口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

社会人におすすめの動画編集スクール5選!働きながら学ぶためのポイントも解説

動画市場の需要が年々高まっているなかで、動画編集を学びたいという人も増えています。「動画配信をしたい」「副業で動画編集をしたい」などさまざまな目的がありますが、今回は社会人が働きながら動画編集を学ぶポイントについてまとめました。

着実に動画編集のスキルを身に着けたいという人におすすめの社会人向け動画編集スクールも解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画編集は社会人でも学べる?

動画編集スキルは社会人でも習得することが可能です。動画編集を進める際には、以下の作業が必須です。
  • 動画のカット
  • 字幕やBGMを挿入
  • 色調補正
  • 画像加工
動画編集はAdobe Premiere ProやFinal Cut Proなどの動画編集ソフトを扱う技術が必要です。さらに動画の企画や構成、CG制作など幅広い業務が求められることもあります。

年々動画クリエイターの需要が高まっていますが、高い専門性が他クリエイターとの差別化に繋がります。社会人の場合、まずは最低限の編集技術を身に着けてから無理なくスキルアップしていくのが良いでしょう。

社会人が動画編集を効率良く学ぶポイント

目的を明確にする

動画編集を学んだ先のゴールを設定することで学習を継続することができます

「キャリアアップしたい」「副業の選択肢を増やしたい」など、動画編集スキルを身に着けた自分の姿を想像しながら目的や目標を明確にしましょう。独学やスクールなど、いずれの勉強方法においても「どんなスキルを身に着けたいか」という本人の意思が重要です。

具体的な学習計画を立てる

1週間単位など短期的な学習計画を立てることで、小さな達成感を積み重ねながら学習を継続します。長期的な計画はモチベーションを維持するのが難しいため動画編集スキルの学習には不向きです。

さらに仕事の予定も考慮しながら平日の夜や週末など決まった学習時間を確保して、学習を習慣づけるようにしましょう。自宅やカフェ、図書館など自分に合った勉強場所を見つけるのもおすすめです。

仲間を見つける

動画編集を学ぶ仲間と共に学習の進度を共有したり、わからない箇所を質問し合ったりすることで、励まし合って勉強することができます。独学の場合、一人で悩んでしまうと間違った技術を覚えたり挫折したりして学習を諦めてしまったという例も多いようです。

動画編集スクールならプロの動画クリエイターや他の受講生との交流によって人脈が広がりやすいでしょう。確実にスキルアップしたい人はスクールを利用するのもおすすめです。

作りたい動画のイメージを持つ

実写とアニメーションのどちらに興味があるのか

動画編集を学ぶ際は、どのような動画を作成したいのかの完成イメージを持つことが重要です。

たとえば、自身がYouTuberになって動画編集をしたり、他のYouTuberの動画編集作業を請け負いたいと思っている場合は、基本的には実写動画の編集が必要になるかと思います。この場合、動画素材のカットやテロップ入れ、動画全体の色味補正などが主な仕事となります。

一方で、実写ではなくイラストを主体とした動画やアニメーションを作成したい場合は、他の方法が必要になってきます。この場合は実写の動画素材がありませんので、3DCGを作成したり、イラスト素材を動かせるようにしたりと、実写動画の編集にはない様々な技術が必要となります。

編集作業のみで考えるのであれば、動画素材をカットすることで作業を進めていける実写動画の方が学習スピードは早いかもしれません。

ただし、アニメーションや3DCGの技術を持っていれば、実写動画の編集の際にも役立ちます。動画編集の勉強を進めていく中で、自分が得意な領域を見つけられると良いですね。

動画を見る時間を勉強の時間に

動画編集において一番の勉強法は、普段から見る動画を編集者目線で見ることではないかと思います。

YouTuberの動画やバラエティー番組などでは、テロップを始めとして様々な工夫が凝らされています。ただ漫然と見ているだけだと「楽しい」で終わってしまいますが、編集者目線で見てみると、様々な発見があるはずです。

たとえば、発言の雰囲気でテロップのフォントや色を変えていたり、今話していることが分かりやすいように画面端にトークテーマを表示させていたり、画面を分割したシーンを入れて複数人の表情を同時に伝えたり……。といったように、動画素材をより面白くするための素材が見え隠れしています。

そういったものを観察して、まずは自分の表現の引き出しを増やしましょう。そうして、「自分だったらどうするかな?」と考えてみる。実際に自分の手を動かして同じようなことができるのかを再現してみる。この繰り返しを行なうことで、徐々に動画編集のスキルが上がっていくことと思います。スクールに通う際も、教材ばかりに頼るのでなく、普段の生活の中で観察を怠らないようにしましょう。

社会人におすすめ!動画編集スクール5選

社会人の場合はオンライン対応や受講時間の選択肢が豊富な動画編集スクールがおすすめです。また、なるべく初心者向けの基礎的なカリキュラムを選ぶことで挫折しにくくなります。ここでは社会人におすすめのスクールをご紹介します。

デジハク

出典:デジハク
デジハクは「未経験から最短でプロを目指す動画編集のオンラインスクール」です。現役で活躍しているプロの動画クリエイターが、オンライン面談や個別チャット、作品の添削、副業の相談・技術サポートなど、様々な場面で手厚いサポートを受けられるのが大きな魅力です。

学習内容は、AdobeソフトのPremiere ProやAfter Effectsがメイン。基礎から体系立てて学習できるので、未経験の方でも効率的にスキルを身につけられます。

また、ポートフォリオ作成のサポートを受けられるのも、デジハクの特徴です。講座内で制作した作品だけでなく、講座外で自主的に制作した作品についても、添削を受けられます。ポートフォリオは案件受注に欠かせないものなので、プロからの添削サポートは嬉しいポイントですね

料金は未経験から動画編集をマスターできるデジハクコースREGで148,000円(税込み)。本格的な動画制作を学習できて、副業や転職・フリーランスも目指せるデジハクコースPROで248,000円(税込み)です。
デジハクはこちら

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG


出典:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは未経験でも映像業界で即戦力となる技術を身に着けることができるスクールです。最短3か月でアニメーションや2DCG動画、実写動画を作成することができるので、短期間で一通りの動画編集を学びたい人にもおすすめです。

カリキュラムではAdobe Premire Proや付随するツールを用います。撮影実習では実際に機材に触れながら撮影の流れを体験するので、受講後はすぐに動画配信ができるようになるでしょう。卒業制作ではオリジナル動画の制作にチャレンジします。料金は330,000円で、学習期間は3か月です。
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはこちら

デジハリオンライン 動画クリエイター講座

出典:デジハリオンライン

デジハリオンラインの動画クリエイター講座では「半年後、仕事が撮れる動画クリエイターに」をテーマに、高単価案件獲得につなげるためのスキルを習得する学習内容を設定しています。動画編集はもちろんPhotoshopやIllustartorの扱い方も習得可能です。

クオリティの高い編集はもちろん、簡単にこなせる編集やバズる企画など実用的な技術を身に着けるけることもできます。質問は回数無制限で、完全オンラインのカリキュラムも社会人には嬉しいポイントでしょう。受講料は281,600円で、学習期間は全6か月です。
デジハリオンラインはこちら

ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

出典:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーの動画クリエイター講座では副業や独立など、さまざまな働き方で通用する動画編集の方法を学びます。受講前には専任カウンセラーがカウンセリングを行って学習や就職のプランを立てるので、プロに相談して今後の人生の選択肢を広げたいという人にもおすすめです。

「アドビプラチナスクールパートナー」認定スクールなのでAdobe Creative Cloudの学生・教職員個人向けライセンスプログラムを購入できるのがお得なポイントです。通常価格よりも安いので、少しでも初期費用を抑えることができます。受講料金は6か月で342,100円です。
ヒューマンアカデミーはこちら

STUDIO US

出典:STUDIO US

STUDIO USは「未経験から始めるオンラインスクール」で、初心者向けのわかりやすいカリキュラムが充実しています。ソフトの使い方やネットリテラシーなどを一から学ぶことができ、わからないことは講師に常時質問することができます。

受講形式は動画視聴で、700本以上の豊富な動画素材はすべて好きな時間に好きなだけ観ることができます。常に最新の情報がアップされているので、動画編集市場の動向を把握するきっかけにもなります。卒業までに15~50本の動画制作を行うので、受講が終了する頃には動画編集にすっかり慣れているでしょう。

料金は動画編集コースの場合55,000円です。動画クリエイターコースや動画クリエイター総合コースではさらにステップアップした内容を学ぶことができます。
STUDIO USはこちら

TechAcademy 動画編集コース(受付停止中)


出典:TechAcademy
TechAcademyの動画編集コースはPremiere Proの使い方をマスターするためのカリキュラムを設定しています。カット編集やアニメーション演出、撮影方法など動画配信の一連の流れを4週間~12週間かけて実践します。

学習時には現役クリエイターが専属パーソナルメンターとなって個別の学習計画を立てたり週2回のチャットを行ったりして、一人ひとりに適したサポートを行います。一人では学習が続かないという人も着実に技術を磨くことができるでしょう。料金は8週間プランの場合229,900円で、他にも4週間プランや12週間プランも選択可能です。

まとめ

社会人で動画編集を学びたいという人は、まずは目的を明確にしてから短期的な学習計画を立てることで効率的にスキルを習得することができます。また、スクールを利用することでプロの動画クリエイターや他の受講生と交流することができるので、モチベーションを維持しやすくなるでしょう。

社会人が動画編集スクールを検討している場合、受講時間が限定されていないスクールやなるべくオンラインで完結するスクールを選択するのがおすすめです。仕事と学習を無理なく両立できる学習スタイルを確立することが大切です。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 未経験からでも動画制作・動画編集のスキルは身につけられますか?

    答え 動画制作や動画編集を目的としたスクールの受講生のほとんどは未経験もしくは独学でのスキルアップを難しく感じている人です。基礎知識から学べるコースを選ぶことで自分のペースで無理なく学習できるでしょう。学習についていけるか心配という人は、定期的な面談やコミュニティでのイベントなどのサポート体制が手厚いスクールを選ぶのがおすすめです。動画制作の相談や就職のアドバイスを受けたりといった機会を設けることで、不安を解消しながら学習を進めていくことができます。

  • 質問 スクール入会前に考えておくべきことはありますか?

    答え スクールに入会する前に動画クリエイターとしての目標や目的を明確にしておきましょう。動画クリエイターはオリジナル動画制作や企業広告の受注などさまざまな業務での活躍が期待されるので、将来自分が行いたい業務を考えておくと学習の方向性が決まります。たとえば企業の依頼を受けたいという場合は、就職・転職サポートを利用できるスクールを選ぶのも良いでしょう。自分に合ったスクールを見つけるためにも目的を振り返りましょう。

  • 質問 スクール卒業後のキャリアには、どのような選択肢がありますか?

    答え 近年さまざまな業界で動画クリエイターの需要が高まっているので、卒業後のキャリアも人それぞれです。まずは副業からスタートする人もいれば、就職や転職を目指すという人もいます。スクールによってはキャリア相談や卒業後の就職・転職サポート、履歴書の添削といったサービスを利用できる場合もあるので、受講しながら進路を決めるのも良いでしょう。将来設計が決まっていないという場合は、スクールの無料説明会で卒業生のキャリアについて質問することで具体的なイメージが湧きます。

  • 質問 動画編集未経験からでもフリーランスとして独立できますか?

    答え 未経験の場合、まずは動画制作の実績を積むことが大切です。はじめからフリーランスでの活動を目指す人も多いですが、個人で仕事を受注するためには実績をアピールする必要があります。特に高単価の仕事はポートフォリオで高いスキルを伝えられるクリエイターでないと受注できない場合もあります。スクールで即戦力を身に着けたあとは、クラウドソーシングサイトなどで副業として仕事を受注していくことで着実にキャリアアップできるでしょう。