掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

キュベットプログラミング検定とは? | 試験内容・難易度・受検料・対策を徹底解説

キュベットプログラミング検定とは?



キュベットプログラミング検定は、英国プリモトイズ社のプログラミング玩具「プリモトイズ キュベット」をプログラミングする実力を測定するものです。

キュベットは3歳から小学生まで長く使える木製ロボット。

キュベットといっしょに冒険をしながら、子どもたちにプログラミングの基礎が自然に学べるようになっています。

パソコンも文字も必要もないのが大きな特徴です。

キュベットプログラミング検定も3~4歳から受検でき、これまでの日本のロボットプログラミング検定では最年少となっています(保護者のサポート可)。

「子どもの理解度が分かるような指標はありませんか?」という保護者の声に応えるためにはじまりました。

料金は無料で、iPhone、Windows PC、Mac、Android端末から受検できます。

合格者は、ホームページ上の「合格者一覧」に名前を掲載できます(任意)

幼児向けプログラミング検定を受けるメリットは?

キュベットは、幼児からプログラミングの基礎とセンスを学べるようにデザインされています。

しかし、同時に木製のかわいいロボットを使い、子どもの関心を引くために色々と仕掛けや工夫も用意してあります。

保護者の目から見ると「楽しそうに遊んでいるとしか見えない」こともあるようです。

キュベットで遊びながら、どれぐらいプログラミングが上達したか見えにくいという声も聞きます。

キュベットプログラミング検定がはじまったのは、このような保護者の声に応えるためです。

「この能力はしっかり育っている」「ここはちょっと弱いかも」「遊びながら、弱い能力を育つように声かけをしてみよう」という保護者の指標になるのがキュベットプログラミング検定。

わからないところは何回でもチャレンジして、上達を確認できるのも魅力ですね。

キュベットプログラミング検定の運営会社は?


キュベットプログラミング検定の運営会社は東京都千代田区一番町に本社をおくキャンドルウィック株式会社です。

2004年に設立された会社で、企業などの組織のブランド価値を高めるコミュニケーション活動を支援するPR・マーケティング活動を行ってきました。

それと同時に美容、食、旅といったライフスタイルに新しい価値観を導入する世界のアイテムの国内マーケットへの紹介も進めています。

その一環として英国プリモ社の国内総代理店としてプリモトイズ キュベットを国内に紹介し、日本の子どものプログラミングマインド成長をうながしてきました。

今回のキュベットプログラミング検定も、子どもの未来や教育に関わるビジネスに貢献したいというキャンドルウィック社の姿勢のあらわれといえますね。

キュベットプログラミング検定の対象年齢は?

キュベットプログラミング検定はレベル1~5まであり、レベル1は3~4歳から受検できる内容になっています。

問題を読むことがむずかしい場合には、保護者がサポートできます。

難易度がもっとも高いレベル5は7~8歳の受検を推奨しています。

キュベットプログラミング検定の傾向と対策は?

オンライン上でいつでも受検可能

キュベットプログラミング検定はキュベットのホームページからいつでも受検できます。

使用できる端末はiPhone、 Windows PC、Mac、Android端末。

アプリケーションのインストールも不要です。

レベルは1~5まで


キュベットプログラミング検定のレベルは1~5まであります。

最初は推奨年齢3~4歳のレベル1からチャレンジします。

問題に正解すると先に進めるようになっていって、レベル1をクリアするとレベル2を受検するための「あいことば」がもらえます。

その後、レベル2、3、4と進んでいき推奨年齢7~8歳のレベル5をクリアするとキュベットマスターの称号を与えられます。

Web上の「合格者一覧」にも名前を掲載できます(任意)

回答は選択式、選択肢以外にも正解はある




問題は、選択肢のなかで、1つの答えを選んで正解すると先に進めるようになっています。

保護者がサポートして受検することが推奨されていて、問題が読めないときには読んであげてほしいということです。

選択肢以外にも正解があるケースもありますが、子どもが選択肢にない正解を見つけたときには間違いではないのでほめてあげてください。

主催者では「検定を先に進める」ために「選択肢の中から選ぶとすると、どれになるか」という指導を推奨しています。

行き詰まったときは、保護者からのアドバイスもたいせつです。

「こっちの道を行ってみたらどうなるかな?」との一言が、大きな発見のきっかけとなるでしょう。

検定を通して能力アップが期待されるのは?

プログラミングの思考力

ゴールに到達するには、どう考えればいいか一つ一つ道筋を立てて、考えを組み立てていきます。

プログラミングの応用力

いままでのやり方では解けないときには、発想の転換を行って発展的に考えていく力を求めていきます。

クリエイティブな力

最終的なゴールとしては、習っていないことも考えて実現する柔軟な思考とキュベットのプログラミング力を求めていきます。

検定前にはWeb掲載のサンプルプログラムに挑戦すると効果倍増

キュベットのホームページにはプレイルームというページがあり、キュベットの遊び方例が色々と紹介されています。


ここで紹介されたアクティビティは子どもたちのプログラミング的思考を育てるようにデザインされているので、1つずつ試していくうちに検定に立ち向かう力も付いていくでしょう。


つぎになにをすればいいか、お子さんがわからないときには「じゃ、これやってみようか」と誘ってみるのもいいですよね。

キュベットプログラミング検定の受検料は?

キュベットプログラミング検定の受検料は完全に無料です。

ただし自宅または近所にキュベットがないと受検してもゴールまで前に進むのはむずかしいかもしれません。

キュベットはプリモトイズのホームーページなどから購入可能。

保護者といっしょに3歳からはじめられるオンラインレクチャー付きキュベットスターターセットは34,830円(税込38,313円)です。


キュベットプログラミング検定はどこで受けられるの?

キュベットプログラミング検定はオンライン上で受検します。

自宅でもお友だちの家でも、どこでも受検できます。

コロナ禍の時代のニーズにも適した受検方式といえますね。

まとめ|はじめて受けるプログラミングの検定に最適

子どものためのプログラミング検定は数多くありますが、そのほとんどが推奨年齢が小学生以上となっています。

このためにプログラミングを学びはじめてみたものの、どれぐらい成長したのか判断の規準がなくて困る保護者も多いようです。

そのなかで企画されたキュベットプログラミング検定は推奨年齢が3歳からという、いままでに例のなかった低年齢からの受検が可能になっています。

保護者のサポートも推奨されているので、迷いながら試行錯誤するお子さんの姿を見て、成長を実感できるのではないでしょうか。

キュベットは3歳からはじめられますが、小学校になっても十分に遊べる発展性のある玩具です。

はじめてのプログラミング学習には最適の素材かもしれませんね。

他にはどんな資格がある?

対象年齢が合わない!

他にはどんな資格があるの?

と思った方は……

プログラミング資格・検定を一覧でまとめた記事をどうぞ!↓

コエテコ 読者会員募集!

いいね!すると、プログラミング教育に関する最新情報や
セミナー情報などを定期的にお届けします。

  • # セミナー情報

  • # 数値レポート

  • # FC募集

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ