


第4次産業革命により、産業にはどんな利点があるのでしょうか?


まずはコンピューターで管理することにより、効率化を図ることができる点があげられます。これにより、生産性の向上やコストの削減も期待されます。

他にもコンピューターによる品質管理により、製造される商品の品質安定・向上や安全性の向上、情報管理による商品の改善も期待できます。


労働時間や労働環境の向上や、重労働からの解放など、働く人にとっても良い点もあります。仕事を機械に奪われる可能性もありますが、少子高齢化の現代では働き手の不足を補う効果もあり、一概に良し悪しは語れません。


*関連リンク

 ・第4次産業革命(内閣府HP)

 http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html


4.日本は何が変わっていくのか



第4次産業革命により、日本は何が変わっていくのでしょうか?様々な視点から紹介します。


社会・教育の変化

 

日本政府はIoTの普及を目指しており、それにより社会や教育が大きく変化していきます。


デジタル社会の現代では、IT技術や化学工業などの技術者の需要が拡大しており、人材不足も問題となっています。そうした中、社会で求めらるスキルも変わってきており、「21世紀型スキル」など、自ら考え動くことが求められる社会となっています。

(*21世紀型スキル:デジタル社会を生きるる為に必要とされる10項目のスキル)


また社会の変化に伴い、デジタル社会で活躍できる人材の育成など、教育改革も求められています。小学校でのプログラミング教育の義務化、アクティブラーニングの導入、STEM教育(Science・Technology・Engineering・Mathematicsの頭文字をとったも。科学・技術・工学・数学の教育分野の総称)や国際教育の推進など、社会の急激な変化に対応できる教育へと変化しようとしています。


産業の衰退

  

第4次産業の拡大など、発展を遂げている産業もありますが、デジタル化などの第4次産業革命により、衰退している産業もあります。


ペティークラークの法則をご存知でしょうか?イギリスの経済学者のコーリンクラークが提唱した法則です。

経済の発展に伴い、国民経済に占める第1次産業の比重は低下し、第2次産業、次いで第3次産業の比重が高まっていくという、産業構造における法則です。


日本でも第1次産業である農業や水産業などでは、海外からの輸入による需要の縮小や、後継者不足など、産業の衰退が問題となっています。

これからの社会を生き抜くためには、こうした産業にも新たなシステムの導入が必要となっています。


IoT社会の具体例


IoTやAIが導入されるた社会とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?


身近なもので言うと、お掃除ロボットなどもそのひとつとして、あげられます。自動で部屋を回り床を掃除します。IoTにより、離れた場所からも確認や操作することも可能となります。

AIを使用したロボットが接客をしてくれる、ホテルや飲食店なども登場しており、将来的にロボットと供に働いたり、日常におけるサービスを受けることも増えるのではないでしょうか。


他にも警備システムなどでも、IoTが活用されています。家の監視システムを利用し、外にいながらペットや子供の様子を確認できるなど、活用されています。


身の回りのものから、公共の場で使われるものまで、今まで別々のものとして利用していたツールを、それぞれ繋げることにより、幅広い活用方法が生まれます。


5.日常生活に変化はあるの?



  

第4次産業により、社会や教育が変化していくだけでなく、日常生活にも変化はあるのでしょうか?


生活スタイルの変化


IoTが普及することで、日常における生活スタイルにも変化は起こると予想されます。


自宅にいても、インターネットを通じ外の世界と繋がることが出来る現代では、極端な話をすると家から出なくても生活することが出来ます。

在宅ワーク・ネットショッピング・ネットバンクなど、家にいても買い物や仕事をすることが出来ます。映画なども映画館やレンタルショップに出向かなくても、ネットで見ることができ、今までは役所などに出向かないと行えなかった手続きなども、ネットを通じて行うことができるなど、非常に便利になっています。


電化製品などの技術向上やIoTやAI導入により、家事などの負担も軽減されており、手軽に様々なことが行えるようになっています。


逆に家にいない時でも、遠隔操作で家電を動かすなど、時や場所を選ばずに色々なことが出来るようになってきています。


仕事のスタイルの多様化と変化


仕事におけるスタイルも多様化しています。産業の発達や改革により、仕事が多様化してきており、それに伴い仕事のスタイルも、フレックスタイムや在宅ワーク、ネットを通じたクラウドサービスなど、様々な形があります。


ネットを利用することにより、職種によっては仕事をする場所を選ばないため、会社にいなくても仕事が出来たり、また実際に顔を合わせたことがないなど、その場に一緒にいない人とも仕事をするなど、ネットを通じて広い世界で仕事をすることも増えていくのではないでしょうか?


仕事で求められているスキルも変化しています。

経済産業省では第4次産業革命スキル習得認定制度を導入しており、現在は16事業者23講座が認定されています。


人間関係の変化


インターネットが身近なものとなった現代では、人間関係においてもネットが大きな役割を担っています。


ネットやSNSなどが普及する前は、家族や近所の人、学校や職場などで実際に会った人達との人間関係が基本でした。実際に会って、一緒に何かをするなかで信頼関係を築いていました。

ネット社会の今は、ネットで趣味の合う仲間を見つけたり、知らない相手に様々な相談事をしたり、一緒にゲームを楽しんだりすることが出来ます。

海外など距離があり、通常なら出会うことが出来ない人たちと繋がることも出来ます。


携帯電話やスマホの普及やSNSの活用により、付き合いの薄い人間でも人間関係が切れることなくつながっていたりと、気軽に出会い連絡を取り合える環境が出来ています。


*関連リンク

 ・第4次産業革命スキル習得認定講座について(経済産業省HP)

  http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180110001/20180110001.html


6.その他の産業と新たな革命





第4次産業革命について紹介しましたが、産業の発展により新たな産業や、それに伴う新たな変革が始まると言われています。


第5次産業革命


現在第4次産業革命の真っ只中にも関わらず、実はすでに第5次産業革命という言葉が登場しています。


第5次産業革命は明確な定義はされていませんが、経済産業省の資料によるとビッグデータやAIによる、第4次産業革命と最新バイオテクノロジーの融合による、スマートセルインダストリー(生物による物質生産)としており、医療・工業・農業・エネルギー産業など、様々な分野で活用できると期待されています。


また、産業構造審議会の報告書でも、人口問題・食糧問題・資源エネルギー問題・高齢化社会といった現代社会が直面する課題への解決策になりうるとして、第5次産業革命というべき変革を生み出す可能性があるとしています。


5次産業 


5次産業とは、第1次産業から第4次産業までの産業形態を自由に融合・分化させて、これまでになかったものを生み出す産業とされています。

農家や漁師が直売所で売るなど、そういった形態も含まれます。


また、ただモノを製造するのではなく、創造情報を扱うことも特徴とされています。例えば、4次産業である研究機関で考えられたモノを、1次産業や2次産業があらたな商品として形にしていくなど、新しいモノを創造していくことで、新たな社会的価値を創造するなど、第4次産業革命においても大きな役割を担うことが期待されています。


6次産業と6次産業化


衰退する1次産業である農業や水産業を活性化される起爆剤として、期待されている6次産業について説明します。


1次産業では、農畜産物や水産物の生産を行うとされていますが、6次産業では生産だけでなく、2次産業である加工、3次産業である流通・販売など生産者が全体を通して主体的に関わる多角経営を行う産業となっています。

それにより今まで別の事業者が得ていた利益を、生産者本人が受け取ることで利益の向上や産業の活性化が期待されます。


それに伴い、農林水産省では農林漁業の6次産業化を推進しています。

これにより地域の資源を活用し新たな産業を創り出し、農村など地方集落などでも雇用や所得を確保することで、若者や子供が定住できる社会を構築するなど、産業の発展だけでなく、地方の再生や活性化も視野に入れられています。


*参考資料

  ・経済産業省の産業構造審議会2020未来開拓部会・報告書(経済産業省)

  http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/20161215001.html

  ・産業構造審議会・商務流通情報分科会 バイオ小委員会報告書

  http://www.meti.go.jp/press/2016/07/20160714001/20160714001-2.pdf

*関連リンク  

  ・農林漁業の6次産業化(農林水産省)

  http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika.html



まとめ


第4次産業革命や産業や社会の変化について紹介させていただきました。


IoTの普及や社会のグローバル化など、急激に変化していく現代において、第4次産業革命に対応するスキルを身に付けることは、今後の社会生活を送るうえで重要な要因のひとつです。

また4次産業だけでなく、5次6次産業なども登場しており、すでにあるものを活用するだけでなく、新しく創造していくことも注目されています。


現在、日本の第4次産業革命は欧米諸国から大きく後れを取っており、今後は急激に変化してくことが予想されます。これから国際社会を生き抜くためにも、変化に対応できるスキルを身に付けておくと良いのではないでしょうか。



公開日:2018.05.22

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事