中学生・高校生・大学生・社会人向け、プログラミングスクール検索サイト

プログラミングを学ぶと就職に有利になる?小学校からプログラミング教育が必修化!

わたし達の生活がIT化されるにつれて、年々プログラミングの需要が高まっていることを感じる人もいるでしょう。
身近な家電製品からパソコンや、スマートフォン。私達の身の回りは、プログラミングを利用して構築されたもので溢れています。

小学校でもプログラミング教育は必修化しており、これから就職や転職をひかえている人にとって「プログラミングを学んでおいた方がいいの?」と不安に思うこともあるかもしれませんね。

この記事では、プログラミングを学ぶことの重要性や具体的にプログラミングを学ぶ方法について紹介します。今後プログラミング学習を始める方は、ぜひ参考にされてください。

【給付金が受けられる】おすすめプログラミングスクール!

プログラミングを学ぶ必要性は年々高まっている

IT業界は専門的な知識とスキルを要するため、人材不足に悩まされています。2020年からのコロナ禍で、あらゆる業界はオンライン化やデジタルトランスフォーメーション(DX)化を重要視する流れへとシフトしています。2020年度からは小学校でもプログラミング教育が必修化され、教育業界全体もプログラミングに重きを置いていることがわかるでしょう。

中学・高校・大学入試でもプログラミングは必修化される流れになっており、将来的には子ども達は全員プログラミングを知っている世の中になることが予想されます。

また、世界的な企業家として有名なスティーブ・ジョブス氏もプログラミングの必要性を語っていることが印象的です。 日本だけではなく、世界においてもプログラマーの人材不足は叫ばれており、どこで働いたとしても仕事には困らない職種だといっても良いでしょう。
参考:プログラミングライフ

どうやってプログラミングを学ぶ?

 結論から言えば、プログラミングは独学でも習得できます。現在活躍している数多くのプログラマー達も、意外なことに独学で習得した人が多い傾向があります。ただし、独学で学ぶのは向き不向きがあります。家庭のなかで集中しづい環境なら、独学でも学びが定着するのがむずかしいこともありますよね。

プログラミングを学ぶには、以下のような方法があります。
  • 独学で学ぶ
  • アプリやオンライン教材で学ぶ
  • 専門学校や大学で学ぶ
  • プログラミングスクールで学ぶ
プログラミングは、学習を深めると難易度はどんどん高まっていきます。そのため、独学で学ぶ人は壁にぶつかったときに挫折してしまうことも少なくありません。短期間で集中的にプログラミングを習得したいのであれば、スクールも視野に入れてみましょう。

コエテコでは、プログラミング知識ゼロの方がプログラミングスクールで学び、ベンチャー企業へとエンジニア転職された話をインタビュー記事として掲載しています。プログラミング初心者で勉強や就職に不安を抱えている方は、ぜひご覧ください!
参考:コエテコbyGMO

具体的なおすすめスクールは?

コエテコでは、プログラミング学習をやさしくサポートしてくれるプログラミングスクール3つを厳選してみました。それぞれ、電話相談などもできるスクールであるため、自分にぴったりのスクールを見つけてみましょう。

DMM WEBCAMP

プログラミング未経験者から選ばれているスクールは、DMM WEBCAMPです。
専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されているDMM WEBCAMP COMMITを利用すれば、最大56万円が給付金として受け取れます。そのため、コストを抑えてプログラミングを学びたい人にも向いていますね。

業界トップクラスの転職成功率を誇るDMM WEBCAMPなら、就職に不安を抱えている人も手厚くサポートしてもらえることがメリットだといえます。実際にキャリアチェンジして、現役プログラマーの夢を叶えている卒業生の声も多数掲載しているので、自分の将来像がみえやすいスクールですね。

コエテコでは、対面授業スタイルでモチベーションを上げることができたと語るDMM WEBCAMP卒業生のインタビューも掲載しています。無料相談で親身に相談に乗ってもらい、スクールを決めた経緯なども詳しくお話しいただいています。
参考:コエテコbyGMO

DMM WEBCAMPはこちら

RUNTEQ

プログラミング初心者から上級者までコースが分かれていて、スキル別に取り組みやすいのがRUNTEQです。
課題解決型のカリキュラムに取り組むことで、必要となる開発手順を自分自身で考える力が身に付きやすくなります。

現役のエンジニアが生徒を手厚くサポートしてくれるから、疑問点を残すことなく次の課題へと向かうことができます。就職活動に有利になるポートフォリオも、アドバイスをもらいながら作成することで希望する就職先へもリーチしやすくなるでしょう。

コエテコでは、小学校教員からエンジニアへと転職を果たしたRUNTEQ卒業生の独占インタビューも掲載しています。現場で役立つ応用的な知識も教えてくれるRUNTEQの魅力について、詳しく教えていただきました!
参考:コエテコbyGMO

RUNTEQはこちら

POTEPAN CAMP

転職支援が手厚いスクールを選びたいなら、POTEPAN CAMPがおすすめです。
生徒にはプログラミング未経験者が多いため「授業についていけるか不安……」と考える人にも向いています。もちろん、エキスパート向けの課題も充実しており、より本格的に学びたい人まで幅広くカバーしていることが特徴的です。

さらに、オンラインで受講が可能であるため、地方などでスクールへ通うことが難しい人からも選ばれています。実際にエンジニアの道へ進んだ後も、現場で即戦力となれるスキルを学べたことに満足感を得ている卒業生が多いようです。

コエテコでは、POTEPAN CAMP卒業生のインタビューも紹介しています。独学ではカバーしきれないレベルの高いカリキュラムを学べることがPOTEPAN CAMPのメリットだとお話しされています。POTEPAN CAMPのメリットを知りたい人は、ぜひインタビューにも目を通してみてください!
参考:コエテコbyGMO

ポテパンキャンプはこちら

プログラミングを学ぶことで将来的な視野が広がる!

プログラミングを学ぶ必要性が語られるようになってから、それまでパソコンを触れてこなかった人達もエンジニアの道を志すようになっている傾向があります。プログラミングを習得することは独学では難しいケースもあるため、より深く学びたい人はスクールの利用を検討してみても良いでしょう。

自分のスキルや受講方法などに合わせたプログラミングスクールを選んでみましょう。

【給付金が受けられる】おすすめプログラミングスクール!

コエテコ 読者会員募集!

いいね!すると、プログラミング教育に関する最新情報や
セミナー情報などを定期的にお届けします。

  • # セミナー情報

  • # 数値レポート

  • # FC募集

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ