江戸川区のプログラミング教室・ロボット教室一覧

掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

江戸川区のプログラミング教室・ロボット教室一覧

1-20件を表示 / 全43

ロボットを取り扱う教室は教材費がかかるので比較的高額になっています。

費用区分は、大きく3つです。

入会金5,000円~15,000円 ほど
教材費1,000円~60,000円 ほど
入会金月2回6,000円~
月4回7,000円~18,000円 ほど

これ以外に、教材費や施設利用料、パソコン使用料などプログラミング教室ならではの項目があります。

さらに詳しく見る

江戸川区周辺の地域一覧

通信・オンラインのプログラミング教室・ロボット教室一覧

1-10件を表示 / 全スクール10件

江戸川区のプログラミング教育は活発?地域の雰囲気まとめ

江戸川区の一般的な土地柄・イメージ

江戸川区は江戸幕府の直轄領として、古くは漁業や農業で栄えた大小様々な村が点在する場所でした。大政奉還後はそれらの村が合併し、1932年頃に現在の江戸川区の形がほぼ出来上がったとされています。現代では23区中第4位の人口を誇る大都市となりましたが、荒川水系の恵みもあって、自然と近代の街並みが溶け合ったのんびりとした雰囲気の街並みとなっています。
かつては飲み屋街や風俗街などもあってやや治安の悪い地域があったものの、船堀など文化地域化してきた場所では風俗店もほぼ無くなってきており、ファミリー世帯も住みやすい区に変わってきているようです。また、江戸川区は区民一人あたりの公園面積が23区中1位となっていて、子どもをのびのび育てられる環境も整っています。

江戸川区の家賃・地価平均のイメージ 

江戸川区は、2019年の公示地価ランキングでは23区中3番目に地価が安い場所で、家賃の安さも毎年ベスト3に入るくらいお安めです。
江戸川区は東京都内全て合わせても、子育て支援制度がトップクラスに充実している場所として有名で、近年は他区・他県から多くのファミリー世帯が移住されています。
治安の良さは23区中で平均程度ですが、最近は子育てを安心して行えるようにと官民共に治安維持の意識が高まっており、さらに安全な街づくりが進んでいるようです。
東京都心だけでなく千葉へのアクセスも良いので、通勤や通学に便利なところも江戸川区のメリットです。
江戸川区は昔からの下町情緒溢れる暖かい雰囲気と、都会の街並みがバランス良く調和する、特にお子さんのいるご家庭にとって非常に住みやすい区と言えるでしょう。

江戸川区の中学受験熱についてのイメージ

東京都教育委員会の調査で私立中学校進学率がワースト1位になることも多い江戸川区ですが、これは江戸川区の複数学区内に都内屈指の公立の進学校が点在しているためです。
例えばブランド中学校としても名高い「清新第一中学校」や、都内トップレベルの偏差値を誇る「西葛西中学校」なども江戸川区内に学区を置いています。
どちらかと言えば中学受験よりも、それらの公立の進学校に進学できる同学区内の小学校に入学させたいと思う親御さんが多いようで、またその学区内の小学校の学力も自然と高くなる傾向にあるようです。
そういう風土もあってか、江戸川区内には「栄光ゼミナール」や「明光義塾」「トライ」などの全国区の学習塾が多数軒を連ねており、中学受験だけでなく、小学校・中学校に入ってから勉強について行けるようにと子どもを塾に通わせる親御さんも多いようです。

江戸川区のプログラミング教室の動向について 

江戸川区では「第三次江戸川区学校教育情報化推進計画」において、教員や生徒がICTを積極的に授業に取り入れるための仕組みづくりが行われることとなりました。これには2020年度から必修化されるプログラミング教育も含まれています。
また、東京都教育委員会が指定する「プログラミング教育推進校」の数が大田区・八王子市と並ぶ3校と、江戸川区は推進校の校数が23区中最も多いのも特徴です。学校以外でプログラミング教育が受けられる教室は鉄道駅周辺にあるものだけでも32件と多く、通信制や一般企業・個人が教えている物を含めるとさらに多くなります。中には子育て支援を行っている財団が開いている教室もあり、そういった場所では公立小学校で使用する教材をそのまま使用した体験学習なども行えるようです。

江戸川区のプログラミング教室・ロボット教室・STEM(STEAM)教室を一覧でまとめたページです。

2020年には小学校でプログラミング教育が必修化します。それに合わせ、民間のプログラミング教室の数はどんどん増えてきています。プログラミング教育について簡単にまとめました。

どうしてプログラミング教育が必修化するの?

社会はどんどんデジタル化しています。10年後には今ある職業の半分がAI(人工知能)に置き換わると言われています。今の小学生が就職活動をする頃には、われわれ親世代がまったく知らない仕事、新しい職業につく可能性が高いのです。

小学校でのプログラミング教育必修化は、早いうちからデジタルな環境に馴染むことで変化の激しい現代に対応し、AIに振り回されるのではなく、AIを使いこなせる大人に育って欲しいというねらいがあります。

「コエテコ」はここがスゴイ!

掲載数No. 1 コエテコは全国の子ども向けプログラミング教室掲載数No. 1のポータルサイトです。ここまで大規模に情報をまとめたサイトは他にありません。コエテコなら、お子さんに合った教室が必ず見つかります。

費用、授業内容、対象年齢が一目でわかる コエテコでは各スクールの月謝(授業料金)、入会金、ロボット代、対象年齢をわかりやすくまとめています。プログラミングを習わせようと思っても、かかる予算がわからないとなかなか決断できませんよね。コエテコはお手頃価格の市民スクールから本格志向のプロスクールまでしっかり掲載。ご家庭のニーズに合った教室に出会えます。

ママ目線・パパ目線の口コミが豊富 コエテコには無料体験教室に参加されたママ・パパの口コミが多数掲載されています。一言のみの口コミではなく、講師(先生)・カリキュラム・教材・教室のまわりの雰囲気・教室の中の雰囲気・料金・良かったところ・残念だったところについて答えていただくスタイルなので、教室の雰囲気がトータルでバッチリ分かります。 もちろん、インターネットからの無料体験申し込みも可能。気になる教室があればぜひ足を運んでみてください。

メディアパートではくわしい記事を配信 コエテコは教室の情報がまとまった「ポータル」と、プログラミング教育に関する情報を発信する「メディア」の二つで運営しています。メディアでは「そもそもプログラムって何?」といった基本的な解説から、元文部科学省副大臣、Jリーグチェアマンなど有識者のインタビューも掲載。 確実な情報をしっかり出すことにこだわって運営しています。

お子さん(幼児・小学生・中学生)のプログラミング教室を探すならコエテコから!無料体験教室にもネットから申し込めます。お住まいの近くに気に入った教室がない方でも大丈夫。お手頃価格のオンラインスクールも掲載しています。ぜひ一度検索してみてくださいね。