プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

いまさら訊けない!第4次産業革命っていったい何?

この記事はで読めます。

産業革命は人々の働き方を大きく変えるだけでなく、生活全体を一変させるほどの影響力があります。第4次産業革命の真っただ中にあるといわれている現在は、それらの変化が起こる過渡期です。これからの将来は、その変化による影響を大きく受けることが予想されます。現代の子どもたちには、そうした第4次産業革命を想定した教育を受けさせるべきといえるでしょう。

今回は、第4次産業革命について、その特徴を紹介します。

1.これまでの産業革命の特徴とは

第4次産業革命」については、経済産業省も生活に大きな影響を及ぼすことを危惧しています。これについて解説する前に、第1次~3次までの産業革命の特徴を確認しておきましょう。

第1次産業革命

第1次産業革命は、18世紀末に訪れた水力や蒸気機関による工場の機械化のことを指します。これまで人力で行っていた作業の多くを機械で行えるようになり、広義的な産業における大幅な効率化を図ることに成功しました。

第2次産業革命

第2次産業革命は、19世後半から20世紀前半にかけてに訪れました。この時期には化学・電気・石油・鉄鋼の各分野における技術革新が大幅に進み、工場における大量生産が可能となったのです。また、映画・ラジオ・蓄音機といった娯楽関係の開発も第2次産業革命の一部で、人々の生活をさらに豊かにしました。

第3次産業革命

現代人にも馴染みのある第3次産業革命では、日本における高度経済成長期とほぼ同じ時期に勃発し、電子工学、情報技術といった高度な技術が産業に応用されることになりました。また、コンピューターが実用化されるようになったのもこの時期にあたります。

これら3種類の産業革命を経て発展している第4次産業革命では、ビッグデータの分析能力の向上、AIの実用化などがその特徴として挙げることができます。第3次産業革命で培った高度な技術を凌駕する技術が、各分野で応用されることが予想されているのです。

2.第4次産業革命は第3次産業革命と何が違う?

現在まさに進行中で、いまだに完結していないとされる第4次産業革命はその特徴がつかみづらく、第3次産業革命との明確な違いがわからないという方も少なくないようです。

第3次産業革命と第4次産業革命の共通点は、コンピューターが導入されている点といえるでしょう。しかしながら、第3次産業革命時にはインターネットを導入するまでには至っておらず、コンピューターを利用した作業のオートメーション化などが限界でした。

一方で第4次産業革命では、コンピューターを導入するだけでなく、インターネットを利用した遠隔情報処理も拡大的に導入されるようになっています。これらを利用した高度な技術を応用し、工場内の機械の稼働状況や、天候、交通、作業する個人の健康状態などのビッグデータを処理・分析することが可能となった点も特徴です。

また、AIの開発・導入に関しても、第3次産業革命と第4次産業革命の大きな違いとして挙げることができます。AIの導入によって期待できる事柄に関しては後述しますが、インターネットすら導入されていなかった第3次産業革命期において、AIという存在そのものが一般的でなかったことは当然のことといえるでしょう。

3.第4次産業革命ではIoTAIが鍵を握る

上述した第4次産業革命の特徴の中でも、ビッグデータの処理・分析について解説するためには、「IoT」や「AI」について理解する必要があります。

IoTとは、あらゆる“モノ”がインターネットを通じてネットワークとつながり、サーバーやクラウドに接続されることで、従来は実現できなかったデータの処理や分析などができるようになる仕組みです。これを利用することで、工場の機械の稼働状況を測定・予測するビッグデータや、従業員のストレス状態・健康状態のビッグデータなど、あらゆる情報を蓄積することができます。さらにこのビックデータをAIによって分析することで、他の分野やサービスで応用することも可能になります。

AIについては、近年様々なメディアでも取り上げられているため、「なんとなく知っている」という方も多いでしょう。AI人工知能)は、既に多くの分野で導入が進められています。AIを導入したコンピューターは自ら学習する能力を持っているので、IoTによって入手した膨大な量の情報を自ら分析することで、要求された答えを算出することが可能です。そのため、人間自身がデータの入力やプログラミングをする必要がなくなり、個々の分野における大幅な作業の効率化が図れるといわれています。

以上のことから、IoTAIがより高度な連動を各分野で行うことによって、第4次産業革命はさらに進行していくと考えられているのです。

まとめ

一概にはいえないものの、ひとつの産業革命は数十年にわたって徐々に進むことが多く、第4次産業革命真っただ中の現在においても、AIIoTが即座に私たちの労働環境に大きな変革をもたらすとは考えにくいかもしれません。

しかし、現代の子どもたちの世代が大人になったとき、これらの影響を大きく受けることはほぼ確実と考えられます。彼らへの教育のために、私たち大人はこの先どのような変革が訪れるのか十分に想像力を働かせ、それに順応できる教育を行う必要があるのです。

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


コエテコ編集部

2020年から始まる小学校での「プログラミング教育の必修化」に向けて、小学生を対象としたプログラミング教室、ロボットプログラミング教室の市場はどんどん拡大しています。社会・教育・産業構造が大きく変革していく中で、未来の日本を担う子どもたちはグローバル化・情報化社会を生き抜く力を身につけなければなりません。 コエテコ編集部では、習い事やプログラミング教育に関わるテーマをわかりやすく、面白く伝える記事を作成し、皆さんにお届けしていきます。

関連記事