掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

プログラミング教室ガイド

CATEGORY カテゴリー

プログラミング教室とは?小学校での必修化を前に、人気急上昇中!

子どもの習い事として最近人気上昇中のプログラミング教室

周りの口コミを聞き、体験レッスンを受けさせてみようかなと考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

とはいえプログラミング教室は、私たちが子どもの頃には存在しなかったもの。

どんな授業を受けるのか、何を作るのか、分からないことだらけではありませんか?

「プログラミング教室ってどんなところ?」を知って、今後の教室探しの参考にしてみてはいかがでしょうか。


プログラミング教室/スクールの概要

プログラミング教室は、パソコンやタブレットを使ったプログラミングを学習できるクラスが一般的です。

教室によってカリキュラムは様々ですが、入門クラスは、 Scratch(スクラッチ)などのビジュアルプログラミング(コードを使わない)でプログラミングを学ぶことが多く、小さなお子様でも簡単にプログラミングの基礎を学ぶことができます。

その後ステップアップしていき、Raspberry Pi(ラズベリーパイ) 、IchigoJam(イチゴジャム)などのプログラミングツールを使ったり、実際のプログラマーやエンジニアのようにプログラミング言語を書くこともできるようになります。


運営元は、大手学習塾ブランドやIT企業、教材メーカーなど幅広く、個人経営やボランティアの教室もあります。

独自の教材や指導スタイルをとっている教室も多いので、実際に体験などを通して子どもに合う教室を選ぶのがポイントです。

教室によっては、プログラミングの知識を学ぶだけでなく、自分で作ったゲームやアプリなどを保護者や生徒たちの前で発表(プレゼンテーション)したり、習得した技術を競う大会に出場することもできます。


授業内容(カリキュラム・コース)

カリキュラムやコースの組み合わせは、基礎から応用まで幅広く学習できたり、幼児や低学年・はじめてのお子さん向けなど、各スクールブランド・教室でさまざまです。

プログラミング基礎学習

Scratchやプログラミン、簡単なコードを使ってオリジナルのゲームやストーリーを制作しながら、プログラミングの基礎を学びます。

タイピングなども教えてくれる教室もあるので、まったくパソコンに触れたことないお子さんでも1から学べます。

ゲーム・アプリ・WEBコンテンツ開発関連

UnityやXcodeなどを使って、ゲーム・アプリの開発基礎から応用を学びます。

自分のオリジナル作品を制作し発表(プレゼンテーション)する練習をすることもできます。

また、HTML・CSS・JavaScript・PHP・Ruby・Java・Python などのプログラミング言語を使ったWEBサイト制作を学べる教室もあります。

基礎などが身についてきてステップアップしたいお子さんや、「オリジナルなゲームやアプリを作りたい!」と思っているお子さんにはピッタリです。

クリエイティブ関連

今はやりのYouTuber(ユーチューバー)が行う動画制作や、CG映像制作、3Dプリンターで自分が描いたものを形にするなど、クリエイティビティ重視の教室もあります。

数としてそう多くはありませんが、上記の教室カリキュラムの一部として学べるスクールもあるので、一度探してみてください。

費用面


カリキュラムと同じく、費用面に関してもスクールブランド・教室によってさまざまです。

同じスクールブランドでもFC(フランチャイズ)教室では料金が異なる場合がありますので、かならず教室に問い合わせをしましょう。

また、受講回数でも料金が変わってきます。こちらも教室ごとに設定がさまざまですが、月2回~月4回で設定しているところが多くなっています。

月額での支払いが多いですが、チケット制や授業ごとに支払うケースもあるので注意しましょう。

コエテコで掲載している教室のおおよその平均料金(税抜価格)
入会金 0円~12,000円
受講料 6,000円~12,000円
教材費 0円~5,000円

どの地域に多いか


プログラミング教室は、特に東京・愛知・大阪などの都市部に多い傾向にあります。

コエテコでは約6100教室を掲載していますが、そのうち

東京:732教室
愛知:496教室
大阪:570教室

となっています。

人口の多さに比例してしまうため、地方によっては教室数が少ない可能性がある、というのが現状です。

コエテコでは、プログラミング教室を地域ごとに検索することができます。

下のボタンで検索できるので、ぜひ利用してみてくださいね。
プログラミング教室を探す

公開日:2019.01.10

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事