口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

40代のエンジニアが転職成功するためのポイント5選!転職時の注意点

40代で転職をして失敗したら後がない」そう考えて、転職に踏み出せない40代のエンジニアもいるでしょう。定年というゴールが見える年代だからこそ、安定を優先したくなるものです。家族や子どもなど、守るものが多い40代にとって転職は大きな決断になります。

しかし、40代のエンジニアのなかには、転職に成功している人も多くいる現状があります。この記事では、40代のエンジニアが転職に成功するためのポイント5選をわかりやすく解説します。

【年齢制限無し】未経験から始められるプログラミングスクール!

エンジニアが40代で転職するときの注意点

40代でエンジニア転職するときには、いくつか注意しておきたいポイントがあります。後悔しない転職活動となるよう、1つひとつ確認していきましょう。

具体的なキャリアプランを描くこと

他の業界と比較すれば、エンジニアの40代向け求人情報は多い傾向があります。しかし、やみくもに転職活動を始めると、条件に合わない職場しか見つからないこともあるでしょう。若い世代と比較するとリスクがある転職活動だからこそ、キャリアプランを明確にしておきたいですね。

目指したいポジションや携わりたい業務など、明確な目標を定めることで求人情報を絞り込みやすくなります。

家族に転職について相談する

家庭を持っているエンジニアならば、まずは家族に相談することを忘れないようにしましょう。転職時には、収入や残業時間の変動も考えられます。職場によっては、ライフスタイルが大きく変化するケースもあるでしょう。

40代での転職は家族の生活にも変化を及ぼす可能性があるため、パートナーや子どもにも説明したうえで行動に移したいですね。

40代のエンジニアが転職を成功させるためのポイント5選

40代のエンジニアが転職する際には、入念に準備をしてから動き始めたいですね。自身の心身の変化にも配慮することで、余裕をもって転職できるようになります。ここでは、40代のエンジニアが転職を成功させるためのポイント5選を説明します。

フリーランスを目指すなら積極的に案件を取得しよう

40代のエンジニアで転職を検討する人のなかには、自由度が高くなるフリーランスを目指す人が多くいます。フリーランスの半数以上は、案件数が豊富にあるIT業界の職種だといわれています。

フリーランスを目指す際には企業へ転職するよりも、十分な準備が必要になります。クラウドソーシングなどでエンジニア向けの案件の内容や報酬などは、あらかじめ確認しておきたいですね。

円滑なコミュニケーションを心がける

進化が著しいIT業界では、若手が活躍し上司になる場合もあります。自身の仕事にプライドを持つことは重要ですが、プライドが邪魔をして周囲とのコミュニケーションの妨げになることも。

相手の年齢に関係なく、丁寧かつ円滑なコミュニケーションをとるように心がけることがポイントです。幅広い人間関係を構築しておくことで、転職のときに役立つ情報が得られることもあるでしょう。

転職サイトや転職エージェントを上手に活用しよう

IT業界の求人情報は数多くあり、自身で情報収集をすると膨大な時間を費やすこともあります。効率的に求人情報を集めたいなら、転職サイトや転職エージェントを上手に活用しましょう。経験豊富なキャリアアドバイザーがいる転職サイトなら、条件に合う求人情報をスピーディーに提案してくれます。

スキルや実績を考慮したうえで企業を紹介してもらえるため、ミスマッチが少ないことが特徴です。面接対策などを手厚く行ってくれる転職サイトもあるため、いくつか登録をして自身に合うところを見つけても良いでしょう。

健康管理の徹底を心がける

気力面や体力面で無理が効きづらくなるのが、40代の特徴です。働きながら転職活動をすると、知らず知らずのうちにストレスをためてしまうことも少なくありません。気力面も体力面も充実していなければ、転職活動で妥協してしまうことも。

納得のいく転職活動をするためにも、ライフスタイルを見直し健康管理を徹底しましょう。日々の睡眠や食事、運動などを見直すことで、転職活動も意欲的に取り組めるようになります。

新たな技術を積極的に学ぶ

学習を継続させることは、エンジニアとしてステップアップしていくうえで必要不可欠な要素。常に進化を続けるIT業界の情報を積極的に集め、キャリアアップに必要な技術を学び続ける姿勢を持つことが重要です。

自身のエンジニアとしての知識を常にアップデートしていく姿勢は、転職時にアピールできるポイントにもなるでしょう。独学や勉強会、オンライン講座などさまざまな勉強法のなかから、効率的に学べる方法を選ぶことが大切です。

採用担当者がチェックしているポイントとは?

40代以上の中高年にエンジニア採用者がチェックしているポイントは、「マネジメント経験」、「技術」、「即戦力」です。​ もし、​今すでに40代の現役エンジニアでマネジメント経験を持っているならば、転職先で「幹部候補」として採用される可能性も高いです。

また、エンジニア採用担当者は、技術や即戦力があるか否かを確認するために、前職のスキル、実績をチェックします。もし未経験からエンジニア転職を目指しているなら、技術が学べる、または学びながらポートフォリオが作成できるプログラミングスクールに通うのもおすすめです。

明確なキャリアプランがあれば40代の転職は成功しやすい!

具体的なキャリアプランを描き、目標に向かって努力を続けている40代のエンジニアは転職が成功しやすい傾向があります。40代で意欲的に努力を続ける姿勢は、転職時に企業からも評価されやすいでしょう。

転職を行動に移すときには、家族も納得したうえで動き始めるようにしたいですね。若手に勝る柔軟な思考と向上心を持ち続けるエンジニアは、どの企業からも重宝される人材だといえるでしょう。

【年齢制限無し】未経験から始められるプログラミングスクール!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら