口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

50代・未経験からでもプログラミングの勉強は始められる?しっかり学ぶポイントまとめ

「50代だけどプログラミングってはじめられる?」最近、こんな声をよく耳にします。

新型ウイルスの影響もあり、収入減で副業をしたい、あるいは今後の生活を考え、前から興味があったプログラミングを本格的に学び、将来的にはフリーランスになりたいという声も増えています。でもまったくの初心者にとっては何をどうしたらいいのかわからない場合もあるでしょう。この記事を読むと次のようなことがわかります。
  • 50代未経験でもプログラミングはできるのか
  • 50代がプログラミングを学んで収入は得られる?
  • 50代・独学でプログラミングは学べる?
  • プログラミングスクールのメリットとデメリット
  • 50代が通いやすいオススメのプログラミングスクール
人生100年時代では、50代は折り返し地点です。これからのライフスタイルにITスキルを武器にしたいと考えている方、プログラミングは興味があるだけでなんの知識もないけど「やってみたい!」と思っている方の参考になればと思います。

【年齢制限無し】未経験から始められるプログラミングスクール!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • COACHTECH(コーチテック) フリーランス特化のスクール!案件獲得や転職活動につながる実績形成ができる!

プログラミングを学んだらどんな職業につけるの?

「50代からプログラマーなんて、できるのか?」と思う方もいるかもしれません。しかしIT業界は慢性的な人材不足、チャンスは常にあります。どんな職業につける可能性があるのか、最初にその一例を見ていきましょう。

 Web系プログラマー

Webプログラマーは、WebサイトやECサイトの設計・開発を行います。ディレクターやデザイナーなどと連携し、プログラミング・テスト・バグ修正や保守運用などを担います。

アプリケーションプログラマー

社会インフラなど大規模なITシステムに含まれるアプリケーションを製作するのが、アプリケーションエンジニア/プログラマーです。アプリケーションプログラマーは、ネットワーク構築・運用フローなど役割も細分化されていることが特徴です。

Webアプリやスマホアプリなどの開発を担う場合も多くあります。

インフラ系プログラマー

インフラ系プログラマーは、人々の生活を支えるのに欠かせないネットワークやサーバーなど、 IT基盤を管理し運用する業務を担います。

サーバーを動かすアプリケーション開発、ネットワークの構築や保守、データベースの設計などの他、製品に対するお問い合わせに答えるサポートなど、インフラ系にはさまざまな役割・職種があります。

 Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントが求める内容をもとにWebサイトのデザインを行います。最近はデザインだけではなく、画面情報設計やコーディング、プログラミングなどのスキルも求められています。

 ITエンジニアをめざすなら「知っておきたいポイント3つ」

では、プログラマー・ITエンジニアになるために知っておきたいポイント3つについて解説します。

職種によって必要なスキルが違う

上記で一例を載せたように、エンジニアやプログラマーとひと言でいっても、実にさまざまな職種があります。

ITエンジニアの職種と必要なスキル例

サーバサイドエンジニア サーバサイド言語のスキル
(例)PHP/Rubyなど
フロントエンドエンジニア コーディングに必要なスキル
(例)HTML、CSS、JavaScriptなど
WordPressなどCMSの構築
(例)PHP、MySQLなど
組み込みエンジニア ハードウェアの知識と必要なスキル
(例)C言語系、Java、アセンブラなど

ごくごく一部ですが、上記のように何をするかによって学ぶべきスキルも違います。

まんべんなく全てのスキルを身につけるのは現実的ではありません。

なりたい職種を決めて必要とされるスキルを学ぶ。あるいはスクールなどで基本を学びながら現場を知り、自分に向いている職種を絞り込んで足りないスキルをプラスしていく方法もおすすめです。

常にスキルアップを意識する

ITスキルは、どんどんアップデートされていきます。一度学び、身につけたものであっても、ずっとそれだけではIT業界でキャリアアップは望めません。

またIT業界そのものが、新しいテクノロジーの発展と共にあります。必要とされるスキルも知識も、新しく学んでは身につけていくことがエンジニアには必要なのです。

新しい言語・新しいスキルを貪欲に学びつづける意欲が大切です。

IT業界のトレンドに敏感になろう

プログラミング・ITの世界は日々進歩しています。スキルも1年前は主流といわれたものが、翌年には別のスキルがより重視されることもあります。

たとえば昨今はAIエンジニアが注目されています。しかし、これもまた変化していくことでしょう。

インターネットや雑誌などでIT業界の動向をチェックし、アンテナをはって敏感に情報を得ていきましょう。ITに限らず、社会の変化・世界の流れを把握し、さらに予測すること。

時代を先取りするくらいの気持ちで、さまざまな情報収集を行うのもIT業界で活躍する上では必要なスキルと言えます。

50代・未経験でもプログラミングはできる?仕事はある?

結論:50代で未経験でもプログラミングを学んで仕事にできる!

50代からプログラミングをはじめ、収入を得ることはできます。

プログラミングに関連する職種・仕事はさまざまあります。未経験で実績がない場合、たとえば副業としてスタートするのなら毎月1~2万円程度しか稼げないかもしれません。いっぽうでプログラミングの技術を手に実績と実力を積み上げていけば、年齢に関係なく毎月10万以上稼ぐことも、あるいは30~50万といった収入を得ることも不可能ではありません。

副業を考えるなら知っておきたいこと

なお、プログラミングを就職/転職/キャリアアップ目的ではなく、副業目的で始めるなら、まずは「法律」や「税金」の知識を身につけておくとよいでしょう。

「サラリーマンは副業禁止なのでは?」と考える方も多いかもしれませんが、その認識は、実は間違い!厚生労働省も「働き方改革実行計画」として副業・兼業を促進しています。

気になる情報をまとめましたので、ぜひこちらの記事もどうぞ。


女性の間でも副業ニーズは高まっている

また、こちらの記事では女性のプログラミング副業についてもまとめています。調査によると、約半数が副業に興味アリ!始めるなら今かもしれません。

たとえ月に5万円程度でも、プラスの収入があれば安心できるものですよね。ぜひこちらでも、情報をチェックしてみてください。


50代でプログラミングを始めるためのポイント2つ

ではまず、50代からプログラミングを始めるのに必要な2つのポイントを解説します。
  • 目標や目的を明確にする
  • プログラミングのスキルを効率的に学ぶ

①目標や目的を明確にする

プログラミングを学び、いずれどうのように働きたいのか、スキルを活用したいのかについて考えておきましょう。なぜならプログラミングスキルは多岐にわたるため、50代から学ぶ場合には必要な言語やスキルに絞り込んだほうが短期間で効率的に学べるからです。目的や目標によって学ぶべきことが違ってきます。

具体的には次のようなことを考えてみましょう。

【ライフスタイルや働く目的は?】
  • いずれフリーランスとして独立したい
  • なるべく早く副業にして毎月多少なりとも収入を得たい
  • 早めの定年を計画、プログラミングをその後の収入源としたい
  • 趣味の延長で楽しみつつお小遣い稼ぎもできれば嬉しい
  • 現在の仕事にプログラミングスキルの知識を活用したい
【やりたい仕事の目標は?】
  • サイト制作
  • アプリ開発
  • ゲーム制作
  • ネットワーク関連のエンジニアになりたい
  • 現在の仕事をスキルアップしたい
ざっくりですが、たとえば「月5万円くらい稼げる副業にしたい」のであれば、特殊なエンジニアをめざすよりも、仕事の案件も多いサイト制作、webデザイン+コーディング(プログラミングスキルが必要)を第一の目標とするといいかもしれません。

しかし、プログラマーやいわゆるエンジニアとして独立したい場合は、学ぶべきプログラミング言語やスキルも変わります。また事務職だが「プログラミングを学んでIT企業へ転職したい、部署を変えたい、事務管理にプログラミングの技術を導入したい」場合もあるでしょう。50代からの目標はひとりひとり違いますが、違うからこそ「目標・目的にあわせてプログラミングを学ぶ」ことが大切なのです。

何を学べばいいのかは、目標が定まった上で相談するとハッキリします。

②プログラミングのスキルを学ぶ

いずれプログラマーになるにせよ、あくまで副業や趣味の一環とするにせよ、まずはプログラミングスキルを学ぶ必要があります。

将来的な展望、目標ができたところで「だったら何を学べばいいの? プログラミングでどんなことができるの?」と誰に聞けばいいのかわからない問いも出てきますね。

50代におすすめしたいのがプログラミングスクールです。スクールはプログラミング知識がまったくないゼロの状態からでも効率的に学ぶことができるからです。また今後の仕事や職種など自分だけでは判断しきれないことも講師やカウンセラーと相談しながらより明確なキャリアプランをたてやすいメリットもあります。

コエテコでは50代からプログラミングを始めたい人にはスクールをおすすめしています。

その前に「独学でプログラミングは学べるのか」についても触れておきましょう。

50代「独学」でプログラミングは学べるか?

結論から言うと「50代からプログラミングを独学で学べます」。次のような方なら独学でプログラミングを学べるでしょう。
  • もともとプログラミングの素養がある
  • 自分なりの学習計画をたて必要な教材を揃えられる
  • 途中で挫折せず日々の学習を続けられる
  • 不明点は検索等で回答を探し根気よく解決まで頑張れる
今はプログラミングを学ぶさまざまな本が出ています。本屋さんに行き、自分のレベルにあった参考書や教材を選び、目標にあわせて効率の良い学習プランをたてます。

ここまでは勉強が好きな人や意欲のある人なら何とかなるかもしれません。最も大事なのは「わからなくなった時」の対処法です。

本に掲載されているコードをとりあえず書いてみれば、思ったように動くかもしれません。しかし、思ったとおりにプログラムは動かないかもしれません。

よく子どもの学習でも「どこがわからないのかわかならい」が一番困ると言われます。なぜ・どうしてがわからず、解決策を検索しようにも「何を検索すればいいのか」がわからないのはよくあることですが、そこでストップしてしまうと先へ進めません。

ほとんどの人がここで挫折します。ではどうすれば挫折せずにしっかりプログラミングスキルを得られるのでしょうか。

50代がプログラミングスクールに通うメリット

  • 必要なことを短期間で効率的に学べる
  • 不明点を放置せず即座に解決できる
  • 講師と共に二人三脚で学習するので挫折しづらい
  • キャリアについても相談できる
プログラミングクールの良さは目的にあわせてコースやカリキュラムを選び、短期間で効率良く学べることです。完成されたカリキュラムだからこそ、ムダなくスキルを身につけられます。

50代だからこそ、あいた時間をうまく利用しなるべく短期間で必要なスキルを身につけたいですね。ひとりで悩んだり、わからないところで逡巡したりではなかなか先に進めません。「いつでも講師に聞ける」ことでITスキルでありがちな「なにかおかしいので動かない」「でもどこがダメなのかわからない」行き詰まってしまうことがありません。

また、IT業界にの動向や案件の受注方法などスキル以外の疑問に答えてくれることや情報収集ができる点もスクールに通うことのメリットです。

プログラミングスクールに通うデメリット

プログラミングスクールのマイナス点としては「お金がかかる」ことが挙げられます。

スクールは確かにお金がかかります。しかし違う視点で考えてみましょう。投資したからには回収しなくてはと思います。お金を払うことで自分に「払ったお金をドブに捨てるわけにはいかない」とプレッシャーをかけることができます。

50代といえば、一定の収入を得ているでしょう。将来に不安があるにせよ、プログラミングを学ぶのをやめたからといって問題があるわけではありません。

20代でどうしてもIT企業や情報系の職種に就きたいと必死に学ぶのと比べて50代はモチベーションが低くなるのがネックです。最初だけやる気満々で、ちょっとつまずいたら「まぁいっか」では意味がありません。

スクールに入りお金を払った時点で「その分は絶対学ぶぞ」という強いモチベーションができます。またスクールは当然ながら生徒にきちんとしたスキルを教え、キャリアまで見据えたカリキュラムを行うことによって利益を得ているのですから、挫折しないようさまざまな工夫をしきめ細かいサポートをしてくれます。

50代から通うプログラミングスクールを選ぶ際にチェックしておきたいポイント

50代から何かを始める時には、エネルギーや体力も必要です。とくに中高年の方のなかには、体力に衰えを感じている方も少なくありません。そのため、短期集中のスクールのように短い期間で詰め込みすぎてしまうようなスクールだと、すぐに疲れてしまう可能性があります。

とくに短期集中型のコースが設定されているスクールのなかには、同じことは1回しか教えてくれないケースも。次から次へと新しい概念を教えていくため、勉強についていけないという可能性も高いです。

疲れた状態で勉強しても知識が定着しづらい恐れがあるので、50代からのスクール選びはゆっくり、のんびり学べる環境のスクールがおすすめです。また、動画や教材中心のスクールだとわからない時に確認できないので、不安がある方は質問サポートがしっかりしているスクールや、ワンツーマンで講師が教えてくれるスクールなどを選ぶと良いでしょう。

50代におすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールはたくさんあります。ここからはコエテコがおすすめする50代向けのプログラミングスクールを紹介します。

テックアカデミー|現役エンジニアで何でも聞ける!マンツーマン指導

  • 公式サイトで目的からカリキュラムを選べる
  • オンラインでいつでもどこでも学べる
  • マンツーマン指導で具体的にわからないところを聞ける
  • 現役のプロ・エンジニアが講師
  • さまざまなコースから必要なスキルをピックアップして学べる

なぜ50代でプログラミングを始める人にTechAcademyがオススメなのか?

テックアカデミー

週に2回の会議アプリによるマンツーマン指導があります。これまでプログラミングを全くやったことがない人は「こんな質問していいのかな」と不安になることもあります。特に年齢があがるにつれ「大勢の中で質問をする」のが苦手に感じることは多いですね。講師にはスキルだけでなく「このコースだけだとアプリ制作は無理ですか?」「IT業界へ50歳から転職するって実際にあるのでしょうか」こんな質問を投げかけることもできます。

50代がプログラミングを学びたいと思ったら行動にうつすのが大切です。サイトを見て満足するのではなく資料請求や体験など「とにかく行動する」ことです!
TechAcademyはこちら 



テックキャンプ|教室とオンライン両方で学ぶ

テックキャンプ公式サイト

  • エンジニア、プログラミング、デザイナー3つのコース
  • オンライン学習と教室の両方を利用できる
  • 教室で同じ目標をもつ仲間と知り合える
  • 最短10週間!短期集中スタイル
  • テックキャンプの受講生は未経験者が99%

なぜ50代でプログラミングを始める人にテックキャンプがオススメなのか?

テックキャンプ

テックキャンプは自習形式で教室に通って学べます。50代はテレワークやリモートワークも経験ずみという方が多いでしょうし、オンライン学習に対する抵抗感は少ないとは思います。しかし、オンラインではなく講師の先生と直接話したい人にはテックキャンプのようにオンラインも教室での自習も可能な学習スタイルはオススメです。

また50代にとっては職場以外で新しい人間関係を築くこともでき、家とは違う環境で集中できるメリットも大きいようです。
テックキャンプはこちら 

コードキャンプ|未経験で何もわからない人もスタートしやすい

コードキャンプ公式サイト
  • 現役のエンジニアが講師
  • 無料体験レッスンでアドバイザーが最適な学習プランを提案
  • IT企業エンジニア育成研修で使用されているカリキュラム
  • レベルに応じたカリキュラムを選べる
  • パーソナルメンター(講師)と1対1で相談できる

なぜ50代でプログラミングを始める人にコードキャンプがオススメなのか?

コードキャンプのスキル

無料体験でアドバイザーに相談できるので、まったくプログラミングやITに知識のない人でもスタートしやすいプログラミングスクールです。実践的なスキルが身につくよう、自ら考えプログラミングをし、講師によるフィードバックをうけ、修正をしていくのが基本の学び方です。多忙な50代でも週末などの時間をうまく利用しレベルにあわせてスキルを学べます。

まとめ:50代からプログラミングをはじめよう!

50代からプログラミングを学んでいる人は思っている以上に多くいます。働きながら新しい知識とスキルを得るのは、10代や20代よりも実は50代以上のほうが熱意をもっていることは往々にしてあります。若い頃は嫌いだった勉強も「この年齢になって学んでおけばよかったと思うことがある」のです。

人生は100年時代に入りました。50代から新しいライフスタイルと次のキャリアプランを築くことは素晴らしいことではありませんか。
ぜひチャレンジしてみて下さい!

【年齢制限無し】未経験から始められるプログラミングスクール!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • COACHTECH(コーチテック) フリーランス特化のスクール!案件獲得や転職活動につながる実績形成ができる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 昔、「プログラマ35(30)歳定年説」を見かけたことがあるのですが本当ですか?

    答え プログラマ定年説は過去のもの!経験豊富なプログラマが求められています。高年齢のプログラマは報酬が高く敬遠する企業があったのは事実。俗に言うIT土方の激務な現場では体力が必要となりますが、働き方改革で労働環境も改善していくはず。経験者を積極的に採用する企業もあります。

  • 質問 40代・50代が活躍している領域はありますか?

    答え サーバーやネットワーク、インフラ系に40代50代が多い印象です。逆に20代30代はWeb系のサイト制作やアプリ開発が多い傾向です。新卒からプログラマーをしていた人は40代50代になるとマネージメント側にまわっています。もちろん50代役職なしの現役プログラマーもいますよ。

  • 質問 50代からプログラミングを勉強するのに最低限必要な知識や経験はありますか?

    答え パソコンの操作やアプリケーションとファイルの扱い方などがあげられます。未経験でも業務でエクセルやVBAを使ったり、趣味で電子工作やゲーム作りをしている人はわりとスムーズに学習を進められるのでは。パソコンが苦手でこれまで全く使ってこなかった人は一定の努力が必要かもしれません。

  • 質問 N歳以上の人は採用しないというのは本当ですか?

    答え 自社採用の場合は一定の年齢制限を儲けている会社があるのは事実です。 しかし、外部人材としてシニアの活用を避ける企業は少なく、むしろ採用したいと考えている企業が8割以上。シニアは経験値や信頼性を期待されているので、これまでの経歴とどうマッチするのかアピールできれば◎