掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

ロボプロ検定とは? | 試験内容・難易度・受験料・対策を徹底解説

ロボプロ検定とは?

ロボプロ検定は、株式会社アーテックが提供するロボットプログラミングキット『アーテックロボ』を使用した知識・技能の定着度を測る新しい検定試験です。

ロボプロ検定は ①オンライン上で受ける知識テスト ②課題に沿って実際にロボットを作成する技能テスト から構成され、その両方をクリアすることが求められます。

検定試験を通し、プログラミング的思考力・想像力を養成することがロボプロ検定のねらいです。

第一回検定は2019年5月に初級者向けのブロンズランクのみ実施され、シルバー、ゴールド、プラチナランクも次回より順次開始の予定です。

検定料2,200円(税込み)という価格設定も魅力ですね。

ロボットプログラミングの資格試験を受けるメリットって?

2020年4月から小学校でのプログラミング授業が必須となるなか、保護者の注目も高まっています。

しかし、パソコンだけを使ったプログラミング学習はどうしても抽象的になり、とくに低年齢の子どもが興味を持ちつづけるのは難しい……という課題が指摘されてきました。

これに対して、ロボットプログラミングは「子どもが考えて組み立てたプログラムが、実際のロボットとなって動き出す感動」を与えてくれます。

多くの子どもが夢中になってランクアップをめざしていけるメリットがあると言えるでしょう。

モノの動きに直結するロボットプログラミングの検定を受けることで、さらに大きな目標を持ったり、モチベーションを維持したりする結果が期待できます。

ロボプロ検定の運営会社は?

ロボプロ検定の運営会社は株式会社アーテックです。

株式会社アーテックは図工・美術の学校教材専門メーカーとして1960年に創業されました。

以来50年間、教育現場に必要とされる教材や知育商品の開発を通して、子どもたちの創造力を引き出す事業を手がけています。

また「ロボットとプログラミングの両方ができる」小学生向けのプログラミング教室、アーテックエジソンアカデミーを全国に展開。

たった10種類のブロックによってロボットの仕組みが無理なく理解できる「アーテックロボ」による指導は、無理と無駄のない知識を定着させるために役立てられてきました。

ロボプロ検定は、アーテックが教材開発と教室展開の経験を生かして開発した未来志向の検定制度だと言えるでしょう。

「エジソンアカデミー」の取材記事はこちら↓
コエテコでは、教室におジャマして実際の様子をレポートしています!

「エジソンアカデミー」の授業内容、口コミ、料金、時間割のすべてが分かるページはこちら↓

ロボプロ検定の対象年齢は?

ロボプロ検定受検のための年齢制限はありません

基本的に誰でも受験できます。

合格の規準として、アーテックが運営するエジソンアカデミーレベル2-3(入学後半年)という目安が出ています。

ロボプロ検定の出題範囲は?

ここでは、ロボプロ検定の出題範囲をまとめます。

1.オンライン上で受ける知識テスト

ロボットの組み立てに関する知識を問うものです。

○×問題や番号選択問題の形式で出題され、中には「正解を複数選ぶ」ものもあるそう。

基本的な知識を問われる試験内容だと言えるでしょう。

2.課題に沿って実際にプログラミングする技能テスト

簡単な機械を組み立て、動作をプログラムする技能テストもあります。

ロボプロ検定に合格するには、知識テスト・技能テストの両方をクリアする必要があります。

「ブロンズ」からスタート、全部で4ランク

2019年春の第1回検定では、初級者向けのブロンズランクのみが実施されました。

今後、ブロンズランクの合格者のために、よりハイレベルなシルバー、ゴールド、プラチナランクの検定が実施されていく予定です。


ロボプロ検定の傾向と対策はどうすればいい?

ロボプロ検定に特化した参考書は残念ながら、まだ出版されていないようです。

現時点でもっとも効果的な対策は、アーテックロボにたくさん触れて慣れておくこと、月一体のロボットをつくるエジソンアカデミー・ロボットプログラミングをはじめとする提携教室に通うことかも知れません。


ロボプロ検定の受験料は?

ロボプロ検定のブロンズランクの検定料は2,200円です。

アーテックロボを使用するロボットプラミング教室を通じて応募することになります。

ロボプロ検定の試験はどこで受けられるの?

基礎的な知識が身についているかチェックする知識テストは、パソコンを使ってオンラインで。

簡単な機械を組み立てて、動作をプログラミングする技能テストは全国のアーテック提携プログラミング教室で実際に行い、先生に内容を確認してもらいます。

まとめ:ロボプロ検定に挑戦してみよう!

プログラミングスキルを上達させるには、机の前で学習するだけでは効果が上がりません。

実際にプログラムを組みながら「うまくいかない!」「成功した!」と試行錯誤を繰り返す。そんなライブ感があってこそ生きた技術が育っていきます。

ロボプロ検定は、友だちと一緒にロボットプログラミングに取り組める、教室とリンクした運営。

子どもたちも楽しく意欲的に取り組めるのが大きな特長といえます。

たくさん困って、たくさん笑って、新しいことができるようになる経験は、子どもの教育にスキル以上の結果をもたらしてくれることでしょう。

他にはどんな資格がある?

対象年齢が合わない!

他にはどんな資格があるの?

と思った方は……

プログラミング資格・検定を一覧でまとめた記事をどうぞ!↓

記事中で紹介されているスクールはこちら

「エジソンアカデミー」の取材記事はこちら↓
コエテコでは、教室におジャマして実際の様子をレポートしています!

エジソンアカデミーのページはこちら。コース内容や教室の様子、料金や口コミも詳しく見ることができます。

株式会社アーテックの運営する、低学年向けのスクールはこちら。

公開日:2019.10.25

この記事を書いた人


関連記事