掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ありがとう!5周年

『プログラミング的思考』とは?子どもが学ぶ方法や疑問をスッキリ解決! 

小学校でのプログラミング教育必修化を前に、必修化のねらいである「プログラミング的思考の育成」という言葉が浸透してきました。

「プログラミング的思考」とは、コーディング(プログラム言語を用いた記述・打ち込み)を学ぶことではありません。

もし自宅で「プログラミング的思考」を子どもに学ばせようとするのであれば、パソコンもタブレットも、テキストも必要ではありません。もちろん、ママやパパにコーディングの知識がなくても大丈夫!


プログラミング教育の核となる「プログラミング的思考」の基礎は、親が日々の生活を通して子どもに充分教えられるものであり、決して特別な教育ではないのです。この記事では「プログラミング的思考」についてわかりやすくまとめました。


コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教材

  • D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラやRobloxでプログラミングが学べる。月額料金で受け放題

  • Tech Kids Online Coaching 専属コーチがマンツーマン指導!なんでも聞ける!チャットサポートありでオンラインでも安心

  • N Code Labo 角川ドワンゴ学園が運営する実践的プログラミング教室!講師は全員エンジニアで少人数指導!

  • バンダイ「プログラパーク」 ブロックプログラミングで3Dゲーム・AIプログラムが作れちゃう!

プログラミング的思考とは

2020年度から小学校教育においてプログラミング教育が必修化されますが、新学習指導要領の中で文部科学省は『プログラミング的思考』を下記のように述べています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力
(引用)小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

プログラミングを例としてあげてはいるものの、本質的な部分において『プログラミング的思考』が「論理的に考える力」を指し示していることが読み取れます。


併せて文部科学省が議論のまとめで、プログラミング教育はコーディングを覚えることが目的ではないと述べていることを踏まえて要約すると、


『プログラミング的思考』とは「論理的に考える力」を意味し、プログラミングは「論理的に考える力」を学ぶ方法の一つ


ということになります。

日常で使っている『プログラミング的思考』

意識をしていないだけで、私達は日常生活のあらゆる場面で『プログラミング的思考』を使っています。

では、実際に私達は日常のどんな場面で、どのように『プログラミング的思考』を使っているのでしょうか。


一番わかりやすい例は料理です。

例えば「お味噌汁を作る」となったとき、完成に至るまでにはいくつかの工程を経なければいけません。


①鍋に昆布と水をいれ火にかける

②沸騰する前に昆布を取り出す

③鍋に昆布からとっただし汁と具材をいれ火にかける

④沸騰したら火をとめ、味噌をいれて完成


何気なく作っているお味噌汁であっても、必要となる材料を準備し、かつ最適な手順を踏まなければお味噌汁は完成しません。


この、「完成に至るまでの過程を考え行動すること」こそが『プログラミング的思考』の基本なのです。


『プログラミング的思考』を学ぶ必要性

料理だけに限らず、物事には「目的」と、目的にたどり着くまでの「過程」が存在します。


そのことを意識して行動できるかどうかは、社会を生き抜いていくうえで非常に重要なポイントとなります。


『プログラミング的思考』で物事を考えていくことによって、「目的」と「過程」を明確にし無駄な作業を省くことができれば、当然効率のいい仕事ができますよね。


もし「過程」に誤りがあり「目的」にたどり着けないことがあったとしても、「過程」のどの部分が問題なのか、どう考え直せばいいのか、改善点を見つけ出すときも容易です。


失敗してもすぐに立ち上がり、成功という目標を達成できる人の思考には、少なからずとも『プログラミング的思考』が隠れているもの。


つまり『プログラミング的思考』とは、自分自身を成功へと導くためのサポートをしてくれる重要な「思考」であり、社会を生き抜いていくために欠かせない「武器」にもなるのです。

子どもが『プログラミング的思考』を学ぶには

子どもが『プログラミング的思考』を学ぶには、「家事のお手伝い」が一番。

家事には『プログラミング的思考』の基礎を鍛える要素が溢れているので、『プログラミング的思考』を学ばせる方法として最適です。

但し、お手伝い方法に関しては注意が必要。


親が子どもにピッタリと張り付き、「次は○○して」と指示出しをするのでは意味がありません。また、最初からすべての工程を教えてしまってもダメ。

目的は「子どもが親に言われた通りに動けること」ではなく、「目的を達成するまでの過程を子ども自身に考えさせること」にあるからです。


例えば、洗濯のお手伝いをしてもらう場合、「汚れた服を洗濯機にいれて、洗剤と柔軟剤をいれたら蓋をしめてスイッチを押してね」と、親が説明をしてしまうのはNG。

親は「洗濯してね」の一言だけで充分です。やらなければいけないことの工程は子ども自身に考えさせてくださいね

まずは手順を紙に書かせるところから始めてみてもいいかもしれません。


もし難しければ、予め工程をランダムに箇条書きで記し、どのような順番でおこなっていけば「洗濯する」というミッションをクリアできるかを子どもに考えさせるのでもOK。

クイズ形式にすることで、子どもも楽しんでお手伝いができるはずです。


目的を明確にし手順を論理的に考える『プログラミング的思考』の基礎を、家事を通して日常から学ばせてあげてみてくださいね。

余裕があれば「効率」のことも考える

プログラミング的思考では「論理」のことが強調されがちですが、余裕があれば「効率」のことも考えましょう。

たとえば味噌汁を1リットル作りたい時に、100ミリリットルの水を10回に分けて沸かしていたら効率が悪いですよね。「論理」の面だけで考えると、結果はどちらでも変わりません。しかし時間は有限ですから、できれば効率的に物事を処理していきたいものです。

上記の例は極端ですが、それでは4リットルの味噌汁を作る時にはどのようにすると効率的でしょうか? 4リットルの水を1つの鍋で沸かすよりも、コンロを2口使って2リットルずつ作った方が、作業量は増えますがかかる時間は短くなるでしょう。

このように、全体の処理にかかる時間や手間を考えながら、いかにして効率良く物事を処理していくかがプログラミング的思考では重要になってきます

1回1000円〜のスクールも!プログラミング教室に通うのも手

また、最近では民間のプログラミング教室も増えてきています。

プログラミング教室というと高額なイメージがありますが、中には1回1000円(!)というお手頃価格のスクールも。

もちろん、プロ志向の本格的なスクールもありますし、スケジュール的に難しいかも……というご家庭にはオンライン受講もおすすめです。

教室の選び方のコツは、以下の記事で詳しく解説していますよ。それぞれの記事ではおすすめのスクールもまとめて紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

↓子どものプログラミング教室を選ぶなら……おすすめ記事はコチラ!↓

プログラミング的思考が学べるオンライン教室

ここでは、コエテコがおすすめするプログラミング的思考が学べるオンライン教室3選を紹介します。

これからキッズオンライン

出典:これからキッズオンライン
完全オンライン型のプログラミングスクールは、これからキッズオンラインです。オンライン専用のカリキュラムだから、「オンラインでも分かりやすい」と高い評価を獲得しています。授業はクイズ形式を採用しており、大人数のレッスンでも意欲的に学習に取り組みやすいことが魅力の1つ。

兄弟や保護者も一緒に授業に参加できるから、家族でプログラミングに親しめるスクールとしても知られています。毎月1回目のレッスンが無料であるため、費用を抑えてプログラミングを学習したいご家庭にもおすすめです。
これからキッズオンラインはこちら

リタリコワンダーオンライン

出典:リタリコワンダーオンライン
通学とオンラインから授業スタイルを選べるのは、リタリコワンダーオンラインです。コンテンツは300以上あり、お子様の興味関心にマッチングする内容を学習できます。スクールで開催される大規模なフェスでは、自分が作った作品を1万人の来場者の前で発表する機会にも。

リタリコワンダーオンラインには、以下のようなコースがあります。
  • ゲーム&アプリプログラミングコース:年長~高校生
  • ゲーム&アプリエキスパートコース:小学3年生~高校生
  • ロボットクリエイトコース:年長~小学3年生
  • ロボットテクニカルコース:小学3年生~高校生
  • デジタルファブリケーションコース:小学1年生~高校生
コースを迷って決めかねている場合は、無料体験を利用しましょう。
リタリコワンダーオンラインはこちら

Tech Kids Online Coaching

出典:Tech Kids Online Coaching
マンツーマンでプログラミングが学べるのは、Tech Kids Online Coachingです。オンライン授業だから、ほかの習い事が忙しいお子様や身近にプログラミングスクールがないお子様でも学習しやすいことが特徴。

オンライン教材には可愛いキャラクターが登場するため、お子様がゲーム感覚で楽しみやすいと人気を得ています。さらに、専属コーチが月に3回マンツーマンの面談を行い、理解度を共有しながら学習をフォロー。気軽に質問できるよう、お子様と保護者が利用できるチャットサポートがある点が嬉しいポイントですね。
Tech Kids Online Coachingはこちら

まとめ

『プログラミング的思考』は、いわば「思考の基盤」となるもの。

「目的」と「過程」を明確にすることで自分の考えを論理的に処理できるようになれば、他者に自身の考えを伝えることも、他者の考えを的確に受け取ることも容易になり、より高度なコミュニケーションが可能にはるはず。


『プログラミング的思考』は自分自身のためだけではなく、人と人とが建設的な関係を築くための有効な手段の一つにもなるのです。

親と子どもが一緒に楽しみながら『プログラミング的思考』の基礎を日常生活の中で養っていってくださいね。

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教材

  • D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラやRobloxでプログラミングが学べる。月額料金で受け放題

  • Tech Kids Online Coaching 専属コーチがマンツーマン指導!なんでも聞ける!チャットサポートありでオンラインでも安心

  • N Code Labo 角川ドワンゴ学園が運営する実践的プログラミング教室!講師は全員エンジニアで少人数指導!

  • バンダイ「プログラパーク」 ブロックプログラミングで3Dゲーム・AIプログラムが作れちゃう!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 良質な子ども向けプログラミングスクールを選ぶには、どのような点に注意すればよいですか?

    答え 良質な教室を見抜く際のポイントは、①教室のカリキュラムの質 ②先生に「遊びを学びへ導く力量」があるか ③保護者の方の納得感 の3つです。カリキュラムの質を見抜くのは難しいですが、教室全体を見渡して「ただ遊んでいるだけに見える」「子どもが夢中で取り組んでいない」と感じたのなら、注意が必要です。たとえば同じゲーム作りのカリキュラムでも、サンプルゲームで遊んで終わらせるか、その子の興味をじょうずに「乱数」や「関数」といった学びに結びつけられるのかは、先生の能力次第。体験教室で少しでもプラスの雰囲気を感じたなら、よりくわしい話を聞くなどして、保護者の方の納得感を大切にしてください。

  • 質問 子ども向けプログラミングスクールにはどのような種類がありますか?

    答え 大きく分けて、①ロボット系 ②ビジュアルプログラミング系 ③クリエイター系 ④パソコン教室系 の4種類があります。ロボット系は、大会出場をめざす教室が多く、お子さまのモチベーションを保ちやすいメリットがあります。一方教材費が高額で、入会費だけで数万円になることも。ビジュアルプログラミング系は、小さなお子さまでもゲーム感覚で学べますが、初級以降のカリキュラムが用意されていない教室も。クリエイター系はカリキュラムの自由度が高いぶん、お子さまの得意をのびのびと伸ばしたいご家庭におすすめです。パソコン教室系は、4種の中でも料金が安いのが特徴です。それぞれにメリットとデメリットがあると理解しましょう。

  • 質問 子ども向けプログラミングスクールはなぜこんなに高いのですか?

    答え たとえば英会話やそろばん教室は、先生1人にたいして数十名の生徒がつくのが一般的な光景です。この場合運営側は、先生の人件費を大人数の生徒からの月謝で相殺できるため、運営コストを安く抑えられ、月謝も安く設定できます。しかしプログラミング教室は、お子さま一人ひとりの感性を発揮させてクリエイティビティを磨くことを目的とし、また進みの早い子と遅い子の差も出やすいため、少なくとも4人の生徒にたいして1人の先生が必要です。そのため運営コストが高く、受講費も高額になりやすいです。「所詮子どもの習いごと。受講費は安く抑えたい」という方は、教材レンタルのある教室でお子さまの反応を見てみるのもよいでしょう。

  • 質問 子ども向けのプログラミング教材で、代表的なものは?

    答え プログラミング教室で採用されている割合がもっとも高いのは、「Scratch(スクラッチ)」をはじめとするビジュアルプログラミング教材です。コーディング不要、かつブロック遊び感覚でプログラミングの概念を理解できるため、いわゆる「お勉強的」な雰囲気が好きではないお子さまでも、ゲーム感覚で自然にスキルを身につけられます。Scratchでは、世界中のユーザーが作った作品を遊んだり、お子さま自ら作った作品を世界に公開したりすることも可能です。ロボット系の教材に比べて、購入費用(導入費用)が安いことも特徴です。

  • 質問 ロボット教材でプログラミングを学ぶメリットとデメリットは?

    答え ロボット教材でプログラミングを学ぶメリットは3つあります。1つ目は、大会やコンテストの開催が多く、お子さまが努力してレベルを上げる必要があるために、スキルが習熟しやすいこと。2つ目は、自分で組み立てたロボットをプログラミングして動かすため、お子さまが夢中になりやすいこと。3つ目は、数学や物理学といった理系の知識が自然と身につくことです。とくに3つ目は、低年齢のうちに身につけると中学・高校の勉強で役立つ、と評価する保護者の方が多いようです。

  • 質問 ビジュアルプログラミング(Scratchなど)でプログラミングを学ぶメリットとデメリットは?

    答え メリットは、全体を通してビジュアルプログラミングを採用する教室の割合が多いためロケーションを選びやすいこと、ロボットよりも教材費が安いため、入会金をはじめとする受講費を安価に抑えられること、またコーディングの必要がないため、小さなお子さまでもゲーム感覚でプログラミングの概念を身につけられることです。デメリットは、見方によってはお子さまが「遊んでいるだけ」に見えるため、保護者の方がメリットを感じにくいこと。また、初心者向けのカリキュラムを主軸とする教室が多いため、もしお子さまがのめり込んで「もう一歩先を学びたい」と思ったときに、中級・上級の内容を学べないこと(教室を変える必要があること)です。

  • 質問 オンラインと対面授業、どっちを選ぶと良いですか?

    答え ご家庭の状況やお子さまのタイプによって異なります。オンライン授業に向いているのは、有名教室のレッスンを受けたいけれどそもそも教室が近くにない……という地方在住の方や、すでに複数の習いごとをしており特定の曜日に通うのが難しい方、大勢の中では気後れしやすいお子さまなど。対面授業が向いているのは、学校以外の居場所がほしい/作ってあげたい方や、お子さまの積極性を伸ばしたい方、周囲の子と切磋琢磨しながらスキルを伸ばしてほしい方などです。また、送迎の有無も重要なポイント。保護者の方が送迎に疲弊して退会するケースは少なくないようです。「無理なく送迎できるかどうか」も、判断基準にするとよいでしょう。

  • 質問 子どものうちからプログラミングを学ばせるメリットは?

    答え プログラミング教育はまだ歴史が浅く、実際にプログラミングを学んだ子が将来どうなったかのデータはほぼないため、あくまでも推測にはなりますが、プログラミング力は算数や数学の成績と相関すると考えられています。そのため、年長〜小学1年生ごろに良いプログラミング教室に出会い、その後数年にわたって通い続けることができれば、理系科目の成績が伸びるのと同時に、「物ごとを数値で考える力」に長けた、AI時代に活躍できる人材になれる可能性があります。