掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

RoboRAVE(ロボレーブ)とは?

国内だけでも大きいものから小さいものまで数多くあるロボット大会。

スクールに通い続けていると、親御さんもお子さん自身も「自分がどのくらいできるようになったのか」が気になってしまいますよね?

そんな方に今回紹介するのは、「RoboRAVE(ロボレーブ)」 。

小学校3年生から高校3年生までの2~4名からなるチームなら誰でも参加できる、初心者でも参加しやすい大会の一つです。

でも一体「RoboRAVE」ってどんな大会なの?と思っている方も多いのでは?

そんなあなた必見!「RoboRAVE」のあれこれをたっぷりご紹介します。

「RoboRAVE(ロボレーブ)」とは 


「RoboRAVE(ロボレーブ)」とは「Robots Are Very Education」の通称で、2001年にアメリカで誕生した教育プログラムの一種です。

ロボットを使った競技大会を通して、小学生から高校生までを対象に、コンピューターを使ったプログラミング学習やロボット制御を体験してもらう狙いがあります。

RoboRAVEのロボット大会は現在20ヶ国以上で行われています。

例えば、本拠地であるアメリカ・ニューメキシコ州のアルバカーキでは3000人以上で参加するほど、規模の大きな世界大会が開かれました。

日本でも、東日本・大阪・九州などの地域で大会が行われたり、毎年石川県・加賀市では国際大会も行われています。

2020年には世界大会の会場が加賀に決まり、来年もさらに盛り上がりをみせる大会です。

参加資格

各大会・競技によってことなりますが、小学3年生~高校3年生まで、2名以上でのチームを組めれば誰でも参加が可能!

過去の参加者は、中学校のロボットクラブや民間のロボットスクールの受講生などが多いものの、所属していなくても参加することができます。

大会ではどんなことをするの?

大会によって異なりますが、RoboRAVEではそれぞれ異なるルールの最大6つの競技にチャレンジできます。(2019年時点)

a-MAZE-ing Challnege (アメイジング チャレンジ)
Line Following Challenge (ラインフォロイング チャレンジ)
Jousting Challnge(ジャスティング チャレンジ)
SumoBot Challenge(スモーボット チャレンジ)
Fire Fighting Challenge(ファイヤーファイティング チャレンジ)
Robotovate(ロボットベート)

a-MAZE-ing Challnege (アメイジング チャレンジ)

a-MAZE-ing Challnege (アメイジング チャレンジ)」では、木製の作られたコースの上を地面から落ちることなく、自作のロボットを走らせる競技です。

小・中学生が対象で2〜4人のチーム制で行われます。この競技はラインセンサーなどの外部センサーを必要とせず、プログラム自体は比較的初心者のお子様でも可能なため、参加しやすい競技となっています。

ですが、使用できるのは完全独立型ロボット* のため、遠隔での操作ができません。また、ラインセンサーなどの外部センサーを使うこともできないため、「5cm進んだら右に曲がる」や「●秒進んだら●度回転する」など細かい司令出すなどの試行錯誤を重ねるなど、細やかなプログラミング技術が問われる競技となっています。
* 人間が操作をすることなく自分自身で判断をして行動するロボットのこと。例)お掃除ロボット

参加者は事前に多くの練習を重ねることはもちろんのこと、大会当日にコースデザインが発表されるための朝早くから会場入りし、念には念を入れた最終調整を行う姿が多く見られます。

時間内であれば、何度でも再チャレンジが可能ですし、ロボットを変えてチャレンジすることもできます。

ですが、まったく同じように動くとは限らなったり、スタートからやり直さなけれならないので、緻密な計算と時間配分、根気も重要なカギといえるでしょう。


Line Following Challenge (ラインフォロイング チャレンジ)

小・中・高校生が対象で、こちらも2〜4人のチームで戦います。

ルールはスタート地点からゴール地点の間に引かれた黒い線の上を通るようにロボットを操作し、制限時間内に多くのボールをゴール地点に運び入れ、またスタート地点まで戻るロボットをプログラムする競技です。

「線から外れないで走る」ことに加えて、たくさんのボールを運べるようにロボット設計する必要があるので、プログラミングだけではなくてロボット作成の技術も要求される競技です。

とてもシンプルなことなのですが、プログラミングの正確さはもちろんのこと、ボールの運び方などもしっかりと計算にいれなれけばならないのが難関。

多く運べたとしても重すぎてロボットが遅くなってしまったり、途中で動かなくなってしまうことも過去大会では多々あります。



Jousting Challnge(ジャスティング チャレンジ)


対象は、小学4年生~中学生で2~4人1チームのトーナメント戦。勝ち残った上位8チームが決勝トーナメントへ進出できます。

シートに描かれた黒いラインの上でロボットを動かしていきながら、対戦相手である相手の騎士(Knight)を倒せるようなロボットを制作・プログラミングしていく競技です。相手を倒した時の場所や回数によってポイントが異なり、ポイントの多いチームが優勝となります。

こちらも「Line Following Challenge」同様、使用できるのは完全独立型ロボットのため、遠隔での操作ができませんが、外部センサーの使用が可能です。

直線のラインだけでなく、カーブ地点もあるため、事前に練習と試行錯誤を重ねてプログラムやロボット制作を行う必要があります。


SumoBot Challenge(スモーボット チャレンジ)

自分で組み立て・プログラミングを行ったロボットを使い、黒枠の円形の土俵上で、相撲のように相手を土俵の外に出して得点を競う競技です。
 
対象は小学4年生~高校生で、2~4人1チームのトーナメント戦となります。

各部門から勝ち抜いた9チームが決勝トーナメントに進むことができます。

こちらは「Line Following Challenge」同様、使用できるのは完全独立型ロボット のため、遠隔での操作ができませんが、外部センサーの使用は可能となります。

他の競技とは違い、ロボットの重さの制限があり、使用が許可されていないパーツなどもあるため組み立てにも試行錯誤が必要となります。


Fire Fighting Challenge(ファイヤーファイティング チャレンジ)

対象は中学生~高校生で、2~4人1チームのトーナメント戦。上位8チームが決勝トーナメントに参戦できます。

白黒の枠線内にランダムに置かれた4つのロウソクを、自身で組み立て・プログラミングしたロボットを使いロウソクに触れずに消火していく競技です。

こちらも「Line Following Challenge」同様、使用できるのは完全独立型ロボット のため、遠隔での操作ができませんが、外部センサーの使用は可能となります。

位置がランダムなのに加え4つの内3つのロウソクの周りには壁があり、消火の際にロウソクに触れると失格になるため、正確なプログラミング力とどのように火を消すかの組み立て力も問われる競技です。


Robotovate(ロボットベート)

こちらは上記の5競技とは違い、”革新的で機能的なロボット”を制作し、プレゼン・アピールを行い投票してもらう競技です。

対象は中学生から高校生で、2~4人1チームで行います。

提示された金額内で、オリジナルで実用的なロボットを制作し、ポスターやチラシなども自由に作成し投票者にアピールしていきます。

ロボットを制作する力だけでなく、プレゼンテーション能力も試すことができます。


どの競技も毎年さまざまな工夫が凝らされたロボットが登場し、子どもならではの柔軟でユニークな発想をみることができます。

ロボットの技術だけでなく、お子さんの粘り強さや集中力、発想力やチームとして戦う力などのさまざまな力が養える大会です。

2019年度大会について

2019年度には下記大会が開催されました。2020年の開催情報は分かり次第お伝えしますので、次回参加する際の参考にしてみてください。

・東日本大会
・大阪大会
・九州大会
・加賀国際大会



東日本大会 大阪大会 九州大会 加賀国際大会
開催日時 9月23日(月・祝日) 9月16日(月・祝) 9月1日(日) 11月8日(金)~11月10日(日)
開催場所 国立オリンピック記念青少年総合
センター・カルチャー棟
追手門学院大手前中・高等学校 本館6F 大手前ホール 博多駅バスセンター会議室 石川県加賀市スポーツセンター
対象年齢 小学4年生~高校生 小学3年生~高校3年生 小学3年生~高校3年生 小学4年生~高校生
募集人数 制限なし 60チーム 制限なし 制限なし
参加競技 a-MAZE-ing
LineFollowing
Sumobot
a-MAZE-ing
LineFollowing
a-MAZE-ing a-MAZE-ing
Line Following
Jousting
SumoBot
Fire Fighting
Robotovate
募集開始 9月1日(日)~9月18日(水) 7月20日(土) 7月1日(月)~9月30日(月)
大会・募集詳細 公式ホームページより応募
(https:/www.roborave-eastjapan.org/)
公式ホームページより応募
http://roborave-osaka.org/
公式ホームページより応募
https://www.roborave-kaga.com/

過去大会の様子

ここ最近では、大阪で行われた「RoboRAVE大阪大会 2019」と、国際大会の「RoboRAVE Kaga Japan 2019」が国内では大きな大会でした。

大阪大会では、開催を中心に38チームがエントリーし、上でご説明した2競技で争われました。この大会では高校生の部はなく、小学生と中学生の部門に分かれて行われました。小中学たちが自作したロボットを持ち寄り、皆真剣にプログラムやロボットの整備していました。

コエテコでは今年、「RoboRAVE2019 大阪大会」を取材!
もっと詳しく大会の様子を知りたい方はこちらから!


また、石川県・加賀市で5回目を迎える国際大会では、中国・台湾・シンガポールなど計40チームと国内チームと合わせて154チーム、405人の選手がエントリー。

国際色豊かな大会となり、ロボットやプログラミングの技能を競ったり、学んだりするだけではなく、異文化交流にもなりました。

子供達にとっては貴重な体験になったのではないでしょうか。

2019年大会の様子はこちらから
http://www.roborave-kaga.com/2019-pictures/ 
2019年大会の結果はこちらから
http://www.roborave-kaga.com/result-2019/ 


大会の参加者が通っているスクールってどんなとこ?

RoboRAVEの参加者はさまざま。

ここでは過去に大会参加歴のあるスクールをご紹介します!

ProgLab(プログラボ)


ProgLabは、阪神電車と読売テレビによる、ロボットプログラミング教室です。

2019年の国際大会へは6チームが参加し、Sumobot Challengeで1チームが準優勝、大阪大会では、a-MAZE-ing・LineFollowing Challengeで3チームが準優勝の成績を残しています。

「教育版レゴ®マインドストーム®EV3」や「micro:bit」「アルファ・エクスプローラ」などを使ったコースがあります。

詳しい内容や、近くの教室を探してみたい方はこちらから!
さらにコエテコから体験を申し込んでアンケートに答えるだけで、一部の教室ではアマギフももらえるのでぜひ見てみては?
ProgLabを見てみる

WAO!LAB(ワオラボ)


WAO!LABは、ワオ・コーポレーションが運営する小・中・高生向けプログラミング教室。

2019年の国際大会へは3チームが参加し、大阪大会にも、14名7チームが参加しています。

WAO!LABでは、女の子にも人気な「KOOV®」やロボットだけでなく、QUREOを使ったゲームクリエイターコースやロボットコースの入門から上級レベルまで、お子様にあった内容で学ぶことができます。

詳しい内容や、近くの教室を探してみたい方はこちらから!
さらにコエテコから体験を申し込んでアンケートに答えるだけで、一部の教室ではアマギフももらえるのでぜひ見てみては?
WAO!LABを見てみる

プログラミング道場



プログラミング道場は株式会社全教研が展開する、ロボットプログラミング教室。

国際大会へは2名が参加し、決勝トーナメント進出、九州大会では10位以内に4チームが入賞しました。

コースは「アルファ・エクスプローラ」 を使ったロボット・プログラミングの他にも、Scratchを使ったGameコースなどもあります。

詳しい内容や、近くの教室を探してみたい方はこちらから!

さらにコエテコから体験を申し込んでアンケートに答えるだけで、一部の教室ではアマギフももらえるのでぜひ見てみては?
プログラミング道場を見てみる


まとめ

いかがでしたでしょうか?

「大会」という言葉を聞くと、「長年やってないとダメなのかしら・・・?」とか「できる子しか参加してはいけないのでは?」と思いがちですが、必ずしも長くロボットに触れていからといって入賞できるわけではありません。

また入賞することも大事ですが、大会経験からプログラミング能力はもちろんのこと、チームワークや判断力、発想力やコミュニケーション能力などが身につくため、これからの時代を生きていく子ども達に必要な力を身につけることもできます。

プログラミングの教育については日本でも注目を集めており、大会に参加するチームも年々増加傾向にあります。

今後も盛り上がりを続けるRoboRAVE、一度どのようなものなのか体験してみてはいかがでしょうか。




公開日:2019.12.16

いよいよスタート!

プログラミング教育必修化にそなえて
無料体験してみませんか?

子どもたちのプログラミング教室の様子
コエテコなら、お子さんにぴったりの教室がみつかります。
  • お住まいの近くの教室をカンタンに検索できます。

  • 授業料や口コミ、コース内容もしっかりチェックできます。

  • カンタンに無料体験の申し込みができます。

\まずは無料体験へ!/

お近くの教室を探す!
Amazonギフト券2000円分プレゼント中!

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

WRITERこの記事を書いた人

RECOMMENDおすすめ記事