掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

自作ロボットの映像で「いいね」を勝ち取れ!EV3 & WeDo 2.0動画コンテスト




EV3 & WeDo 2.0動画コンテスト」は、ロボット・プログラミング教育サービスや、教材の企画・開発・販売などを行う株式会社アフレルが主催する、小中学生対象のコンテストです。

第3回までは、教育版レゴ®マインドストーム® EV3(基本セット、拡張セット、各3セットまで使用可能)で作品を制作する「EV3部門」のみでしたが、2019年の第4回からはレゴ® WeDo 2.0 基本セット(3セットまで使用可能 )で制作したものを審査する「WeDo2.0部門」が登場しました。

EV3部門は小学生~中学生、 WeDo2.0部門は5歳~小学6年生が参加が可能です。

内容は、指定されたテーマに沿ってEV3 & WeDo 2.0ロボットをつくり、プログラムして動かした作品を動画で撮影、90秒以内になるよう編集します。動画をYouTubeにアップすれば応募は完了!

2019年のテーマは「未来の家」。EV3 & WeDo 2.0を使って自分だけのオリジナルの「未来の家」を作り、世界中に発表してみてはいかがでしょうか?

作品は、「機構」「アイデア」「映像の魅力」の3点を中心に審査され、各動画の「いいね」ボタンをクリックすることで、一般の人が投票することができ、投票数が多かった作品には「一般投票賞」が贈られます。

グランプリに輝いた「ものまねロボット」は、自分の動きと同じ動きをするロボットとの共同パフォーマンスで、「人間とロボットの動きがシンクロしていてすばらしい」と、審査員からも高評価だったそうです。

ロボット制作だけでなく、動画編集に興味のあるお子さんにも、おススメのコンテストなので、ぜひこちらから応募してみましょう。

公開日:2019.04.16

コエテコからのお知らせを受け取ろう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事