プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

『プログラミング的思考』とは?子どもが学ぶ方法や疑問をスッキリ解決! 


まず、はじめに『プログラミング的思考』とは、コーティング(プログラム言語を用いた記述・打ち込み)を学ぶことではありません。


もし自宅で『プログラミング的思考』を子どもに学ばせようとするのであれば、パソコンもタブレットも、テキストも絶対的に必要なものではありません。もちろん、ママやパパにコーティングの知識がなくても大丈夫!


プログラミング教育の核となる『プログラミング的思考』の基礎は、親が日々の生活を通して子どもに充分教えられるものであり、決して特別な教育ではないのです。


1.『プログラミング的思考』とは


2020年度から小学校教育においてプログラミング教育が必修化されますが、新学習指導要領の中で文部科学省は『プログラミング的思考』を下記のように述べています。


「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」


(引用)小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)


プログラミングを例としてあげてはいるものの、本質的な部分において『プログラミング的思考』が「論理的に考える力」を指し示していることが読み取れます。


併せて文部科学省が議論のまとめで、「プログラミング教育はコーティングを覚えることが目的ではない」と述べていることを踏まえそれらを要約すると、


『プログラミング的思考』とは「論理的に考える力」を意味し、プログラミングは「論理的に考える力」を学ぶ方法の一つ


ということになります。


2. 日常で使っている『プログラミング的思考』


意識をしていないだけで、私達は日常生活のあらゆる場面で『プログラミング的思考』を使っています。

では、実際に私達は日常のどんな場面で、どのように『プログラミング的思考』を使っているのでしょうか。


一番わかりやすい例は「料理」です。

例えば「お味噌汁を作る」となったとき、完成に至るまでにはいくつかの工程を経なければいけません。


①鍋に昆布と水をいれ火にかける

②沸騰する前に昆布を取り出す

③鍋に昆布からとっただし汁と具材をいれ火にかける

④沸騰したら火をとめ、味噌をいれて完成


何気なく作っているお味噌汁であっても、必要となる材料を準備し、かつ最適な手順を踏まなければお味噌汁は完成しません。


この、「完成に至るまでの過程を考え行動すること」こそが『プログラミング的思考』の基本なのです。


3.『プログラミング的思考』を学ぶ必要性


料理だけに限らず、物事には「目的」と、目的にたどり着くまでの「過程」が存在します。


そのことを意識して行動できるかどうかは、社会を生き抜いていくうえで非常に重要なポイントとなります。


『プログラミング的思考』で物事を考えていくことによって、「目的」と「過程」を明確にし無駄な作業を省くことができれば、当然効率のいい仕事ができますよね。


もし「過程」に誤りがあり「目的」にたどり着けないことがあったとしても、「過程」のどの部分が問題なのか、どう考え直せばいいのか、改善点を見つけ出すときも容易です。


失敗してもすぐに立ち上がり、成功という目標を達成できる人の思考には、少なからずとも『プログラミング的思考』が隠れているもの。


つまり『プログラミング的思考』とは、自分自身を成功へと導くためのサポートをしてくれる重要な「思考」であり、社会を生き抜いていくために欠かせない「武器」にもなるのです。


4.子どもが『プログラミング的思考』を学ぶには


子どもが『プログラミング的思考』を学ぶには、「家事のお手伝い」が一番。


家事には『プログラミング的思考』の基礎を鍛える要素が溢れているので、『プログラミング的思考』を学ばせる方法として最適です。


但し、お手伝い方法に関しては注意が必要。


親が子どもにピッタリと張り付き、「次は○○して」と指示出しをするのでは意味がありません。また、最初からすべての工程を教えてしまってもダメ。


目的は「子どもが親に言われた通りに動けること」ではなく、「目的を達成するまでの過程を子ども自身に考えさせること」にあるからです。


例えば、洗濯のお手伝いをしてもらう場合、「汚れた服を洗濯機にいれて、洗剤と柔軟剤をいれたら蓋をしめてスイッチを押してね」

と、親が説明をしてしまうのはNG。


親は「洗濯してね」の一言だけで充分です。やらなければいけないことの工程は子ども自身に考えさせてくださいね。


まずは手順を紙に書かせるところから始めてみてもいいかもしれません。


もし難しければ、予め工程をランダムに箇条書きで記し、どのような順番でおこなっていけば「洗濯する」というミッションをクリアできるかを子どもに考えさせるのでもOK。


クイズ形式にすることで、子どもも楽しんでお手伝いができるはずです。


目的を明確にし手順を論理的に考える『プログラミング的思考』の基礎を、家事を通して日常から学ばせてあげてみてくださいね。


まとめ


『プログラミング的思考』は、いわば「思考の基盤」となるもの。


「目的」と「過程」を明確にすることで自分の考えを論理的に処理できるようになれば、他者に自身の考えを伝えることも、他者の考えを的確に受け取ることも容易になり、より高度なコミュニケーションが可能にはるはず。


『プログラミング的思考』は自分自身のためだけではなく、人と人とが建設的な関係を築くための有効な手段の一つにもなるのです。


親と子どもが一緒に楽しみながら『プログラミング的思考』の基礎を日常生活の中で養っていってくださいね。

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員など様々な職種を経て、現在は一児の母に。 みなさまの好奇心を刺激できるような記事を、わかりやすくお届けしていきたいと思います。

関連記事